自分銀行カードローンは消費者金融と違う?

キャッシングベスト3

じぶん銀行のカードローンを薦められたのですが、見たところ消費者金融のカードローンとあまり違いがないように見えます。じぶん銀行カードローンの方が良い理由を教えてください。

じぶん銀行は銀行ですから、銀行系カードローンになっています

消費者金融のカードローンの代表例を確認してみましょう。契約限度額または貸付金額として500万円以内、貸付利率は4.5%?18.0%になっています。但し書きに「利用限度額50万円超、または他社を含めた借入金額が100万円超の場合は…収入を証明するものが必要」となっています。これは一般に慎重審査と呼ばれる規定で貸金業法で定められている取り決めになります。

ではじぶん銀行のカードローンのスペックを眺めてみましょう。誰でもコースでは10万円以上500万円以内で10万円単位、借入利率は3.8%?17.4%。借り換えコースとして100万円以上500万円以内で10万円単位で借入利率が3.4%?12.5%になっています。最低金利はどちらのコースでも3%台にまで抑えられており、銀行系カードローンの中でもかなり低い水準になっています。

消費者金融系カードローンとじぶん銀行のカードローンとを比較すると限度額がどちらも500万円になっており同じです。金利の比較はしかし、最低金利で比較することはできないのです。なぜなら最低金利は利用限度額に対して設定される金利であることが普通だからです。ですので、それぞれの最高金利を比較することになります。すると消費者金融で18.0%、じぶん銀行が17.4%ですから、その差は0.6%に過ぎないのです。

これであれば、利用限度額が低くなった場合、じぶん銀行でカードローンを発行する意味はあまりないということになるでしょう。つまりどちらも例えば40万円のカードローンであれば、金利にほとんど差が出ない上、銀行のカードローンの方が審査が厳しいということになるからです。ではじぶん銀行のカードローンは消費者金融のカードローンより不利であるということになるのでしょうか。

実はそうとも言えないのです。消費者金融業者のカードローンは総量規制の対象になります。消費者金融業が貸金業による登録事業であり、消費者金融業は貸金業法によって規制されます。ですから年収の3分の1を超えたキャッシングを消費者金融では総量規制のために提供することができません。これはどの消費者金融であっても共通したことであり、利用限度額がいくらであっても同じことです。

しかし、じぶん銀行は消費者金融業者ではありません。(こちらもご参考に→銀行系カードローンについて教えて)じぶん銀行は銀行なので貸金業法による制限を受けず総量規制の対象外なのです。ですから総量規制の範囲を超えたキャッシング、つまり年収の3分の1を超えたキャッシングが理論上は可能になります。ただしこれはあくまでも理論上の説明ですから、実際に年収の3分の1を超えた限度額が認められるかは別の問題と言うことになります。

また慎重審査の規制も貸金業法に基づくものですから、消費者金融では50万円以上のキャッシング申込みに対して求められる収入証明が、じぶん銀行では利用限度額300万円まで不要になっています。これはつまり自己申告によって審査を行っていることを意味しますが、それにしても高額のカードローンが必要なのであれば、大変有り難い水準ではないでしょうか。

じぶん銀行のカードローンは消費者金融によるカードローンによく似ています。しかし、以上のような違いがあり、しかもじぶん銀行に口座を持っている場合、銀行系カードローンにしては珍しいことに即日融資が可能になります。つまりじぶん銀行カードローンは消費者金融のカードローンに似ている分、お得な利用が可能であるということです。

【参考ページはこちら】
消費者金融会社のおすすめ情報

消費者金融よりも最低金利が安い自分銀行のカードローン

自分銀行はインターネット銀行で、日本円だけではなく外貨での預金でも金利が非常にお得です。しかも近くのコンビニエンスストアでシステムメンテナンスの時間を除いて24時間365日取引可能なのも便利な点です。自分銀行同士の振込であれば携帯電話番号での振込が可能です。振込先の入力の時も携帯電話のアドレス帳から選んで振り込むことができます。

ネットショッピングをした時の支払い、証券やFXへの入金も自分銀行の口座から簡単にできるのも特徴の1つです。スマートフォンのアプリを利用すれば、残高照会や入出金の照会、振込、電子マネーのチャージなど様々なことができて便利です。パソコンやタブレットからでもインターネットバンキングを利用できるので、スマートフォン愛用者ではなくても利用しやすいです。

そんな自分銀行ではカードローンもあります。このカードローンを利用するメリットは消費者金融よりも低めに設定されている金利です。下限の金利はなんと4パーセントを切っているので、大口で融資を受ける場合にはお得です。銀行での審査は数日かかることも珍しくありませんが、このローンは最短で即日に審査結果が出るので急いでいる方にもとても良いローンといえます。

限度額も最高500万円までとなっていますし、担保や保証人は基本的には必要ありません。ただし学生の場合は限度額は10万円、専業主婦の場合は限度額が30万円までとなっています。また収入証明書も上限額が300万円以下であれば必要ないこともメリットです。

利用できるのは満20歳以上70歳未満の安定した収入がある方で、保証会社の保証を受けられることが条件となっています。返済方法は自分銀行の口座から自動支払いかローンカードを使ってATMでの返済となります。契約には本人確認書類として運転免許証か健康保険証、パスポートのいずれかのコピーを用意しておきましょう。外国人であれば外国人登録証明書を準備しておくのが良いです。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2021 【生活支援!】人気の消費者金融徹底比較サイトはココっ! All Rights Reserved.