消費者金融は他からの借金は影響がある?

キャッシングベスト3

こんにちは。消費者金融について教えて下さい。HPの申込み欄などをみてみると、どの会社も他社からの借入を記入する所があります。他からの借金をしていると審査に通らないことがありますか?自己申告だけならば言わなければわからないのでは?と思うのは甘いですか?他からの借金は、いくら位から問題になりますか?それから、消費者金融で借りていることで影響があることも教えて下さい。

消費者金融の貸付には上限額が有り、貸付情報は登録・共有される

消費者金融は、貸金業法という法律に沿って営業をしています。貸金業法では、金利の制限などの他に、貸付上限額を定めた総量規制というものがあります。総量規制は2010年に完全施行された法律で、年収の3分の1を超える新たな貸付ができないことになっています。これは、返済できないほど多額の借入をしてしまう人を出さない為の取り決めです。

仮に年収が300万円の人であれば、貸付限度額は100万円です。他社でその100万円ギリギリまで借りている人が借りに行っても審査には通りません。これは、他から借りている事を自己申告しなくても同じ事です。貸金業法の中に「信用情報」を信用情報機関に登録・共有することが定められているからです。

信用情報機関には、消費者金融の系列の他に、銀行の系列・信販会社の系列があり、3つの機関がお互いに情報交換をしています。貸金業者は氏名などの基本情報と、申込み・貸付・返済などの信用情報を登録します。新しい申込みを受けた業者は、その人の情報を確認して、その人にお金を貸しても大丈夫か、貸すとしたらいくらまでなのかを判断します。

質問者さんが「自己申告をしなかったらわからないのでは?」と書かれていますが、このような仕組みなので、申告をしなくてもわかってしまいます。また、ウソの申告をしたということで評価が下がり、通るはずの審査に通らない事があります。気をつけましょう。

信用情報で気をつけたい事がもう1つあります。それは、実際にお金を借りていなくても、契約をしているだけで計算の対象になってしまうという事です。契約をしているという事は、いつでも借りられる状態と判断されるわけです。

また、契約に至らなくても、申込みをしただけで記録に残ります。特に短期間に複数の会社に申込みをすると審査に不利になります。また、他社で審査に通らなかった情報があると何かマイナスポイントがあるのでは?と思われて不利になるケースもあります。同時に複数の申込みをするのは避け、次に申込む時は1ヶ月程度間をあけましょう。

更に気をつけたいのは、延滞・債務整理・自己破産などの金融事故の情報です。延滞は完済してから5年、自己破産は10年程度記録が残るので、新しい借り入れに不利になります。

また、金融事故などがなくても、各種ローンの審査に影響があります。特に、住宅ローンは「消費者金融の借金を完済してからでないと貸せません」という所もあり、完済証明書を求められるケースもあります。解約をした場合でも5年は記録が残ります。ただ、「消費者金融で借りた記録があるから絶対住宅ローンは貸せません」ということではなく、貸す側の対応が分かれる部分です。

銀行のカードローンは総量規制には含ませませんが、借入れ・返済の情報は確認されていると思ってください。クレジットカードは、ショッピング枠は関係ありませんが、キャッシング枠は総量規制の対象になります。覚えておきましょう。

お金を借りる時には、皆さんが思っているよりも信用情報が活用されている事を念頭において、上手に利用していく事をお薦めします。

【参考ページはこちら】
消費者金融のおすすめQ&A

消費者金融で借金をしている影響はあるかどうか

消費者金融を利用しているとさまざまな影響があるという話があります。例えば住宅ローンを組めないなどといったことですが、確かにキャッシングの利用があり、完済していない場合には住宅ローンの審査に響いてしまう可能性があります。

ただしこれは銀行などの融資担当の考えにもよることなので、一概にキャッシングなどの借金が住宅ローンの審査に響いてしまうとも言い切れません。各銀行にもよってそうした影響は変わってくると言えるでしょう。

ただし、どのようなローンにも言えることですが、キャッシングを完済して5年間経てば、そうした借金の利用履歴は抹消されますので、住宅ローンも問題なく利用できるでしょう。

ですから住宅ローンなどの借り入れの予定がある方は早めにキャッシングを返済してしまうのが安心と言えます。
(⇒消費者金融キャッシングの不安を解消!

カードローンなどはリボルビング払いなどを利用する方が多く、長い期間かけて返済し続けているのが一般的ですが、実はこうしたカードローンも繰り上げ返済することが可能です。

借入期間が長いほど、返済総額は多くなりますので、お金の融通がついた時には、繰り上げ返済をしていくのが賢い利用の方法です。

カードローンでも繰り上げ返済や、一括で返済することも可能ですので住宅ローンなどの利用の可能性がある方は、こうしたシステムを利用して早めに返済するのが良いでしょう。

また消費者金融からの借り入れが会社などに知られてしまうことがないかと心配する方がいますが、これはプライバシーが守られますので大丈夫です。

返済が滞り、自己破産などをしてしまえば話が変わりますが、通常の借入で会社に知られて影響があるということは一切ありません。

消費者金融と最初に契約を結ぶときに、会社に在籍確認の電話が行くことがありますが、これも消費者金融は社名を名乗らないので、会社に知られることなく借り入れをすることが出来るでしょう。こうした在籍確認は通常のクレジットカードなどでも行われる一般的なもので消費者金融に限りません。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2021 【生活支援!】人気の消費者金融徹底比較サイトはココっ! All Rights Reserved.