審査が通りやすい消費者金融を探すコツは?

キャッシングベスト3

勤続12年、30歳の会社員です。今まで借金をしたことはありませんが、今回初めて消費者金融を探しています。ただ、年齢の割に年収が低いので、審査が厳しい所では借りられないのでは?と思っています。かといって、怪しい所で借りたくはないです。きちんとしていて審査が通りやすい所を探すコツがあれば教えて欲しいです。

安定した仕事は強み、銀行系など大手の消費者金融から検討して

お金を借りる所としては、銀行・信販会社・消費者金融等が考えられます。銀行は、金利は低いですが審査が厳しい傾向にあります。消費者金融は、審査は緩めですが金利が高め、信販会社はその中間の位置づけです。更に、消費者金融の間でも審査の厳しさに差があります。

質問者さんが「怪しい所」と表現した、違法な営業をしている業者は実際に存在します。俗にヤミ金と呼ばれ、審査が緩い事をアピールして集客を行い、法外な金利を要求したり、無理な取り立てを行ったりします。そのような所を避けるための分かりやすい方法は、銀行のカードローンや、銀行と提携している大手の消費者金融を選ぶ事です。テレビ等でCMをしている所という選び方もあります。

そのような所は審査が厳しいのでは?と思うかもしれません。ただ、今回の質問者さんの場合、過去に金融トラブルがあるわけではなく、他社で多額の借り入れがあるわけでもありません。ご本人は年収の事を書かれていますが、安定したお仕事をお持ちなのは強みになります。

もし借りられるかどうか心配であれば、各貸金業者のHP等で診断を受ける事が出来ます。これは、名前や住所等の個人情報は必要なく、年齢や年収、他社からの借入額等で、簡単な判断をしてくれるものです。ちなみに消費者金融は、貸金業法という法律に基づいて、年収の3分の1までの融資しか出来ません。それを超える額を希望したり、それに近い額を既に他社で借りていると新たな借入れは難しいと思われます。

簡易診断は「貸付可能」か「要相談」といった返答になります。「貸付可能」という診断であれば申込みに進んで大丈夫、「要相談」でも希望額を下げる等で可能になるケースが有ります。

審査に通らなかった場合、次の申込みは1ヶ月程度空けることをお薦めします。銀行や消費者金融では、申込みや貸付け・返済の様子を信用情報機関に登録、共有しています。短期間に複数の申込みをすると、慌ててお金を借りなければならない状態=返済不能になるかもしれないと判断され、ますます審査に通りにくくなります。

とはいえ、1ヶ月も待てないケースもあるかと思います。大手の審査が通らなかった場合、中小の業者にあたる方法があります。テレビでCMをしていなくても、堅実な業者は沢山あります。この様な業者は、大手で借りられなかった方に向け融資をしています。ただ、インターネット等で「審査が緩い」等と検索すると、ヤミ金にあたってしまう危険があるので注意が必要です。「消費者金融 中小」と検索したり、中小の業者をまとめたHP等を参考にするといいでしょう。
(⇒大手が利用されるのは審査が緩いから?

ここぞと思う所があったら、登録貸金業者を確認できる公的なHP等で検索してみましょう。その際、実在の業者と紛らわしい名前や登録番号を使っているケースがあるので、電話番号検索が確実です。電話番号を載せていない所、携帯電話だけの所は信用しないでください。また、悪質な業者をまとめているHPもあるのでそちらも確認するといいです。

始めに申込んだ所でスムーズに借りられるのが理想的な流れです。確実にお仕事を続けてきた事に自信を持って、業者を検討してみて下さい。

【参考ページはこちら】
コツを掴めば消費者金融の審査も簡単?

銀行と比べて審査が通りやすい消費者金融のメリット・デメリット

消費者金融は一般的に銀行と比べて審査が通りやすいという大きなメリットが存在し、審査が緩いことから審査結果が分かるまでの期間が短く、つまり融資までに時間がかからないことも大きなメリットです。しかしもちろん全ての面で銀行より優れているわけでもなく、それぞれメリット・デメリットが存在するため、自分にあった金融機関からキャッシングを利用するのが重要です。消費者金融は銀行と比べて金利は高めの設定になっています。

また、2010年に完全施行された貸金業法で定められている総量規制という項目により前年度の年収の3/1以上の額を借り入れすることはできません。このため、銀行と比べて小口の融資を行うのにより適しているといえます。

従来サラリーマン金融を略してサラ金と呼ばれていたように主にサラリーマンが利用するものでしたが、最近では主婦や学生の利用も非常に増えてきており、アルバイトやパートであっても問題なく借り入れを行うことが可能です。

最近では友達にお金を借りるような感覚で小口の金額を即日融資してもらう人が多く、次の月の給料日等に全額返済するなど、短期間での借り入れが人気を博しています。短期間であれば銀行と比べて高い金利が気になりません。

さらには即日融資ができるのも大きな利点であり、一度利用したことのある消費者金融の場合では融資までの時間がさらに短くなることもあります。貸金業者というマイナスイメージを持つ人が非常に多いものですが、友達にむやみにお金を借りて交友関係に傷をつけるのよりかはよほど健全的だといえます。

銀行での借り入れはやはり金利の低さが最大の魅力的です。個人のみならず事業者や法人向けのローンなども充実しており、中には担保や保証人を用意して大金を借りることができるローンも存在します。大口の融資を受けて、長期間かけて返していく場合には個人であっても銀行のキャッシングがお勧めできます。ただし、その分審査が厳しく、借り入れまでに時間がかかるという欠点もかかえています。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2021 【生活支援!】人気の消費者金融徹底比較サイトはココっ! All Rights Reserved.