消費者金融の借金と他のローンの関係は?

キャッシングベスト3

借金を持っている人は不利なんていうことをよく聞きます。ローンを組むのが難しいとか言うのですけれども、ローンを組むのがどのくらい難しいのか問のがよくわかりません。まだ消費者金融しか使ったことがないからなのですが、消費者金融を使っている僕がローンを組みたいと思った場合、どのくらいの影響をうけるものなのでしょうか。

大体消費者金融の金額によってはローンが組めないことも

ローンにどのくらい影響がするというのは一概にいえないことではありますが、影響が全くないということはまずありません。絶対に少しは影響がするかもしくは大きな影響が出るかといったところです。両方ともありえるのですが、それは消費者金融での借入をどの程度持っているかによります。枠がどれだけ大きくても現在の借金がどの程度かが重要ですので、実質借入額によって左右します。

例えばですが、消費者金融を枠いっぱい借りているとしましょう。100万円の枠を持っていて、これ以上増額も出来ないという場合にはマックスの借入ということになります。この場合借入をすることが出来ないということが大きく、ローンをこの時に組もうとし場合は必ずと言っていいほど落ちるでしょう。住宅ローンなどを受けようとした場合には「借り入れが多いので厳しいと言われるはずです。

逆に枠を同じだけ持っているのに5万円しか借入をしていなくて残高が残っていないと言う場合、5万円の残高であればまず返済をするときに毎月何万円も返済金額がかかりません。だからローンを組むときにもさほど影響せずに借入をすることができるでしょう。住宅ローンなどでは「このくらいなら大丈夫です」と言われる可能性は高いです。

どうしてこのように借入金額によって大きく変わるか、というと住宅ローンや教育ローン、自動車ローンなども毎月返済をしないといけないわけですが、其の返済金額は大きいです。数万円から10万円を超える金額を払わないといけませんが、その金額を払えない可能性もあります。だからローンを組むときに厳しくなるのです。返済出来るだけの収入があれば借金があっても借り入れは可能になります。

一般的な収入で考えれば、だいたい10万円前後くらいの借金であればそこまで返済に困るような金額ではありませんので、このくらいなら他のローンを組むときの影響というのはほとんど考えなくても大丈夫でしょう。それ以上の借入をしている時に住宅ローンなどを使いたいならば、まずは消費者金融の返済をしてからのほうがいいと思いますよ。

【参考ページはこちら】
消費者金融の不安はここで解消!

消費者金融における借金とローンの違いとは

借金というのは借りているお金のことであり、借入と同じ意味を持っています。消費者金融における借金とローンには違いがありません。種類としてはキャッシングやリボ払いやローンがありますが、どれもお金を金融機関から借りているということであるので借金として見られます。

金融機関に申込む際には審査を受けることになりますが、そこには借入額の記入欄が設けてあります。そこには借金と名称のつく金額を合算して記入することになります。ローンは組んだ金額ではなく、残りの返済金額を算出します。キャッシングとリボ払いにおける借入も同じであり、返済していない分の金額を合算して借入額を算出します。

貸金業法では年収の3分の1を越える金額の貸付は禁止されており、この法律を守らない場合は営業停止処分もありえるので必ず制限を守っています。つまり、キャッシングを利用する際にローンの一年間の支払い額が既に年収の3分の1に相当する金額になっている場合は、新たに借入をすることは出来ません。

リボ払いで10万円程度残高があった場合もこれに合算されるので、ローンを組む際には一年間の返済額が10万円少ないように組まなければなりません。住宅や車の購入の際に利用する場合は、1年で10万円変われば30年で換算すると300万円もの差額が発生します。

300万円予算を低くしなければならないということであるので、この場合は必ず完済してから申込むことが大切です。支払い期間を延ばせば延ばすほどに、最終的に返済する金額が大きくなるので出来るだけ短期間で返済することが大切です。少額の借入であればあるほどに金利が高くなるので、少額だからといって長期間かけて返済してしまうと実質損をしていることになります。

借金は全ての借入に関係してくるので、リボ払いなどの便利なシステムを利用しすぎて、家や車の購入に差し支えがあるようなことは避けることが大切です。また、年収の3分の1の一杯まで借入出来るとは限りません。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2021 【生活支援!】人気の消費者金融徹底比較サイトはココっ! All Rights Reserved.