消費者金融の利用はブラックリストに載る?

キャッシングベスト3

質問があります。友人に、「消費者金融でお金を借りたいと思っている」と言ったら、「そんな事をしたらブラックリストに載っちゃうよ」「消費者金融で借りた人の名簿が業者の間に出回っていて次々勧誘されるらしいよ」と言われました。

今まで「ブラックリスト」って都市伝説だと思っていたのですが、本当に存在するのですか?そして消費者金融で借りた人の名簿なんてあるのでしょうか?それに、そんな名簿が出回っているとしたら金融業界は個人情報の保護がされていないということですか?教えて下さい。

「ブラックリスト」ではないが、消費者金融利用者の名簿は実在

こんにちは。ご友人のお話には、真実の部分と誤解されている部分があります。まず、金融業者の間に「ブラックリスト」という名前の名簿はありません。ただ、申込み・貸付・返済などの状況が記録されたものは存在します。これを「信用情報」といい、専門の機関で管理されています。
(⇒ブラックでも審査に通る中堅消費者金融は安全?

信用情報を管理する機関には、消費者金融、銀行、信販会社の3つの系統があり、3つの機関の間でも情報交換が行われています。各業者は必要に応じて信用情報を確認できるので、「消費者金融で借りた人の名簿が業者の間に出回っている」というのは全く間違いではありません。ただ、これは勧誘のためではなく、申込みがあった時にその人の借入れ総額や返済の情報などを確認して審査に役立てるためです。

この信用情報は業者側が勝手に作成しているのではなく「貸金業法」などの法律に従って作られています。貸金業法には他に「総量規制」という決まりがあります。これは、年収の3分の1を超える新たな貸付をしてはいけないというものです。借りられる額に上限を設け、今借りている額が他の業者に伝わることで、借り過ぎをなくして消費者を保護することにつながります。

「自分の情報がそんな風に扱われるなんて聞いていない」という方も多いかと思いますが、実は、お金を借りる時の書類には「信用情報に登録する事を承認する」といった注意書きがある場合が多いです。

ところで、ブラックリストとは本当にただの都市伝説なのでしょうか?冒頭で「ブラックリストという名簿は存在しないが、信用情報が登録されたものは実在する」とを書きました。信用情報には返済の記録も残ります。返済が送れる事を「延滞」といい、たびたび繰り返したり期間が長かったりすると問題になります。

信用情報には、そのような悪質な延滞や、返済不能になった時の債務整理や自己破産などの金融事故も記録されます。信用情報に金融事故が記録された情報の事を俗に「ブラックリストに載った」と表現します。金融事故の記録は5~10年残るので、その間は新しい審査に通りにくくなります。

自分の信用情報が気になるという方は、登録内容の開示を求める事ができます。これを「本人開示」「情報開示」などと呼びます。各機関で方法が違うのでホームページなどで確認してください。手数料は1000円程度、期間は1週間程度です。

ご友人の話を真実に基づき整理すると、「消費者金融でお金を借りると信用情報を集めた名簿に登録され、次の貸付の判断材料にされる。金融事故を起こすと記録され、その状態をブラックリストに載ったと表現することがある。」ということになります。

ちなみに正規の業者ではなく「ヤミ金」といわれる業者間では利用者の名簿が出回っている可能性があるので、そのような所とは関わらないようにしましょう。

消費者金融は「返済は何とかなるだろう」といった無計画な利用すると大変なことになるので、しっかり将来を見据えて利用していきましょう。

【参考ページはこちら】
ブラックな消費者金融業者はどのくらいある?

ブラックでも利用可能な消費者金融について

消費者金融は多くの場合、銀行や信用金庫と比べて審査が格段にゆるく、事実ブラックであっても利用できる消費者金融は数多く存在します。ブラックとは金融業界では信用情報機関の事故情報に登録されている人のことを指す言葉です。信用情報機関とは日本に現在3種類存在しており、例えばキャッシングを行い返済を3ヶ月以上遅れてしまった場合などには何れかの業者の事故情報に登録されてしまいます。

信用情報機関は複数存在しているものの、全ての業者で情報を共有しています。キャッシング業者では審査の際に必ずこの事故情報を参照し、審査基準にしています。ブラックとひと言でいっても登録されるのは多くの理由があり、返済期日を守らない「延滞」が理由で登録されるのは最も軽い理由だといえます。

この延滞で事故情報に登録されている人の場合は非常に多くの金融機関で借り入れを問題なく行うことができますが、他にも債務整理や自己破産等で事故情報に登録されてしまうこともあり、こちらの理由だとたとえ審査の緩い消費者金融であっても審査に通る確立が格段に下がってしまいます。

消費者金融は全体的に審査が緩いものですが、中でもCMなどで宣伝している大手企業ではなく、中堅程度の貸金業者がより審査が緩くてブラックの方にはお勧めです。理由としては軽い「延滞」であっても誰もが聞いたことのある大手企業での審査ではおちてしまうことも多々あります。尚、自分が事故情報に登録されているかどうかが分かっていない人も大勢いますが、信用情報機関に問い合わせることで教えてもらうことができます。

特に安定した収入があるにも関わらずキャッシングやクレジットカードの発行におちてしまう場合は事故情報が原因であることが多いです。基本的に郵送か来社、インターネット確認の3通りの方法で確認することができます。ただし、プライバシーに密接に関わってくる情報なので本人確認はとても厳重に行われ、やや手間がかかります。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2021 【生活支援!】人気の消費者金融徹底比較サイトはココっ! All Rights Reserved.