借入審査に受かりやすくするためのコツ

キャッシングベスト3

恋人と旅行に行くことになりました。私も彼も収入はあるのですが、まとまったお金を用意したいので、消費者金融を利用しようと思っています。でもこうした理由で審査に受かるのかわからなくて不安です。何か審査にとおりやすくなるコツなどないのでしょうか?教えてください。

審査を通過するにも基本に勝るものはありません

通りやすいコツと言っても、何も難しいことはないんだよ。要は基本をしっかり抑えているかどうかが重要なんだ。君がもし消費者金融の職員で、借入審査を受け持っていた場合、どんな人にすすんで融資をするべきだと思うかを考えてみて。おそらく、過去にたくさんの消費者金融を利用していない人や、お金を借りていたとしても期限までに返済を終わらせている人を選ぶはずだよ。つまり、お金を借りる上で大切な点が守られていれば審査には通るんだ。

けれど、人にも様々な事情がある。何かの理由で出費がかさみ、色々な消費者金融から借入をしなければならない必要があった人もいるんだ。そういう場合は事情を話せば消費者金融側も考慮してくれるよ。ただ、過去に借入したそのお金をちゃんと返済し終わっていることが第一条件になってくる。また、そのお金が一体何に使われていたのかがよくわからない状態だと、これは難しい。

用途の詳細がぼんやりしていると、消費者金融側がこの人物は怪しいと感じて、審査が余計に厳しくなってしまうんだ。だから審査を申し込む時に、以前消費者金融から借入をしていた理由と、その使用目的をきちんと伝えておくことが重要になってくるよ。だけど借入の理由や使用目的がはっきりわかっていても、その返済が遅れてばかりいたら元も子もない。つまり、理由、目的、返済期日の3つは、どれかかが欠けてしまっても有効的な情報になってくれないということなんだ。

君は旅行という理由では不安ということだけど、それはあまり心配しなくて大丈夫。だから、消費者金融には「借入するお金は旅行の費用として使う」ということをちゃんと伝えること。ごまかさないということが重要なんだ。あやふやなのが最も危ないことだからね。過去に借入をしている経験もあるなら、その理由も一緒に伝えるといいよ。

あとは、審査の時に提出する書類にも気を付けるべきだね。提出書類の情報にはけして嘘を書いてはいけないよ。当たり前じゃないか、と思う人なら心配いらないけれど、中にはそうではない人もいるんだ。けれど仮に嘘の住所や勤め先を知らせて審査に通ったとしても、その後の本人確認や在籍確認でその嘘は発覚してしまう。だから嘘をついても結局意味がないんだ。嘘はつくのは労力の浪費になる。正しい情報を記入することを忘れないで。

また、記入した内容を間違えたまま申請してしまう人が時折いるんだ。たとえ過去に借入をしていなかったとしても、書類の情報に間違いがあれば審査の時点で落とされてしまうよ。それはとてももったいないから、提出書類の内容は慎重に書くこと。書き終わったら申し込む前にちゃんと見直して、あらかじめ間違いを防ぐことが大切だよ。

ちなみに、これは本当に最低限のことだけど、消費者金融には融資をする人に対して年齢制限が設定されているんだ。対象は20歳から65歳まで、または69歳までになっている。この範囲内の年齢でなければ審査対象とは認められないから、この点も念のため心に留めておいてね。

自分から信用を失うようなことをしなければ、消費者金融は金銭面で困っている人に協力は惜しまない。だから、借入の理由や用途を聞かれた時もびくびくしないで、本当のことを常に伝えることが大事だよ。

【参考ページはこちら】
消費者金融のおすすめQ&A

消費者金融審査は銀行での審査よりとおりやすい

銀行や信販系の金融機関に比べて、消費者金融審査はハードルが低く、とおりやすいと言われています。審査基準がそもそも銀行系と異なるものが多いのです。その分利息が高いというデメリットはありますが、銀行系のローンでは断られたり、そもそも申込対象外である場合は、消費者金融審査も申し込んでみるとよいでしょう。(こちらもご参考に→消費者金融の審査基準とは?

消費者金融の場合は、即日で審査結果を知らせてくれるところが多いのも特徴です。必要事項を口頭もしくは書類、インターネット上で伝えるだけで審査が行われ、その日のうちに結果が出るという仕組みです。本人確認書類等は審査に通ってからの送付になりますから、個人情報の漏れを防ぐ効果もあります。

また消費者金融のキャッシングは、銀行系のそれに比べると、主婦やパート、アルバイトの人に対しても提供しているため、該当する方もキャッシングが可能になるというメリットもあります。(こちらもご参考に→女性専用の消費者金融もある?

もちろん消費者金融と一口にいても、企業の数は膨大です。最初に見つけたところという安易な選択をせずに、利息や借入及び返済方法、開催しているキャンペーンがあればそれも含めた細かい点をしっかりと見ましょう。早急に必要な資金でなければ、時間をかけて複数の企業を比較し、最も適した機関を見つけてください。

無理のないように返済できるかどうかは、この企業選択にも関わってきます。初めて申込む場合は、テレビでCMを行っていたり、インターネットで広告をよく見かけるような、大手の中から選択するとよいでしょう。

審査にとおりやすい方法としては、希望限度額を低く設定するというものもあります。希望限度額を高く設定すると、総量規制という法律に引っかかったり、返せないと思われる収入環境なのに無理をしようとしているとみなされて、申請を断られる可能性も高いのです。これは消費者金融でも同じなので、あまり高い金額は設定しないようにしましょう。

特にちょっとした食事会や外出で必要ということが多い場合は、10万円程度でも困らないでしょう。定期的に借入を行って、しっかりと返済をするという行為を繰り返していけば、金融機関における信頼もあつくなるので、後にもっと多くの借り入れを行いたい場合にも、増額を叶えてもらうことが容易になるのです。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2021 【生活支援!】人気の消費者金融徹底比較サイトはココっ! All Rights Reserved.