ここ1か月ほど趣味のイベントごとが続いて、出費がかさんで困っています。生活費までも圧迫するようになってきたので、久しぶりにキャッシングを利用してみようかと考えるようになりました。

でも最近はキャッシングと一言で言っても、いわゆる消費者金融から銀行カードローン、あとはクレジットカードの審判系までいろいろありますよね。できるだけ早くお金を借りたいので、審査が通りやすいところがいいんですが、この3つをどの順番で申し込んでみるべきでしょうか?

クレジットカードのキャッシング枠があればそれが最速です

この話に関していえば、まず真っ先に確認すべきは手持ちのクレジットカードね。あなたの持ってるクレジットカードのうち、どれか1つでもキャッシング枠があるかどうか見てみてちょうだい。もしあるならば、そのクレジットカード、つまり信販系はなんと申し込みなし、審査なしですぐに利用できるわよ。

っていうのも、クレジットカードのキャッシング枠があるっていうことはすなわち、そのクレジットカードをつくった時点でキャッシング枠に対する審査もすでに住んでいるということなの。だから実際に利用する際には、余計な申し込みの手続きとか、審査を待つ時間は一切必要ないのよ。

ただしキャッシング枠が0円だったら話は全然違ってくるわ。キャッシング枠0っていうのはつまり、そのクレジットカードでキャッシングの契約はできていないということ。だから利用しようと思ったら当然申し込みから必要になるわ。すでにカードをつくれるという時点で一定の信用はあるわけだから、審査の通りやすさについてはさほど心配する必要はないでしょう。

ただ、気になるのが時間なのよね。クレジットカードに新たにキャッシング枠を付ける場合、一般的に審査には数日から長いと1週間近くかかってしまうところも少なくないの。だからスピード重視で考えるなら、キャッシング枠がない状態での信販系の申し込みの優先度は低くなると言えるわね。

で、あと2つ消費者金融と銀行カードローンについてよね。一応昔からの傾向として、審査の通りやすさ、審査完了までのスピードという面で比べると消費者金融の方が優位になることが多いの。だから早く借りたい、審査の通りやすいところがいいっていうあなたには、まず消費者金融から申し込んでみることをおすすめするわ。
(⇒おすすめ消費者金融会社情報はこちら

というわけで、まとめるとクレジットカードのキャッシング枠があれば信販系を利用するのがいちばん、そうでなければ消費者金融、銀行、信販系っていう順位づけになるということね。ただし最近では銀行系や信販系でも消費者金融並みに審査が早く通りやすいところも出てきてたりするから、そういうのも考慮に入れて業者選びをすることをおすすめするわ。

【参考ページはこちら】
審査の通りやすい銀行系カードローンは?

消費者金融と銀行と信販でキャッシング申請する順番

キャッシングサービスを提供してくれる企業はいくつかの種類に分かれます。即ち、銀行系、信販系、消費者金融系です。それぞれの違いと申込みについて説明します。
(⇒銀行系も消費者金融系も信用情報は共有する?

申し込みをする順番を付けるのであれば、早く借りたいか、たくさん借りたいかによって分かれるでしょう。いずれの機関も借り入れ開始が遅い、安心できないということではありませんが、それぞれの機関で若干の差が生じます。例えば早さの面では消費者金融が一番でしょう。これは審査が緩和している事に起因します。

ついで信販系、一番遅いと思われるのが銀行系です。銀行系は審査がこれらの中で一番厳しいと言われます。即日で借り入れを許可してくれる機関やプランもありますが、審査をしっかり行うという点では、他の金融機関よりは時間を要するのです。

逆に、借り入れできる金額では銀行が一番です。法規制によって、消費者金融は申込者に対し、年収の3分の1までの金額を限度額として貸して良いという決まりが出来ました。しかし銀行にはその制限が無いのです。(こちらもご参考に→消費者金融の限度額についてもっと詳しく

もちろん審査によって金額は決定しますが、他の金融機関よりは可能性型か高いのです。普通預金口座を持っていれば手数料の軽減などのサービスも行っており、また金利も消費者金融に比べると低い為、返済しやすい環境でもあります。

信販系はどちらも中間に位置しています。しかし逆に言えば、審査もそれほどではなく、利息は少ない為、双方のメリットを含んでいると見ることも可能です。それほどの金額を必要とせず、今すぐでなくても良い場合、何かあった時のために作っておきたいと考えるのであれば信販系で申し込むのが良いかもしれません。

いずれにしても、どのような用途でキャッシングを申し込むのかによってその順番も変わってきます。また、同じ種類の金融機関で申し込む事ももちろん可能です。

ただしその場合、1社目で借り入れを断られた場合、信用情報の共有によって2社目以降も断られる可能性が高いので、別の種類の金融機関に申し込む方が可能性はあがります。もちろん、断られた理由をきちんと確認して解決することは前提です。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2021 【生活支援!】人気の消費者金融徹底比較サイトはココっ! All Rights Reserved.