在籍確認用の電話番号は悪用されないのか?

キャッシングベスト3

消費者金融のことで質問です。申し込みの時に、勤務先と電話番号を聞かれますよね?自宅の住所や電話番号はわかるのですが、なぜ職場の電話番号が必要なのでしょう?後から在籍確認の電話を入れると言われましたが、それって必要ですか?本人確認の為に健康保険証を見せれば、そこに勤めている事は確認できると思います。

それに職場の電話を教えて悪用されたら困ります。もちろん、お金を借りたらきちんと返すつもりでいますが、返済が遅れた時に、映画みたいに脅しの電話がかかってきたらと思うとゾッとします。それと、世の中にはお金を借りた人のリストがあると聞いたので、それが出回って勧誘が来ても嫌だし。在籍確認用の電話が必要な訳を教えて下さい。

お金の貸し借りには複数チェックが必須、「在籍確認」もその1つ

映画などの消費者金融は過激に表現されているので、借りるのが心配だという方がいます。確かに、過去「サラ金」や「街金」と呼ばれた時代には困った対応をする業者もいました。今、消費者金融は届け出をして法律を守って紳士的に営業しています。
(⇒消費者金融会社のおすすめ情報

ただ、中には闇金という、無届けで営業している違法な所もあるので、そのような所には絶対に関わらないでください。心配ならば、テレビで見かける大手の消費者金融や、銀行の系列の所を選びましょう。

質問にあった在籍確認は、消費者金融の契約手続きと同じタイミングで行われる事が多いです。職場に電話が入る事に抵抗がある方がいますが、消費者金融の名前は名乗らず、個人名で掛けてきます。申込んだ本人が席をはずしていても、そこに勤務している事がわかれば大丈夫です。

仮に在籍確認をしないで貸付をしたら、勤務先を偽って申込み、収入がないのに契約が出来てしまう可能性があります。収入がない人が借入れをしたら、返せなくなる確率が高くなります。消費者金融は、貸したお金が返ってこない事が一番困るのです。

質問者さんは健康保険証を見れば勤務先が確認できるはずだと書かれていました。確かに一部の健康保険証には勤務先が書かれています。ただ、健康保険証には写真がついていないので、紛失や盗難にあった場合、赤の他人に使われる危険があります。そのような事を避けるために、二重三重のチェックが行われているのです。

次に、在籍確認の電話が悪用されないのか?という件です。質問にある悪用の1つ目は、「脅すような態度での取り立てはないのか?」という点でした。消費者金融のルールには取り立てに関する項目もあり、通常の延滞程度では、そのような態度で連絡する事はないはずです。ただ、返済が遅れたまま放置した場合などは、自宅や職場に連絡が入る、態度が硬化するなどの可能性はあります。

もう1つ、お金を借りたリストが出回ったらという点です。そのようなリストは実際に存在します。これは、悪徳業者が裏取引をするためではなく、貸金業法に信用情報の登録が定められているからです。消費者金融や銀行のカードローンの申込み・借入れ・返済は全て記録されています。新しい申込みを受けた金融会社は、その記録を照合して、現在の借入額を確認、審査の可否を決めるのです。ただ、この記録も好き勝手に見られるものではなく、必要な時だけ利用する取り決めになっています。

在籍確認の必要性と安全に対する取り組みはわかっていただけたでしょうか。ちなみに、いくつかの業者では、指定の銀行口座がある人には在籍確認を省略、インターネットだけで手続きが完了するプランが有ります。どうしても在籍確認が嫌という場合はそのような所を考えてみてはどうでしょうか。

消費者金融の在籍確認は悪用防止のために行われる

消費者金融に関わらず銀行や信用金庫などを含めてほぼ全てのキャッシング業者では審査の際に在籍確認が行われます。これはキャッシング業者の審査で最も重要視されることが安定した収入があるか否かという点であり、このため、安定した収入がないにもかかわらず安定した収入があるように見せかけるために勤め先を虚位申告する等の悪用を防ぐために行われています。在籍確認で多くの人が心配なのが勤め先の同僚や上司にキャッシングの利用がバレないかという点です。

最近ではサラリーマンのみならず主婦や学生など非常に多様な人たちが借り入れを行っているキャッシング業者ですがまだまだ一般的にはマイナスイメージがついており、誰でもキャッシング業者からお金を借り入れするなど勤務先の人たちに知られたくないものです。(こちらもご参考に→消費者金融を利用しやすい職業)しかし実際に勤務先への電話でキャッシングの利用が知られることはほとんどありません。貸金業者の人たちも申込者は大事なお客様なので不必要な負担などかけることはありません。

単に虚位申告していないという事実が取れるだけでいいのです。そもそも貸金業法という貸し金に関わる法律で契約者以外の第3者に契約の事実を知らせてはならないという決まりがあります。多くの場合担当者の個人名、もしくは提携している銀行名などが名乗られます。ごく稀に電話口に出た同僚などが「どちらの○○様でしょう?」などと所属を聞く場合もありますが、大抵の場合個人的に知り合いであると受け答えされます。

申請した本人が電話口に出る必要もなく、本人がいない場合においても「○○は今外出中です」等の返答がもらえた時点で申請した人がその会社で働いていることは確認できたので在籍確認は完了します。また、中には勤務先への電話をキャッシング利用者の都合のいい時間帯に申請することができる業者も存在します。

ただしどうしても勤務先へ電話をかけてほしくない場合には代替措置をとることで免除してもらえる場合もあります。例えば社員証の提示、間近の給与明細などの提示などが代替措置として存在します。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2021 【生活支援!】人気の消費者金融徹底比較サイトはココっ! All Rights Reserved.