先日友人が消費者金融に申し込んだのですが審査に落ちたようです。実は私も申込を考えていたのですが友人が審査に落ちたと聞いてなんだか自信がなくなってしまいました。消費者金融の審査に落ちる人ってどんな人なのでしょうか?

審査に落ちる原因はどのようなことが考えられますか?どのようなことに注意したらいいのでしょうか?

やはり過去の借入歴に問題がある場合でしょうか

消費者金融の審査で落ちた人の中にはどうして審査に落ちたのかわからないという人もいます。会社側には審査に落ちた理由を開示する義務はありませんからある程度自分で推測する必要があります。審査に落ちた原因を推測して取り除かないと再度審査を受けても再び否決ということになりかねません。

なぜ審査に落ちたか考える上で重要なのは審査基準を知ることです。消費者金融の審査ではどのようなことを審査するのでしょうか。審査では主に4つの点をチェックします。まずは年収です。総量規制によって限度額が制限されていますので年収に応じた借入額になります。年収が低ければ限度額も低くなってしまいますが、それだけで審査に落ちるということはありません。

勤務先ですが公務員や大手企業勤務だと有利というのはあながちウソではないと思いますが、アルバイトやパート、主婦でも審査には通ります。(こちらもご参考に→消費者金融を利用しやすい職業は?)勤務先が中小企業であってもあまり気にすることはありません。勤続年数も重要ですが最近はステップアップのための転職も少なくないので事情を説明すれば考慮してくれると思います。

最も重視されるのが過去の借入歴と他社からの借入です。過去に返済の遅れ、自己破産、債務整理などがあれば当然また同じことをするのではないかと思われます。お金を返さない人、そう判断されても仕方ないでしょう。審査に落ちる最も大きな原因がこの信用情報に問題がある場合なのです。

よくあるのが返済を口座引き落としにしていて残高不足に気づかず返済が遅れてしまったというケースです。もし自分の信用情報に自信がなければ問い合わせて開示してもらうことも可能です。債務整理や自己破産などのトラブルは完済後5年間は保存されると言われています。もしも信用情報に問題があれば申し込みの時期を延期した方がいい場合もあります。

その他で考えられる審査に通らないケースと言えばすでに多重債務に陥っている場合です。総量規制により年収の1/3までしか借入できませんのでもし他社からの借入総額がすでに1/3に達している場合は審査には通りません。

【参考ページはこちら】
誰でも審査に通る消費者金融はないの?

消費者金融落ちる人ってどんな原因があるの?

消費者金融はお金を少しでも早く借りたい人にとっては、とても便利なツールといえます。しかしその前に必ず通過しなければならないのが、審査です。

働いていて定期的な収入があったり、主婦でも定められた条件を満たせば、ほとんどの場合審査に通過するものですが、中には通らない人もいます。それでは消費者金融落ちる人って、どのような人なのでしょうか?

まず第一には、他社からの借り入れ状況が多額であったり、遅延などが発生している場合です。消費者金融利用の際の審査では自分で申告しなくても、ある登録機関のデータを利用し過去や現在の借入履歴を確認しています。

もちろんその状況に問題がなければ審査は通りますが、遅延や複数社からの借入があると落ちる場合があるのです。そして自己破産などにより、いわゆるブラックリストに掲載されている場合も、審査を通過することはできません。

さらに考えられるのが、現在の勤務先における在籍年数が短い場合です。消費者金融会社も返済が滞っては困りますから、当然勤務先や収入をチェックします。その際勤続年数があまりにも短かったり、転職を繰り返したりなどの事実があると、審査を通過しない原因となります。

それ以外の原因でも消費者金融落ちる人っているのでしょうか?更なる原因としては、勤務先の経営状況が良好ではない場合や、あまりにも収入が少ないといった事が考えられます。

そしてあまりに基本的なことですが、本人証明に嘘がある場合は、当然ながら審査も落ちます。例えば偽造された運転免許証を使用したり、嘘の住所や生年月日を申込書に記入するなどの行為はお金を借りられないどころか法にも触れる行為です。

以上のような点が、消費者金融の審査に落ちる主な原因といえます。消費者金融落ちる人ってさまざまな原因がありますが、ルールに則って申し込めばお金を借りることができる場合がほとんどです。いざという時にとても助かる消費者金融は、賢く利用することが大切です。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2021 【生活支援!】人気の消費者金融徹底比較サイトはココっ! All Rights Reserved.