もう一社OK?消費者金融3社から借り入れ

キャッシングベスト3

ギャンブルが趣味で、先日も競馬で5万円掏ってしまいました。気がつけば消費者金融からの借り入れも3社になっており、それぞれの限度額一杯借りているので、増額の申し込みをしても審査には通りません。生活費が足りなくなってしまったので、あと1社から借り入れしたいのですが、妻から借金は反対されているので、家族にばれずに済む方法も知りたいです。

総額50万円はいっていると思うのですが、今月借り入れできないと電気が止められる可能性があるので、いますぐにでも最低10万円必要です。

複数の会社からの借り入れは一本化することをお勧めします

複数の会社から借り入れがある時は、一本化することをお勧めします。そうすれば金利が下がり、合計の返済額も明確になります。たださらに10万円の借り入れをするとなると、合計60万円になりますから、総量規制を考えると年収が180万円ないと借り入れできません。
(⇒掛け持ちで消費者金融を使うのは法律違反?

これは多重債務者問題を解決するために平成18年に施行された規定で、年収の3分の1を超える借り入れはできません。ただ住宅ローンや自動車ローン、事業資金としての借り入れは対象外となります。また銀行や信用金庫、労働金庫なども融資事業を行っていますが、貸金業者ではないので、総量規制は適用されません。

借入残高に関するデータは、全て信用情報機関で管理されていますので、貸金業者はそれらのデータを利用することにより、顧客の借り入れ状況を把握できるので、他社から借りている金額や返済日、金利も含めてチェックされます。もしくは、顧客に収入を証明する書類の提出を求める事もあります。

消費者金融で借り入れをすると、必ず残高明細書が自宅に送付されますが、大手であれば自動契約機があるので、そこで返済をすれば、明細書がレシートのようにして発行されます。もしくはWEB明細を利用すれば、メールで明細が送られるので、家族にはバレません。

ただ今後も借り入れだけが増えて、返済が滞ると、多重債務に陥る可能性がありますので、もし返しきれなくなったら、財務局や都道府県、市区町村等の多重債務窓口に相談しましょう。セーフティー制度として「生活資金貸付」や「生活保護」などの制度が利用できる事もあります。

貸金業法の改正により、金利の上限は29%から20%まで引き下げられましたが、まだまだ厳しい数値ですので、返済シュミレーションを活用して、計画的な返済を心がけましょう。

【参考ページはこちら】
消費者金融は何社まで借りられる?

3社の消費者金融を利用しています、もう一社申し込めますか

たとえばあなたが、今消費者金融を3社利用しているとします。でもお金が足りないから、もう一社利用したいと思って申し込んだとしますが、この場合審査に通ると思いますか。正直な話、これはちょっと難しいでしょう。なぜかといえば、消費者金融は、借入件数が多いほど、審査基準が厳しくなってくるからです。
(⇒消費者金融の審査基準とは?

一番いいのは、1社ですべてをまかなうことです。現在、大手業者の限度額は約500万円ですが、もちろん始めからぽんと500万円を融資してくれるわけではありません。

まず上限50万円から始めて、借入と返済をきちんと行っていくと、段々借入可能な枠を広げてくれるようになります。つまり、その消費者金融で返済実績を積み上げ、信用を築くことができれば、100万単位での借入も難しくはないわけです。その限度枠が500万円というわけです。

しかし、やはり一件でこれだけの金額を借り入れるのは難しいので、やはり複数の消費者金融を利用することになるわけです。しかし複数といっても2社か、せめて3社にとどめておくようにしましょう。信用があれば、一社からでも多くのお金を借り入れることはできるわけで、逆の見方をすれば、何社からも借入をしなければならないというのは、その分信用が低いということでもあり、そのため必然的に審査基準は厳しくなります。

特に4社以上から借りている場合は、多重債務者とみなされ、これ以上融資をしても、返済が困難になるとみなされて、審査に通らない確率が高くなります。

ですから本当は、2社からまとまった金額を借り入れるのがいいでしょう。また、限度額500万といっても、今の消費者金融は総量規制があるため、年収の3分の1に当たる金額までしか借り入れることができません。

従って、500万を借り入れることができるのは、年収1500万以上の人に限られます。それより少額しか借入ができない人も多いはずですから、できれば一社でじっくり実績を積み上げて、まとまった金額を借り入れるようにしたいものです。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2021 【生活支援!】人気の消費者金融徹底比較サイトはココっ! All Rights Reserved.