銀行系の消費者金融には種類がある?

キャッシングベスト3

子どもの受験が近づき、塾の補習・特別講習などで想定外の出費がかなり増えています。このペースではちょっと費用が工面できなくなってしまいそうなので、消費者金融を利用してみようかと考えてます。

銀行系のところなら少しは安心感があるかなと思ったんですが、どうも銀行系と言いつつ銀行と直接関係のないところもあるみたいで混乱しています。銀行系の消費者金融っていくつか種類があるんでしょうか?

銀行関連としては銀行系消費者金融と銀行カードローンがあります

厳密に言えば、銀行系消費者金融に種類があるというのはちょっと違うわ。銀行関連の貸金業者として、銀行系消費者金融と銀行カードローンの2種類がある…というのが正確な言い方になるわ。といっても、言葉だけ見てもこの2つ、どういうことか全然わからないわよね。

もう少し詳しく説明すると、銀行系商社金融っていうのは、銀行のグループの傘下に入って、業務提携したり資金面でのサポートを受けている消費者金融を指すわ。だから銀行の名前を借りてはいるけれど、決してその銀行が直接運営しているわけではないの。あくまで消費者金融として銀行のグループ企業になっているという形よ。一方、銀行カードローンの方はその名の通り、銀行がやっているカードローンね。こちらは銀行が直接的に取り扱っている事業の1つというとらえ方で正しいわ。

じゃぁ銀行系消費者金融と銀行カードローン、具体的にお金を借りるうえでは何が違うのかっていうのが気になるところよね。この2つの違いとして最も重要なのは、総量規制の対象になるかどうかというところよ。総量規制っていうのは個人への融資総額を年収の3分の1と制限する法律上の決まりのことで、貸金業法という法律の中で定められてるわ。で、この貸金業法っていう法律は、貸金専業の会社に対してのみ効力を持つものなの。

ということはつまり、銀行系とはいえあくまで貸金専業の会社である消費者金融はその対象となり、銀行直営のカードローンはそこから外れるということになるわね。したがって単純に法律的なことだけで考えれば、銀行系消費者金融よりも銀行カードローンの方が借入限度額が高くなる可能性があるっていうことなのよ。

ただし審査の厳しさという面で見ると、やっぱり消費者金融に比べれば銀行の方が厳しい傾向があるのは否めないわ。実際には銀行カードローンでも期待したほどの借入限度額にはならない、何なら審査に通らなかった…なんていうのもままあることよ。でも金利で比べてみると銀行系消費者金融よりも銀行カードローンの方が低めの設定だったりもするから、そういう意味では捨てがたい選択肢ではあるわね。

というわけで、銀行系消費者金融と銀行カードローン意外と全然違うものだってことがわかっていただけたかしら?どっちの方がいいっていうよりは、自分がどちらの方が借りやすいかっていう基準で選ぶのが大切だから、よく考えて決めることをおすすめするわ。

【参考ページはこちら】
太陽銀行カードローンは消費者金融と何が違う?

銀行系の消費者金融種類を知っておくと借りやすい

消費者金融と言えば、かつては独立した会社でしたが、ここ最近では銀行の系列に入っています。少し前までは銀行が個人向けのサービスを提供するために消費者金融と提携していて、このころは銀行系消費者金融と呼ばれたものがありました。しかし、最近では大手の消費者金融のほとんどが銀行の資本を受け入れてグループ企業となったため、銀行家の消費者金融のほうが一般的になってきたのです。

銀行系の消費者金融種類はいくつかあります。もともとは完全な消費者金融として独立して経営を行っていたものがあります。現在では株式の過半数、あるいは全てを銀行や銀行を中核とす金融グループが所有したために、子会社になっているものが一つのパターンです。株式を公開しているものと公開していないものとがあります。

もう一つは、もともと銀行が設置したものです。もともと独立したものではなく、銀行が出資して設立されました。銀行としても消費者金融事業に参入して利益を得たいと考えていたために、銀行が出資して設立したことがあったのです。現在のところはこのような種類の消費者金融も、資本は全て銀行が取得して完全子会社になっています。
(⇒大手銀行グループの会社でも消費者金融?

このようにして、いろいろな消費者金融が銀行の傘下に入っていったのですが、そうなった理由はいくつかあります。まず銀行が消費者金融のノウハウを吸収したかったことが大きな理由の一つです。景気が低迷してきたことによって銀行は利益が縮小してきました。そのために個人向けのサービスを開始したかったのです。

このようなときに法律の規制が変更されたり、あるいは過払い請求が行われたりして、消費者金融は経営が悪化します。そして、それを救済するという形で銀行が出資に乗り出し、子会社化していったという状況があります。このような経緯をたどって現在に至ります。結果としては消費者金融は銀行に救われた形になりましたが、銀行に救われなかったものは破綻したものもあります。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2021 【生活支援!】人気の消費者金融徹底比較サイトはココっ! All Rights Reserved.