消費者金融を使うことは悪いことなの?

キャッシングベスト3

まだたまに知り合いから「消費者金融なんて使うのか」とまるでバカにされたり、悪いことをしているかのように言われることがあります。個人的には消費者金融を使うことは悪いことだなんて思ったことがないので、こんなことを言われる筋合いはないと思うのです。

でも世間的には友人も含めてまだまだ消費者金融を使うというのは悪いことである、と思っている人が多いみたいで私のほうが間違っているのかなと思うこともあります。消費者金融を使うことは本当は悪いことなのでしょうか、どうなのでしょうか。

借金は悪いことという雰囲気が作られて今に続いているだけ

借金は悪いこと、というのはたしかに日本だと非常に言われているところが多いように思います。現実には借金はしてはいけないのように言われているとしても、住宅ローンに自動車ローンに教育ローンにと、かなりの借金をしています。もちろん消費者金融だって使っているわけで、それが問題であるというのは言えないでしょう。もともとこの借金が悪いというのは歴史的に空気が作られてきました。

最初にこの借金が悪い、という現代の雰囲気につながる問題だったのがクレサラ問題と言われるものでした。クレジットカードとサラ金の問題だからクレサラ問題というのですが、当時はヤミ金のような業者も多くて、サラ金のルールがはっきりしていませんでした。だから審査もろくに行わないで大量のお金を貸し出して、返済できないようになるという人が続出したのです。

クレジットカードも同じで、クレジットカードは後払いで返済しないといけないということを理解せずに利用してしまっていた人が多く、そういう人たちはクレジットカードで破産したりしていたのです。そこで市民団体や弁護士がタッグを組んで、クレサラ問題について対処しようとしたというわけです。結果的に被害に合う人はそれ以降減って来ているのである意味で成功しました。

ですが、成功したと同時に借入をすること自体が悪い、というような空気が生まれてしまったのです。結果として多くの人が借金やクレジットカード、消費者金融を使うこと自体が悪いことであるというように勘違いをしてしまったために、今のような状況になっていると考えられています。本当は利用を計画的に行えばいいだけの話なのです。

多重債務だって計画的な利用をすれば避ける事ができるわけですから、何も借り入れをすることは悪いことではありません。利用の仕方を間違えないようにすれば何も問題なく消費者金融を使うことができるでしょう。

【参考ページはこちら】
消費者金融を利用する不安はここで解消!

消費者金融にとって印象の悪い相手とならない為に

消費者金融はビジネスであって信用出来る相手に融資を行い、返済が行われる事で信用が増して行きます。度々返済の遅れが起こる相手は印象が悪いですし、一度も返済に遅れが無ければ良い印象と信用が付くのです。印象の悪さは消費者金融にとっては今後の融資に影響を与えますし、金融会社に限らず日常でも印象の悪さはマイナス要素と言えます。トラブルの無い落ち着いた生活を行う為にも、良い印象を持たれる振る舞いが必要となるのです。

お金を貸す相手から誠実さや信用出来る要素が見えなければ、消費者金融に限らずお金を貸す事に壁が生じます。ビジネスで有れば相手の事をよく見ますから、悪い印象は余計に悪く見えるのです。新たに融資を受ける上での審査の場合も例外では無く、身だしなみや言葉遣いによる雰囲気も重要になります。態度だけでは無く実際に行われる返済も大きな要素ですから、滞りなく返済が続く事が相手にとって大切な事なのです。

融資の相手に対する印象の悪化は今後のキャッシングやローンの利用を左右しますし、悪い印象が積み重なれば限度額の減少や融資の拒否も考えられます。その影響が現在利用している消費者金融だけとは限りませんから、ブラック状態に陥れば融資の利用にとっての環境は非常に悪くなると言えるのです。仕事でもプライベートでも消費者金融を利用するスマートさは大切で、現実的な計画と返済を行う事が信用と今後の安心に繋がると言えます。

信用の大きな相手と印象の悪い相手は思った以上の差が有り、お金の面に限らず日頃の様々な場面で違いが有るのです。本当に困った時の助けが多いのは信用の大きな人物ですし、信用を得るには日々の積み重ねが重要となります。印象を悪化させる原因は多いですから、簡単に相手にとって悪い印象を与える事に繋がるのです。お金の自由は安心や生活に直結しますから、日頃から信用の積み重ねを続けて悪化を避ける事が何よりも大切と言えます。
(⇒消費者金融のおすすめQ&A

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2021 【生活支援!】人気の消費者金融徹底比較サイトはココっ! All Rights Reserved.