消費者金融で断られた場合はすぐに次に行く

キャッシングベスト3

消費者金融からお金を借りようと考えています。なのですが少々事情があり相談させていただきました。

私は専業主婦をしています。結婚から3年ほど経ちましたが子供が出来ず、夫には子供ができない原因を調べに病院に行こうと話しているのですが夫は承諾してくれません。どうも夫は自分に原因があったらと怖がっているようなのです。

夫も私も子供は欲しいと思っていただけに、余計恐怖心があるようです。それは私も同じです。私のせいで子供ができないと分かったらそれはショックを受けると思います。でも原因を知らないと対応ができないと思うのです。

その検査のせいで夫と度々喧嘩になってしまい、怒りに任せて家を飛び出て、夫に迷惑をかけてやろうとはじめてパチンコにいきました。そこで腹いせにお金をつぎ込んでしまったのです。ビギナーズラックもなく10万ほど失って、我に返ったときに怖くなりました。

夫はギャンブルというものを極端に嫌います。だからこそパチンコで散在して腹いせをしようと思ったのですが、今は知られることが恐ろしいのです。夫のことは今でも好きです。子供はいなくても夫のことは大切な人ですし愛情もあります。

つぎこんだお金は共有の財産として貯めていたお金を使ってしまったので通帳を見られたらバレてしまうかもしれません。それを阻止するために消費者金融からお金を借りて、補填したいと考えています。ただ専業主婦で収入がないから断られる可能性もありますよね?

それに申込んだ履歴も信用情報に残るという話しを聞いたことがあります。そのときはすぐに次に行けば可能性はあるのですよね?ご存知の方がいましたら教えてください。お願いします。

データが載るには1日かかると言われているから可能性はあります

同じ女性として同情する部分はありますけど、借金をするのはどうかと思います。旦那さんが嫌いなギャンブルだけでなく、さらに借金をしたことまで知られたらますます困ることになのではないでしょうか。そして旦那さんって本当に子供を欲しがっているのかも謎です。欲しいのならやっぱり検査は受けると思います。

でも男性ってそういうところありますよね。ナイーブと言うか、繊細と言うか、度胸がないというか。うちの旦那も似たようなところがありますし。とにかくお金を借りるのは止めて、素直にパチンコで使ったことと今の気持ちを打ち明けたほうが良いような気がします。

そういうことをもう一度考えてください。その上で信用情報のことを説明しますね。金融業界では「申し込みブラック」と言う言葉があります。これは質問者さんが言っている信用情報に申し込んだという情報が載ると言われていることが原因です。

実際に銀行系などの信用情報機関では載ると言われています。消費者金融でも載ると考えたほうが良いでしょう。ただし抜け道としてデータが載るまでは1日ほどタイムラグがあるとも言われているので、1件目で落ちてもすぐに2件目に申し込めば可能だとも言われています。ネットではこういった情報が出回っていますけど私は都市伝説ではないかと思います。

最近は技術も進んでいますし、信用情報なのですから信用がなければ業者も使いません。ですから若干のタイムラグはあってもリアルタイムに近いと思います。それに専業主婦でも借りられるので安心してください。

以上が説明となるのですが、やっぱりお金を借りる前に旦那さんと話し合うことをお勧めします。後悔しないようにしっかりと考えて結論を出してください。

【参考ページはこちら】
消費者金融のおすすめQ&A

消費者金融で断られた場合どう対処すべきか

キャッシングの申込みを行って消費者金融で断られた場合どう対処すべきかなのですが、消費者金融は比較的審査が緩いため、断れるには理由と言うものが有ります。

その理由を確認する事はとても大切なことなのですが、断れるケースは幾つかの種類が有ります。まず、個人信用情報に自己破産や延滞などの記録が掲載されている状態でもある、ブラックリストに掲載されていると審査に通りません。

また、短期間の中で3社以上の申込みを行っている事で申込みブラックの状態になりますので、審査に通ることは難しくなります。

先ほど説明をしたブラックリストと呼ばれるものは、金融における事故をしている事を意味していますので、申込ブラックとは異なるものです。

申込みブラックは、1社目で断られ、2社目、3社目と断られることでこのような汚名が着せられてしまうのですが、3社目の消費者金融で断られた場合は、一旦申込みをするのを控えることが申込みブラックにならないコツでもあるのです。

消費者金融でお金を借りる場合は、利用限度額と呼ばれるものが審査により決められる事になりますが、年収が多い人であれば、返済能力が十分あると判断されるため、高額の融資を受けることが出来ると言うイメージを持つ人も多いものです。

しかし、消費者金融には総量規制があり、年収の3分の1を超える貸付が禁止されていますので、既に借金が年収の3分の1に近い場合等では審査に通らないことがあるのです。
これを知らずに申込みを続けてしまうと、申込みブラックの状態になってしまうと言う事なのです。

総量規制は年収の3分の1以内という規制になるものですが、この年収の3分の1には借金の額も含まれますので、利用出来る額は年収の3分の1よりも少なくなると言う事なのです。

総量規制により消費者金融で断られた場合は、借金を返済する事が優先であり、その借金の額を減らす事で年収の3分の1以内での貸付が可能になりますので、審査を受ければキャッシングの利用が可能になるのです。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2021 【生活支援!】人気の消費者金融徹底比較サイトはココっ! All Rights Reserved.