消費者金融二箇所借入をしたら枠は増える?

キャッシングベスト3

多重債務は良くない、ということをわかった上での話ではありますが、多重債務を目的とするのではなく、借入を二つ同時に行うということは可能でしょうか?消費者金融二箇所借入でどのくらいの枠をもらえるのかということを知りたいのです。

あまり同時に申し込みをするのも良くないというのであればとりあえず二箇所だけ申し込みをして、そしてできるだけ枠をもらうようにした場合にはどのくらいの枠をもらえるのかを知りたいです。一社だけ申し込みをするよりもやっぱりたくさん借り入れできるようになるものなのでしょうか。

消費者金融二箇所借入でもそこまで枠は大きくならない

消費者金融二箇所借入をしたらどのくらい借入額が増えるのか、それは質問者以外にも多くの人が知りたいことかもしれませんね。確かに一社よりも二社から借入をしたほうがたくさんの枠を貰えそうな気はしますよね。これは其のとおりかもしれませんが、多くの人が考えている金額よりはかなり少なめだと思っていいでしょう。一箇所に比べてもそこまで大きくは変わりません。

大体、同じかもしくは大きくても1.5倍程度までしか合計の枠はもらえないのです。おそらく多くの人は同じ金額の枠が二つできると思ったんじゃないでしょうか。二つ同じ金額の枠ができるのであれば消費者金融二箇所借入をするのもオススメしたいところですが残念ながら其のようなところはまず無いのです。二つ借入をしているという情報は消費者金融側に届いているからです。

そもそも複数にたくさん申し込みをする人というのはあまり好まれない傾向にあります。あまりにも数が多すぎると、3社以上は申し込みブラックという状況になってしまうと言われています。そうなれば半年間は申し込みをしても審査に通ることはありません。業者側としてはそれだけ同時に多く申し込んだりすることを嫌っているのです。

仮に消費者金融二箇所借入をした場合、申込ブラックになる可能性は低いと思いますが、多くの業者では枠を少なくするかと思います。他の業者にも申し込みをしているのであれば、普通の借入金額では返済ができない可能性も考えるようになるからです。ですので必ず申し込みが同時に来ているとわかれば枠を小さめにするのです。

これは他社借入をするときも同じで、メインで使っている消費者金融以外に利用しようとすると其の情報も申し込みが来た消費者金融は握っているので枠を制限しようとします。結果的に情報が横につながっているために、枠はどんなにたくさんの業者に申し込んでもそこまで大きくならないものなのです。

【参考ページはこちら】
次で三社目、さすがに借り過ぎ?

消費者金融二箇所借入を成功させるポイント

消費者金融からお金を借りる際には必ず審査を受けなければなりません。その審査の際には経済力や信用情報だけではなく、現在の借入額も記載しなければなりません。年収の3分の1を越える借入は法律で禁止されているので、借金を既にしている場合は出来るだけ完済してから申込むことが大切です。

審査に通過すればお金を借りることが出来ますが、必ず利用限度額が設定されています。利用限度額は金融機関によって決め方が違うので、どれだけ年収があればどれだけ借りることが出来るのかということはわかりません。初回の借入時には充分な信用が無いので利用限度額は少額に設定されています。そういった事から他の消費者金融からも借入をして借入額を増やそうと考える人が多いです。

消費者金融二箇所借入を成功させるには審査の仕組みを知っておく必要があります。まず、年収を見られるのには二つの理由があります。制限を越えて貸付をすることを防ぐためと、充分に返済出来る収入があるかということです。二箇所から借入をするのであれば充分な収入が無ければ返済に支障をきたす可能性があると判断されて審査に通過出来ません。
(⇒消費者金融の審査基準とは?

そして現在の借入額が少しでもある場合は通過出来ないことがあります。これは今は少額であってもまだ利用限度額には達していないということであるので、まだまだ借金が増える可能性があると考えられます。一社目の利用限度額によっては二社目はかなり少額に利用限度額を抑えなければならない可能性もあります。

そうなれば二社目の消費者金融は充分な利益を得られない上に、制限を越えたり返済が滞る可能性があるので、メリットとデメリットを比べると審査に通過させないことが無難であると判断されます。審査に確実に通りたいのであれば、完済した上で充分な勤続年数と信用情報を得てから申込むことが大切です。完済を繰り返せば借金をしていない人よりも高く評価されます。借金の経験はマイナスではなくプラスにもなります。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2021 【生活支援!】人気の消費者金融徹底比較サイトはココっ! All Rights Reserved.