消費者金融での貸付額の計算方法を教えて

キャッシングベスト3

はじめまして。教えて欲しい事があります。消費者金融のホームページをみると、融資額1~500万円などと書いてあります。一度に500万円も使う場面は、車か家を買う事位しか思いつきません。まあ、僕みたいな普通のサラリーマンだと、そんなに借りるのは無理だというのは想像がつきます。じゃあ、いったい幾らなら借りられるのだろう?と思ったのですが、借りられる目安というか、計算方法はありますか?あと、消費者金融の利用で気をつけることはありますか?ちなみに、35歳、既婚、年収は400万円弱です。

消費者金融の貸付額には明確な上限が存在!その計算方法はコレ

質問ありがとうございます。確かに500万円を借りる場面は想像しにくいかもしれません。ただ、この額は契約の際の上限額なので、一度に借りるのではなく複数回に分けて借りるケースも含まれています。

また、ご存知かもしれませんが、車の購入には自動車ローン、家やマンションの購入には住宅ローンをお薦めします。専用ローンは手続きがスムーズですし、金額が大きいので金利が優遇されています。

では、消費者金融で借りられる額の計算方法です。質問者さんの年収は400万円弱とのことなので、仮に390万円としたら、消費者金融で借りられる額は130万円までです。なぜ、こんな明確に計算ができるのでしょうか?

実は、貸金業法という法律の中に総量規制という決まりがあるからです。総量規制では、年収の3分の1を超える新たな貸付は出来ない事になっています。(1社からの貸付額ではなく他の消費者金融と合わせた金額です。銀行からの借入れは含まれません。)

ただし、初めて申込みをした場合、すぐ最大の130万円を借りられるとは限りません。少ない額からスタートして、借入・返済という繰り返しをするうちに、業者側から貸付上限額の引き上げを提案されるケースが一般的です。

また、勘違いしやすいのが、この制限額は実際に借りている額ではなく、契約額ということです。たとえ1円も借りていなくても、契約をしていたらすぐに借りられる状態なので、計算に含まれます。

時々、「他からの借り入れは自分で申告しなければわからないのでは?」という方がいますが、そんな事はありません。先ほどの貸金業法の中に、信用情報の登録が義務付けられています。申込み・貸付・返済の情報は信用情報機関に登録されていて、新しい申込みを受けた業者はその情報に照会をして審査を行っています。

では、ご質問にもあった「消費者金融を利用するのに気をつけること」を3つあげておきます。

まず大事なのは、「正規の業者を選ぶこと」です。正規の登録をしてない「ヤミ金」で借りてしまうと大変なことになります。銀行の系列やテレビでコマーシャルをしているような大手であれば安心です。(こちらもご参考→消費者金融と銀行、どっちに申込むべき?

次に、「必要な時に必要な金額だけ借りること」です。お金を借りると金利がつきます。金利は借りている金額と期間に応じて増えていくので、なるべく早く返済してしまいましょう。また、時々、金利がゼロというサービスをしている所もあるので、条件が合えば利用するのもいいでしょう。

3つ目は、「借りたお金は期限内に返すこと」です。そんな当たり前のこと・・と思うかもしれませんが、何らかの事情で返せなくなってしまう人がいます。返済が遅れる事を延滞といいますが、延滞期間が2ヶ月を超えると要注意(俗に言うブラックリスト入り)の扱いになると言われています。

また、ある所の返済の為に他から借りる・・・という悪循環で多重債務に陥ると自分の力で解決するのが難しくなります。消費者金融で借りる時には、しっかり計画をたてて利用する事が大事です。

【参考ページはこちら】
銀行と消費者金融の提携で何が変わった?

消費者金融でいくらまでの金額が借りれるかを知る

お金に関する悩みを抱えている人は多いです。上司からの急な飲み会の誘いを断れない、生活費が翌月まで足りない、子供の養育費が足りないなど、さまざまなケースが考えられます。現金に関する悩みは適切な対象方法を知っておくことで、スムーズに解決することができます。

一番効率のいい解決方法が、企業と正式に契約をすることによって金銭的なやりとりを行うキャッシングサービスです。必要な金額だけを借りることができるので、借りすぎなければ安心して利用ができます。(こちらもご参考に→消費者金融の限度額はここでチェック!

はじめてキャッシングサービスを利用するときには、知識を身につけておきましょう。特に消費者金融の選び方は重要です。大手企業と中小企業に分けることができます。大手企業の場合には、テレビコマーシャルなどの宣伝を頻繁に行っています。

そのため、全国的にも認知度が高いです。利用者数も多いので、はじめてのひとでも安心して借りることができるでしょう。中小企業は大手企業の審査に通過できなかった場合に検討するといいでしょう。キャッシングサービスを提供している消費者金融は多いので、比較と検討をして自分にあった企業を選びましょう。

申し込みをする場合には、金利や借入限度額や審査スピードを確認しておきましょう。いくらまでの金額が借りれるかに関しては、企業の借入限度額によっても異なります。総量規制といった法律もあるので、自分の年収を確認しておく必要もあるでしょう。総量規制は、年収の3分の1までしか借りることができなくした法律です。消費者金融を利用する場合には、知っておいたほうがいいでしょう。

企業の審査に通過すると、申込者の返済能力に応じた借入限度額が設定されます。足りない場合には、増額申請もできるので活用してみるといいでしょう。必要な情報と書類を企業に提出することによって、再度審査が行われます。審査に通過すると、借入限度額の上限が増えます。借入限度額の範囲内であれば、何度でも融資と返済が可能です。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2021 【生活支援!】人気の消費者金融徹底比較サイトはココっ! All Rights Reserved.