楽天銀行カードローンと消費者金融違いは?

キャッシングベスト3

楽天銀行カードローンと消費者金融の違いについて教えてください

銀行か消費者金融かによって、関わる法律が違います

楽天銀行カードローンは、ご覧のとおり銀行のカードローンです。銀行法に則り作られています。そのメリットは専業主婦でもカードローンを利用できる可能性が高いことです。すべての銀行カードローンが専業主婦に融資するわけではありませんが、楽天銀行の場合は専業主婦の場合に利用限度額50万円まで融資が可能としています。楽天銀行カードローンはその他にも、限度額300万円までの申し込みは収入証明書の提出が原則不要というのが大きなメリットです。

また、楽天銀行カードローンはほとんどのコンビニエンスストアのATMが利用でき、手数料も無料です。これも楽天銀行の特徴的な部分ですね。他にも楽天銀行カードローンは専用ページから入ると楽天ポイントがプレゼント付与されます。この楽天ポイントは利用残高に応じてポイント加算され、楽天市場などでのショッピングに利用ができます。楽天市場をご利用になっている方は多いですから便利なサービスと言えるでしょう。消費者金融ではなかなかないサービスです。

消費者金融は、総量規制という法律があって、年収の1/3を超える貸金が禁止されています。残念ながら、専業主婦には夫から渡されるお金はあってもお給料という社会的な形での収入がないために、消費者金融は専業主婦にお金を貸してくれません。また、金利も銀行の方が低めに抑えられる可能性が高いです。またおまとめローンの商品もありおまとめローンともなると普通は金利が高くなりますが、その金利も抑え目です。では、消費者金融はメリットがないのか、というとそうではありません。

銀行カードローンにない消費者金融の良さは、まずは審査の速さです。即日融資を受けられる場合が多くあります。銀行カードローンも審査をスピーディにできるところが増えていますが数日かかってしまうケースもありますし、消費者金融の方が審査スピードは勝っているように見受けられます。対象年齢も消費者金融の方は年齢が高いので、アルバイトやパートなど年金以外の安定した収入がある場合は利用がしやすいですね。(こちらもご参考に→年金受給者でも利用できる消費者金融は?

まとめると楽天銀行カードローンは銀行カードローン、消費者金融とは性格が違う、ということです。銀行カードローンの中には、専業主婦でも融資を受けられるカードローンもあります。楽天銀行カードローンは専業主婦でも融資を受けることができます。

また、楽天銀行カードローンは限度額300万までの申し込みなら、収入証明書の提出が原則不要ということです。消費者金融のカードローンは年収の1/3を超える金額の融資が受けられません。総量規制という法律があります。銀行は銀行法があります。消費者金融カードローンは働いていて安定した収入がないと、融資を受けることはできませんが、審査がスピーディで即日融資を受けられる場合も多いです。

お金に困ったら消費者金融と楽天銀行を検討してみよう

現金に関する問題を抱えている人が多いです。そのため、若い世代の人を中心としてキャッシングサービスを利用する人が増えてきています。上司から急に飲み会に誘われたけど手持ちがない、子供の養育費が必要、翌月までの生活費が足りないといった多くの状況が考えられます。現金に関して問題を抱えている場合には、現金の調達方法を知っておくと便利です。企業と正式に契約をすることによって、安心して金銭的なやりとりをすることができます。

はじめてキャッシングサービスを利用する場合には、最低限の知識を身につけていると便利です。企業の選び方は重要なので覚えておきましょう。企業には銀行系や消費者金融系があります。消費者金融の場合には、テレビコマーシャルを頻繁に行っている大手企業があります。(こちらもご参考に→消費者金融会社のおすすめ記事)全国的にも認知度が高く、利用者数も多いです。大手企業を利用するなら、はじめてのひとでも安心して借り入れができるでしょう。銀行系には、楽天銀行のような有名な会社があります。こちらも、全国的に認知度が高いので利用がしやすいです。

消費者金融の特徴は、審査スピードが速いことです。無人契約機で申し込みをする場合には、個人情報と必要な書類の提出が必要になります。情報と書類から申込者に返済能力があるかを企業が判断します。変災能力があると判断されれば、その場でカードが発行され、専用のATMやコンビニのATMで現金を引き出すことができます。借入限度額の範囲内であれば、何度でも融資と返済が可能です。

楽天銀行の場合には、金利が低く、借入限度額が多く設定される可能性が高いです。新規申し込みはインターネットを主流としています。返済能力があると判断されれば、郵送にてカードが送られてきます。郵送なので、カードが手元に届くまでには若干の時間がかかると覚えておきましょう。利用状況をインターネットから閲覧することができるので、借り入れの管理がしやすいです。どちらを利用するかは、申込者の状況によるでしょう。

【参考ページはこちら】
消費者金融と銀行の提携で何が変わった?

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2021 【生活支援!】人気の消費者金融徹底比較サイトはココっ! All Rights Reserved.