銀行の借金は消費者金融に影響するのか

キャッシングベスト3

銀行で借り入れをしようと思い、フリーローンの申し込みを先日してきました。まぁ簡単に使えるものではないというのは自分でもわかっていましたし、フリーローンの申し込みが100%通るとは思ってはいませんでしたが、落ちてしまうというのは少しさみしい思いでした。

がっかりしていますが、また次は消費者金融を使おうと思います。銀行のフリーローンよりも審査は緩いはずなので通ると思いますが、今回落ちてしまったと言う銀行での記録というのは消費者金融も持っているものなのでしょうか。その信用情報を見たら消費者金融はやっぱり審査に落としてきますか?

消費者金融は銀行の審査結果をあまり気にしないと言う

消費者金融の場合と銀行のフリーローンやその他の融資の場合というのは、少し違う審査を行われているというように言われています。貸出のスタイルなども違うので、違っていて当然とも言えるんですが、消費者金融としてはあまりフリーローンで落ちたということや銀行の住宅ローンが通らなかったというような借金の審査結果について、そこまで気にすることはないというように聞きました。

ここで気をつけておきたいのは消費者金融は銀行の結果についてはそこまで気にしないということです。銀行の借金であるフリーローン等はもともと審査がかなり厳しいと言われているわけで、落ちてしまう人だって消費者金融では借入をすることができるのです。銀行系カードローンもそれは同じです。だから審査の厳しいと言われている借金で落ちたところで消費者金融はそこまで気にしないのです。

もちろんこの時に同じくらい審査のゆるい消費者金融の場合であれば、審査に通らなかったということを気にして、落ちる可能性はあるかと思います。審査の厳しさが同じくらいのところであれば、審査の緩いところで落ちた人に貸出をするかどうかというのはひとつの判断基準にすると思います。さらに審査がゆるいところを通らなかったというのであれば、参考にして落とすということをする可能性もあります。

結果的に消費者金融はその他の借金の審査結果にあまり左右されないという強みを持っているということが言えるのではないでしょう。ある意味で左右されないということはフリーローンやその他の住宅ローンなどで審査に落ちたからといって特に気にして借入をしない、と決めなくてもいいということでもあります。消費者金融と銀行系の借金は関係はあるんですが、そこまで密な関係があるわけではないということです。

【参考ページはこちら】
銀行と消費者金融の提携で何が変わった?

銀行と消費者金融、借金するならどっちが安全?

キャッシングはお金が足りない時には、とても役立つ存在です。しかし、キャッシングをしたことがない方にとっては、銀行系キャッシングと消費者金融系キャッシング、どちらを選べばいいかわからないということもあるでしょう。

どちらが安全かといえば、はっきり言って安全性にその差はほとんどありません。銀行と消費者金融が業務提携していることもありますし、同じグループ会社であることも多くあるので、どちらから借金をしても危険なことは全くないのです。
(⇒消費者金融に不安がある方におすすめ

では、どのようにして選べばいいかというと、それぞれのサービスを比較して自分のニーズにあったものを選べばいいということになります。

消費者金融であれば、自宅や外出先でもインターネットの接続環境さえあれば24時間365日申し込みをすることができます。

わざわざ店頭窓口に足を運ぶ必要もありませんし、審査、契約手続きも全てインターネット上で完結します。

即日振込サービスを利用すれば申し込みをしたその日のうちに、銀行振込にて即日融資にも対応してくれますので、この点でも安心です。

逆にインターネットの接続環境がなかったり、いつも贔屓にしている銀行があるというような場合には、そちらを利用するのも良いでしょう。専用ATMから申し込みをすればその日のうちにローンカードが発行され、キャッシングの利用を開始できますので、この方法であれば即日融資を受けることが可能になります。

また、専業主婦のように収入のない方の場合においては、そもそも消費者金融から借金をすることは法律上できませんので、やはり銀行系カードローンを利用するのが有効な手段です。

どちらの商品を利用するにしても、しっかりと金利を比較する、サービス内容を把握することは大切です。

さらに、キャッシングを利用する際には計画性が必要ですから、返済シミュレーションなどをしっかりと行い、返済計画を立てたうえで申し込みをするようにしましょうね。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2021 【生活支援!】人気の消費者金融徹底比較サイトはココっ! All Rights Reserved.