消費者金融の審査では勤め先へ電話あります

キャッシングベスト3

30歳の男性会社員です。勤務先は大手証券会社です。今度、消費者金融で初めてお金を借りてみようと考えています。

これまでは銀行のカードローンを利用していたのですが、消費者金融なら審査が甘めで融資も即日と言うことなので今度は消費者金融にしようと思います。

ところで友人から聞いたのですが、「消費者金融を利用すると勤め先に電話が来る」と言うのは本当なのでしょうか?そうだと少し困るのです…。

と言うのは、消費者金融からの電話に会社の他の人が出てしまうとお金を借りている事がばれてしまうのではないかと思うからなのです。そこで消費者金融でお金を借りると勤め先に必ず電話が来るのでしょうか?

消費者金融の審査では勤め先に電話があります

まず最初に言いたい事は、どの消費者金融でも審査の際には自宅や勤め先への電話はあると言うことです。この電話は在籍確認のための電話連絡なのです。

そして、在籍確認が審査の上で必須の審査事項となっている消費者金融は多いと言えるのです。勤め先への電話は、申込者の返済能力を確かめる意味で大切となります。

申込書に記載した勤め先で確かに働いていることが確認できれば安定収入がある証拠となり、それは返済能力がある証ともなります。それゆえ、勤め先への電話は審査で外せない必須事項となる訳です。

また、自宅へ電話する場合は、申込書に記入した住所に確かに申込者が住んでいる事実が確認できることで、なりすましの申し込みや不正行為を防ぐことができるのです。

だから自宅への電話連絡は大切なのです。ただし、勤め先に電話が来た後に、また自宅に電話が来るといったことはありません。また、自宅に電話が来た後に勤め先に電話が来ることもありません。

在籍確認の電話は、自宅か勤め先か、どちらか一方だけであり、会社員の場合は必ず申込書に記載した勤め先の電話番号に掛って来ます。でも、勤め先に電話が来ても、他の人にばれることはないのです。

なぜなら、申込者本人が電話口に出ない限り「○○消費者金融です。」とは絶対に言わないからなのです。また、個人名や別の会社名で電話を掛けるので、他の人にばれることはありません。

さらに言えば、消費者金融からの電話に出た人が「○○は只今席を外しています。」といったような応対の場合には、それで在籍確認が取れたとしてくれることもあるのです。

加えて、申し込む際に勤め先への電話連絡が来る日時を申込者の方から指定することが可能な消費者金融もあります。つまり、消費者金融では在籍確認の勤め先への電話に対して、かなり柔軟に対応してくれると言うことなんです。

その一方で、消費者金融の中には、勤め先への電話を必須としていないところもあります。その場合には直近1~2ヶ月分の給与明細書や社員証の提出、あるいは社会保険証の提出で勤め先への電話の代わりにしてくれます。

加えて、「WEB完結申込」が利用できる消費者金融なら、申し込みから審査を経て融資まですべてネット上で完結できるので来店不要で、かつすべてのやり取りをメールで済ませられるので、勤め先への電話無しで郵送物も一切無しでお金を借りることが可能となります。

そのことから、どうしても勤め先への電話を避けたいのであれば、「WEB完結申込」が利用できる消費者金融に申し込んだらいかかでしょうか。

【参考ページはこちら】
増額審査を受ける時はまた在籍確認あるの?

消費者金融の勤め先への電話連絡の有無について

消費者金融からお金を借りると勤め先に電話が来ると勘違いしている方が多いようですが、実際にはお金を借りても勤め先には電話が来ることはほぼありません。消費者金融のカードローンやキャッシングサービスから勤め先に電話がされる場合は支払いが滞っており、自宅にも本人にも連絡がつかなくなった場合以外は、審査時に在籍確認が行われた場合のみです。

特に支払いが遅れた場合などはほとんどの方は問題がないと思いますが、在籍確認については多くの方が対象となることがあるかもしれません。ただし、在籍確認は行われないようになってきており、現在ではいくつかの条件の方だけ在籍確認となるようです。

在籍確認が行われる場合で多いのが審査時に他社からの借入額が多い、所得が多い、借入希望額が多いなどがあるようです。特に借入希望額が高額な場合は在籍確認が行われています。

在籍確認の方法としては偽名で電話での呼び出しをする場合が多く、不在であったり、取次がうまくいかない場合などでも在籍が確認できれば問題ないようです。在籍確認をして欲しくない場合は審査時に以来をすることで別な方法にて審査が行われることもあるようですので、在籍確認がきになる場合は問い合わせてみることをおすすめします。

審査では借入状況の審査も行われますが、借り入れ状況は自己申告が基本ですが、借り入れの状況は金融機関、消費者金融が共同管理している会社にて保存されています。そのため、自己申告とあまりに違う自己申告状況では審査で不利になることも多いため、自己申告は間違いがないようにすることをおすすめします。

審査では借入額の他に借入件数も重要です。小額ローンが多数契約がある場合などは月の支払いが厳しいと判断されて収入と借入額のバランスでは問題なくとも審査が通らないことも多いようです。小額ローンなどが多い場合はおまとめローンなどを活用して借入件数を減らしてから審査を受けると良いようです。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2021 【生活支援!】人気の消費者金融徹底比較サイトはココっ! All Rights Reserved.