1000円以下の端数を消費者金融に返済?

キャッシングベスト3

1000円以下の端数を消費者金融に返済するには? 

消費者金融の中でも統一されていないので問合せをしてください

1000円以下の端数を消費者金融に返済するには、ということなのですが、そもそも1000円単位で借りることもできる消費者金融が多いので1000円ぴったりで返済ができれば良いですが金利がついて端数が生じてしまうことが当然考えられます。

この場合の返済方法は消費者金融によって様々なので、自分が利用している消費者金融はどうなのかは、窓口に問い合わせをしてください。パターンとして考えられるのは、1000円に満たない端数に関しては消費者金融側が負担してくれるケース。これは非常にありがたいケースです。

しかし、完済していないのはどうも性格上、気になってしまうという私の様な方もいらっしゃるはず!そういう場合は銀行ATMや、窓口などに行って端数をきっちり返してしまいましょう。次に考えられるのが、1000円を返済して、残りのお金を返金してもらうという方法です。ATMによっては1万円からしか受け付けないところもありますので、10000円払ったら、絶対に返金はしてもらいたいですよね。返金はこちらが指定した口座に振り込んでもらうという形が多いです。

窓口に問い合わせして、返済方法を聞いて、完済するなり、1000円に満たない端数はサービスしてもらうなり、決まったら、早目の実行が良いでしょう。特に端数も返済しなくてはならない消費者金融の場合は金利が日を追うごとについてしまうので早目の返済をお勧めします。

1度完済してまた、利用すると気持ちが良いものです。前述したとおり、消費者金融側にもいろいろな考えがあります。1000円より少ないお金は負担をしてあげればまた利用をしてもらえるのではないか、という考え方や、きっちり1円単位まで返済してもらおうという考え方。

これは消費者金融を選ぶ際に先に調べておいた方が良いかもしれませんね。かなり気になる項目だと思います。極論を言えば999円がチャラに出来るか、払わなければならないかの違いがあるということですから。

こういう質問をするのは、細かいと思われるのではないかと問い合わせしづらく思う方もいらっしゃるかもしれませんが、1円を笑うものは1円に泣く、という精神で勇気を出して、問い合わせてみてください。きっと胸のつかえが下りるでしょう。お金に関する疑問は、そのままにしておくとモヤモヤと胸に残るものです。スッキリとした状態でうまく消費者金融と付き合っていきましょう。

1000円以下を消費者金融に返済するには

消費者金融からキャッシングをして、ATMで返済をする際、残金が1000円以下となった場合、ほとんどの銀行では、小銭を入金して返金することができませんので、1000円未満については、ATMでの返済ができなくなります。

このようにキャッシングの残額が端数となった場合の返済については、先ずは、消費者金融に問い合わせましょう。会社によっては、1000円未満については、返済する必要がありませんので、そのままにしておいて大丈夫ですと、回答が出る場合があります。

システム上、硬貨での返済を受けづらいという理由であったり、会社の負担として、自動的に放棄するというシステムとなっていたりすることが理由の場合が多いですが、債務が1000円未満になった時点で、返済しなくても延滞扱いにはならないということです。もちろんそのままにしておいて、金利が発生して、いつの間にか1000円以上の残高となり、返済が必要になることもありません。

他には、残高が1000円未満になった時点で、「無利息残高」となる消費者金融もあります。「無利息残高」とは、利息・手数料を付けず、支払い金額も設定しない残高として取り扱う金額のことです。どちらの場合でも、解約することも可能ですし、信用情報にも影響がありません。

一方、1000円以下でも債務なので、きちんと返済したい場合には、窓口に行けば返済することができます。近くに窓口がなかったり、仕事等の都合で平日には行くことができなかったりする場合には、消費者金融に電話して、全額返済したいので、口座番号を教えてほしいと言って、返金することも可能です。

また、返済額以上の金額をATMで入金をしてしまった後に、消費者金融へ連絡し、多く返済した分を返してもらう(自分の口座に振り込んでもらう)ことも可能です。

過払い金請求を行うつもりであれば、返済をきちんとしておいた方が請求がスムーズに行く場合もあります。

【参考ページはこちら】
消費者金融のおすすめQ&A

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2021 【生活支援!】人気の消費者金融徹底比較サイトはココっ! All Rights Reserved.