消費者金融の審査に落ちる人の特徴を教えて

キャッシングベスト3

消費者金融に関する素朴な疑問なんですけど審査で落ちる人の特徴とかってあるんですか?別に何か理由があってそう思ったわけではなく、なんとなく気になっただけですけ。それでもこういう人は落ちやすい、みたいなのがあるんじゃないかと思ったんです。

法律で決まっていることは除いて、もし一般的なもので特徴みたいなものがあるのなら教えてください。

見た目的には誠実さがあり信用情報が真っ白な人なら問題ない

その質問の答えは2つある。1つ目は対面的な要素。2つ目は信用度。この2つは必須ではなかろうか。とは言ってもこれだけじゃ分からないだろう。

1つ目の対面的な要素は簡単に言えば見た目のことだ。インターネットでの申し込みでは関係ないが店頭や無人契約機での申し込みでは大きなウェイトを占めると思ったほうが良い。ただ見た目と言ってもいろいろある。例えば服装。ボロボロでヨレヨレのシャツを着ていたり、髪もボサボサで目ヤニを付けて鼻でもほじっているような人は論外となる。

担当する人は人間だ。無人契約機であっても監視カメラで見ている。就職活動での面接を思い浮かべてもらえれば良いだろう。判断するのは人なのだから、印象を良くした方が良いに決まっている。そういう意味では金髪でピアスを何個も付けたような人より、真面目そうな人のほうが有利になる。ようするに人が見て「なんだこいつ」と思われない格好がふさわしいということだ。

2つ目の信用度はデータのことだ。消費者金融だけではなく銀行や信販会社(クレジット会社)も利用している信用情報機関のデータが綺麗なほど良い。それぞれに使っている信用情報機関は違うのだがややこしいので放置とする。

一度も金融関係からお金を借りたことがない者であれば、データが空のため“まっさら”となるから純粋に年収と人柄、年齢などで決まる。そのあたりは会社によって規定が違うだろうから触れずにおく。

消費者金融などから借りたことはあっても延滞や滞納をしたことがなければ綺麗なままだ。ただし複数の金融業者から借りていたらどれだけ真面目に返していようと、借りている業者数に比例して審査に落とされる可能性が高まっていく。これも審査に落ちる特徴と言えるだろう。

その他にも「申し込みブラック」というものがある。信用情報機関には申し込んだ人の情報が載る。これは示唆に受かろうと落ちようと「この人は○日に申し込んできたよ」と言った感じに情報が載るわけだ。それを他の業者も、それも複数の業者が閲覧することになる。

結果的に手当たり次第に申し込んだせいで「こいつはなんだか怪しい」と警戒されてしまって、審査で落とされることになる。これが申し込みブラックと言われるものだ。ブラックとは言っても色々と種類があるからややこしい。

一般的にいえばこの2つだけは出来るだけ綺麗に保つように心掛けていればそうそう審査で躓くことはない。これからの参考にしてもらえたら幸いだ。

【参考ページはこちら】
審査に通りやすい消費者金融を探すコツ

消費者金融で行う審査に落ちる理由について

消費者金融を利用する際には必ず審査があり、業者によって基準が多少異なりますが、多くの場合、年収や借入状況などが重要視されています。

業者によって融資の能力も違うため、大手の消費者金融では資金も豊富となりますので、比較的審査も通りやすいと言われています。

それでも業者が定める基準をクリアできなければ審査に落ちることもあります。またその落ちる理由については教えてはもらえず、合否だけが伝えられますので、自分ではなぜ落ちたのか分かりません。

審査に落ちる最も多い理由として言われているのが、借入件数が多いことになります。申し込みをした際の借入件数が多いと返済能力が低いと判断がされてしまいますので、業者の定める一定の件数を超える借入があると落ちることがあります。また借入件数が多いことが問題となりますので、金額は多くなくても低い評価となりますので注意してください。

そのほかには短期間で3社以上の消費者金融に申し込みをしてしまうとブラックリストと呼ばれる事故情報に載りますので、借り入れができなくなります。

クレジットカードやローンを組んだり、キャッシングを行うとその情報が信用情報機関に登録されますので、銀行や消費者金融などに伝わります。

この情報は申し込みをしただけで載りますので、審査に通るか不安だからいくつも申し込んでしまうと、それだけで借り入れができなくなってしまいますので絶対に止めましょう。

ブラックリストと呼ばれる事故情報に載ってしまうと、如何なることをしたとしても掲載期間が過ぎるまでは消すことができませんし、また掲載されているとクレジットカードを作ることやローンを組むことなどが一切できなくなります。
(⇒ブラックでも審査が通る中堅消費者金融

落ちやすい人の傾向としては勤務期間が短いことも理由として多いです。最近はすぐに会社を辞めてしまう人も多いため、勤続年数はかなり重要視され、最低でも半年は勤務している必要があるようです。

固定電話の有無も重要となりますので、携帯電話のみの方は低評価となりますので注意してください。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2021 【生活支援!】人気の消費者金融徹底比較サイトはココっ! All Rights Reserved.