消費者金融「トラスティ」の移転先はどこ?

キャッシングベスト3

すみません、相談にのって下さい。過去に「トラスティ」という消費者金融を利用した事が有ります。もう完済していて、借りた事も忘れかけていました。最近、テレビで「払いすぎた利息が取り戻せる」といったコマーシャルをやっていますよね?あれを見て、自分にも取り戻せる分があるのかな?と思って連絡しようと思いました。でも以前使っていた電話は通じませんし、移転先もわかりません。インターネットで検索してみても、あまり有用な情報が見つかりません。

「トラスティ」という会社はどこに移転したのでしょうか?それとも会社自体が無くなったということなのでしょうか?また、「利息が取り戻せる」って、どういう事なのかも教えて下さい。

トラスティに利息(過払い金)請求するのは、現実ではかなり困難

ご相談ありがとうございます。消費者金融「トラスティ」は何度か名前を変えて営業していましたが、現在は所在地が不明で、営業の実体もないようです。登録貸金業者のデータベースにも名前はありません。払いすぎた利息のことを「過払い金」というのですが、その過払い金の請求を手伝っている法律事務所などでも、対応が難しいようです。

「過払い金」という言葉が出てきたので簡単に説明しておきます。日本には金銭の貸し借りに関する法律がいくつかあります。問題になっているのは、そのうちの「利息制限法」と「出資法」です。本来、消費者金融や信販会社は、利息制限法で定められた利息までしか請求する事が出来ません。この法律では、貸付額が10万円未満なら利息が20%、10万円以上100万円未満なら18%、100万円以上なら15%となっています。

ところが、これを超える金利の請求を続けてきた業者が沢山ありました。なぜかというと、出資法で定めた29.2%という利息を超えなければ、処罰の対象にならなかったからです。この「利息制限法より高く、出資法の29.2%まで」の範囲をグレーゾーン金利といいます。(それ以上の金利は明らかに違法となります。)

2010年に貸金業法が完全施行され、20%を超える金利は刑事罰の対象、利息制限法を超える金利は行政処分の対象となりました。また、返済中の人は支払額の見直しが行われ、過去にグレーゾーン金利を払っていた人が過払い請求を行うようになりました。

過払い金の請求は、個人でもできますが、法律事務所に依頼する人が多いです。請求額の計算には取引の履歴が必要になります。簡単には返還してくれない業者もあるので訴訟になるケースもあります。法律事務所に頼めばそれらを代行してくれますが、費用がかかります。取り戻せる金額が少ないのに費用を掛けるかどうかはその人の判断です。ただ、相談は無料の所も有りますし、取引履歴から返還額を計算できるホームページもあるので利用するのも1つの方法です。

注意したいのは過払い金には時効があることで、10年を超えると請求が出来なくなります。また、貸金業者が倒産すると過払い金は返ってこなくなります。

もう1つ、過払い金請求に関する噂で、「過払い金を請求するとブラックリスト(信用情報)に載ってしまう」というものがありますが、過払い金の請求は金融事故ではなく正当な権利なので、信用情報に登録される事はありません。万が一登録されていたら削除を求める事が出来ます。

話を「トラスティ」の件に戻します。先ほども出てきたように、過払い金の請求には時効があります。また、トラスティという会社に支払い能力は期待できません。現在の状況では、過払い金の請求は難しいという事になります。ご期待に添えなくて申し訳ありません。

【参考ページはこちら】
消費者金融のおすすめQ&A

消費者金融トラスティって今もあるんですか?

貸金業改正後、特に消費者金融の数は減り続けています。今でも多くの人が利用しているにもかかわらず、中小を中心に貸し付けを停止し返済のみを続けていたり、会社そのものが廃業になったりと形はそれぞれですが、消えていく消費者金融は多いのが現状です。
(⇒消費者金融会社についてもっと詳しく

いきなりこれまで利用していた金融会社がある日突然なくなってしまったら、借金も無しになるのかというと必ずしもそうではありません。何もせずに廃業してくれれば確かに借金は返済する必要もなくなりますが、その点は貸金業者もしっかりしており、ちゃんと別の会社に債権を譲渡する場合がほとんどです。ですので、借金の返済は続いていきます。

取引の金融会社からはきちんと譲渡の通達が来るのが普通ですので、必ず目を通しておきます。新しい返済すべき金融会社から、それまでとは違う返済方法を提示されることもありますので、十分に注意します。ですのでいきなり何の連絡もないままに、新たな返済が始まるということはありません。

以前は4万近くまであった金融会社ですが現在ははっきりした数字ではありませんが、20分の1までに減っているといわれています。ですので、今取引を行っている金融会社に同じようなことが起こっても驚くことではないのです。たとえば消費者金融のトラスティーもそうした金融会社のひとつで、知らないうちに姿を消し、現在は所在さえも分からない状態になっています。

この場合困るのは過払い請求もできないということです。多くの金融会社が黙って廃業してしまったり、名前を変えたりする理由の多くは過払いから逃げるためだといわれています。まったく所在不明では残念ですが過払い請求はできません。過払いの時効は10年ですので、できるだけ早く手続きをといわれますが、相手が廃業してしまう可能性もあるため急ぐ必要があるのです。

また過払いにこぎつけたとしてもその途中で姿を消してしまうこともあり得ます。常に今借りている消費者金融に目を光らせ、惰性で借り続けることだけは避けるようにしましょう。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2021 【生活支援!】人気の消費者金融徹底比較サイトはココっ! All Rights Reserved.