銀行のローンにおいて注意するべきこと

キャッシングベスト3

Q.銀行で初めてローンの申込をしたいと考えています。借り入れをしたい金額はそれほど多くはないのですが、いかんせん今まで借入をしたことがないので、どんなことが重要になってくるのかが全くわかりません。銀行で借り入れをする上で、より審査で有利になるための条件などがあったら教えていただきたいと思っています。

A.銀行の審査で最も重要なのは、銀行に、あなたがお金を貸したくなる人だと思ってもらえるかということです。銀行は、何より信頼と安定を重視してお金を貸し出します。そのため、ほかの消費者金融よりも、収入面に対する審査の目が厳しくなるでしょう。もし、あなたが、銀行で信頼を勝ち得たいと考えるのであれば、安定した収入を得ることから始めなくてはいけません。銀行からの借り入れの場合、なにかすればすぐに審査に通りやすくなる条件というものは基本的に存在しないと言っていいでしょう。そんな簡単に信頼が得られるなら、みんなそうしています。

それでも、ごく短期間にできるだけ審査に通りやすくなりたいというのであれば、ほかの消費者金融や銀行から同時に借入をしないことです。それと、収入を証明できる書類を申し込みの際に持参することです。これを持っているのと持っていないのでは、相手に与える印象がかなり違います。この二つは、実行しようと思えばすぐに実行できるでしょう。大切なのは、相手に、「この人なら、お金を貸しても、ちゃんと返してくれそうだ」と思わせることができるかです。審査の条件等は、極端に言ってしまえば、これを満たすことが出来るかどうかの指標に過ぎないのです。

銀行ローン審査は消費者金融より難しいって聞いたけどホント?

銀行でカードローンを借りたいんですが、消費者金融より難しいと聞きました。それってホントでしょうか?

消費者金融も、今は総量規制のせいで審査が厳しくなっていると聞いています。銀行がその分通りやすくなっている可能性もありますよね?

銀行のカードローンも意外と通りやすいんですよ!

消費者金融ならば借りやすいということは、今は単純には言えなくなっているのよ。消費者金融は総量規制やその他法改正によって、金利は引き下げられるわ貸せていた人に貸せなくなるわで、どこも大きな変化に晒されることになったの。その上過払い請求までかけられてしまい、昔の収入までも吐き出さなくてはならないとなると、どうしてもリスクの高い人には貸せなくなってくるでしょうね。

そのような状況の中で、銀行が新たな顧客を取り込もうとしていることは、宣伝への熱の入れ方からもよく伝わって来るわよね。とはいえ、銀行もリスクの高い人にはお金を貸さないという点では、消費者金融と何ら変わらないはず。やはり一定ライン以下の人はどこでも通ることは難しいでしょう。ブラックだったり、他からの借入額が多すぎる人であれば、銀行でも消費者金融でもどちらでも審査には通らないわね。

でもそれ以外になると、銀行だから審査に通り難いとはあながち言えないようなこともあるのよ。例えば総量規制について考えると、消費者金融で審査に通らない人であっても、銀行ならば通るということもあり得るの。総量規制はご存知のように、その人の年収の三分の一以下しか借りれないというものよね。

でもどんな年収の人にも一律に三分の一で足切りをしてしまうというのは、ちょっと乱暴じゃないかという批判も出ているのよ。確かに、年収300万円の人の100万円と、年収900万円の人の300万円とでは、同じ三分の一でも生活に対する比重がちょっと変わってくるはずよね。

つまり年収300万円の人が100万円を返済しようとすれば生活資金を圧迫するかもしれないけど、年収900万円の人は300万円を返済していてもまだ余裕があるかもしれないわ。そのため、後者が消費者金融で既に300万円借りていたとしても、状況次第では銀行では更に限度額が貰える可能性もあるのよ。こんな場合は、通りやすさで考えると銀行の方が上ってことになるわ。

また、銀行のカードローンには実はいろんな種類があるって知ってるかな?地方の銀行には、ひとつの銀行に何種類ものカードローンがあることだって珍しくないわ。その中には、消費者金融や信販会社が保証会社をしているカードローンがあって、これだと比較的審査に通りやすいと言われているの。

このように、銀行のカードローンでもその保証会社によって通りやすさが違ってくるというのも、カードローン選びの重要なポイントになるのよ。保証会社はカードローンの貸付条件に明記してあるので、必ずチェックしておくことをお勧めするわ。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2021 【生活支援!】人気の消費者金融徹底比較サイトはココっ! All Rights Reserved.