消費者金融から届く郵便物をなくしたい

キャッシングベスト3

近頃会社の上司や同僚との付き合いが多くなり、金銭的に厳しいです。消費者金融ならすぐに融資をしてくれると聞きましたので、借入を申し込もうかと思っています。ですが自宅に郵便物が来ることがあるとも聞きました。

妻には借入をしたことは黙っておきたいのです。けれども日中は妻が自宅にいるので、もし郵便物が送られてきたなら彼女に見られてしまう可能性が高いです。何か良い方法はないでしょうか?

あなたの行動次第で郵便物は回避可能です!

奥さんに知られたくないと思うお気持ち、よくわかります。ですがご心配なく。申し込み方法や返済状況などによって、自宅に郵便物が来ることを回避できる可能性があります。消費者金融から送られてくる郵便物は大体次の3つです。借入をする前によく確認しておいてください。

1契約書やキャッシングカード
借入審査やカードローンを申し込んだ時に、契約書、そしてキャッシングカードが自宅へ送られてきます。どちらも対人ではない方法で申し込みをすると、あなたが現住所に住んでいるかの確認もかねて自宅に送付されることになっているのです。

ですから、こうした郵便物を避けたい場合は窓口で申し込んでください。窓口ならその場で契約書もキャッシングカードも受け取ることができますし、融資もすぐに受けられますよ。

2利用明細書
提携ATMでキャッシングを利用した時に送られてきます。いくら借入をしたのかという情報の他に、ATMの自動機能では書ききれない内容を補うため、借り手に直接連絡がいくようになっています。しかし、最近はメールで利用明細をお知らせしてくれる消費者金融も増えています。やはり家にこういった郵便が届くのを嫌がる人も多いからです。メールでの連絡を希望する際は、借入を申し込む際にその旨を言えばきちんと対応してくれます。

3返済遅延時の請求書
届くにしても一番避けておきたい郵便物がこれですね。以上の2つは消費者金融へ問い合わせなどをすれば回避可能ですが、こちらは返済をしない限りはいくら消費者金融に言ったところで送付するのを止めてもらうことはできません。

それに遅延すると郵便だけでなく勤め先にまで電話連絡が来てしまいますから、勤め先の人たちに迷惑がかかります。ですので、請求書が届いてしまったらまずはすぐに返済をすることが重要になります。

このように、消費者金融から借入をしたとしてもその人の行動次第で郵便物の送付を止めることができるのです。なお、近ごろは郵便物の外側に消費者金融からとわかるような記載がされていないこともあります。(こちらもご参考に→消費者金融の不安はここで解消!

なので「銀行口座のキャッシュカードが届く」など、あらかじめ家の人に何か郵便物が届くことを知らせておけば、消費者金融から借入をしたことが知られてしまうおそれがなくなるでしょう。

詳細は各消費者金融によって異なってきますから、あなたが借入を申し込む予定の所へ郵便物の送付について聞いておくことが大切です。あなたと同じく郵便物について心配する人は多く、そのことも消費者金融は理解しています。ですから柔軟な対応が期待できますので、あまり心配し過ぎず、借入を申し込んでみてください。

【参考ページはこちら】
消費者金融で借入できないのはどんな人?

消費者金融からの郵送物の送付を断る方法と理由

消費者金融からは定期的にキャンペーンの案内や、別の事業の案内として郵送物が送付されてくることがあります。消費者金融の名前は多くの人に知られているので、そういった名前を見るだけで借金をしていることを知られてしまいます。周囲に知られることで後ろめたい気持ちになることもあり、特に会社の同僚などに知られることで仕事もしづらくなります。

出来るだけ周囲の人に知られずに借金をするのであれば、郵送物の送付を断ることが大切です。直接電話をして郵送物の送付を辞めてもらうことが出来ます。インターネットが普及しているので、インターネットを通じて請求額や利用限度額を確認出来るので、郵送物は必ずしも送らなければならないものではありません。

金融機関としても家族や周囲の人間に借金を知られたくないという心情を把握しているので、電話をするだけで快く送付を辞めてもらえます。郵送物を見るのは家族だけではありません。泥棒は配達口に入っている書類を見てその家の情報を探ったり、不在の時間を調べることがあります。借金があればお金に困っているという事を知られる上に、借金によってそれがまかなわれて今はお金があることを知られてしまいます。

そうなればターゲットにされてしまうので、出来るだけ誰でも見れる郵便ポストにはそういった情報が記載された物は届かないようにすることが大切です。一番注意すべきことは借金の滞納です。基本的には自宅には電話はかかってきませんが、借金の返済期日を守らずに滞納した場合はかかってきます。どうしても滞納してしまうのであれば、予め電話で連絡をして滞納をすることを伝えます。
(⇒消費者金融からの連絡についてもっと詳しく

そうすれば期日を過ぎたときに電話がかかってくることはありません。しかし、更に期日を守らなかった場合は催促状が送られてくるのでそれによって借金を知られてしまいます。滞納する可能性があるのであれば借金をしないのが一番です。期日を延ばしてもらうことは不可能であり遅延損害金も発生します。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2021 【生活支援!】人気の消費者金融徹底比較サイトはココっ! All Rights Reserved.