消費者金融は限度額により提出書類が違う?

キャッシングベスト3

消費者金融に申込みする時、収入証明の提出が必要ですか。申請金額にもよると聞いた事もあるのですが、希望金額によって申請時の必要書類が違ってきますか。また他のカードを持っていてそちらでの限度額も関係あるのでしょうか。

消費者金融に限らず希望金額によって収入証明書が必要になります

消費者金融に限りませんが申込みに際して必要な書類は本人確認書類ですが、申込み金額によって収入証明書が必要になります。収入証明書は源泉徴収、確定申告書、直近2ヵ月の給与明細などです。

これは消費者金融では50万円を超える場合提出が条件となっています。銀行では300万円まで不要などと言う所もあるのでホームページで確認が必要です。消費者金融も以前は年収は自己申告で特に収入証明を必要としていなかったのですが、総量規制が施行されてからは50万円以上の貸付に対しては収入証明書の確認が義務付けられたのです。

それに対して銀行のカードローンは総量規制対象外の為、特に収入証明の提示が義務付けられていません。高額融資の時のみの提出となっているのはその為です。消費者金融で借入を希望されている場合特に希望金額が無い場合は収入証明書は必要ない事が多いです。

ただご質問のように他社でのカードでの限度枠を持っている場合は合計で100万円を超える場合には収入証明書の提出が必要となるので注意が必要です。総量規制は消費者金融で多重に借入をしてしまった事で破綻してしまう人が多く出てしまった事でそういう人を無くそうと言う意味で出来た法律です。

この規制の為に確かに多重債務者は減ってきたのですが、今まで限度枠内で借入出来ていた人が限度額見直しの為限度0となりどうしようもなくなりヤミ金の誘いに乗ってしまったり、不正なクレジットカードの現金化などに走ると言う状況に陥っている人もいます。そういう事の無いように収入の3分の1以上の借入となるカードを複数持っている場合には銀行のカードローンへの借り換えを検討されると良いですね。

今カードローンを利用していてその上に新たなカードローンに申込まれる場合は銀行系消費者金融の内銀行のカードローン、つまり総量規制対象外のカードローンに申込まれるか、今持っているカードと新規申込をするカードをまとめると言う事でまとめローンを利用されるのも良いのではないでしょうか。

とにかくいたずらにカードを増やすと言う事を考えるのではなく、一つのカードで計画的に借り入れをし、着実に返済する事が大切です。完済した上でまた新たな借入れをするようにして下さいね。

【参考ページはこちら】
消費者金融の限度額復活はいつ頃?

消費者金融の申請時に決まった限度額は変わらないの?

消費者金融を利用するというような場合には、必ず審査を受ける必要があります。

そして審査を通過したというような場合には晴れて消費者金融を利用できるということになるのですが、この申請時には必ず限度額が設定されるようになっています。

限度額とは消費者金融を利用するに当たって借り入れることができる限界の金額のことであり、この金額を超えて借り入れを行うというようなことは出来ません。

基本的に申請時には消費者の収入レベル、勤務先、年齢や性別と言ったような条件がどれだけ優れていたとしても、最初の限度額はかなり低い金額に設定されることになります。
(⇒消費者金融の限度額についてもっと詳しく

これは「条件が優れていたとしても本当に返してくれるかどうかはわからない」というのが理由です。

どれだけお金を持っていたとしても、中には「返したくない」という理由でお金の返済を行わないというような人もいるわけですから、消費者金融ではこうした対抗策をとっているということになるのです。

では最初に設定されたこの限度額は変わらないのかといわれると、そうではありません。
これは継続して借り入れを行い、返済をしていくことができれば引き上げてもらうことが可能になるのです。

しっかりとお金を借りて、適宜返済を行うというようなことを繰り返していたのであれば「この人はお金の管理が出来る人だ」というような印象を与え、「この人はしっかりとお金を返してくれる人だ」というように信頼を高めていくことができますから、信頼が十分に高い人ということになったのであれば、より多くのお金を貸し付けてもらうことができるということになるのです。

これは「増額」と呼ばれることもありますが、基本的に増額はそれぞれの消費者金融業者が、消費者に対して連絡を行ってから可能になるものです。

もちろん自分から増額を申し込むこともできますが、あまりにも頻繁に増額を申し込んでしまうと「この人はお金に困っているのではないか」、「もしかしたら返済ができなくなるのではないか」という不信感を業者に与える原因になることもありますから、なるべくは自然に信用が高くなっていくのを待ったほうが良いでしょう。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2021 【生活支援!】人気の消費者金融徹底比較サイトはココっ! All Rights Reserved.