消費者金融ブラック保証人なしは無理なの?

キャッシングベスト3

消費者金融ブラックになってしまっています。こうなると保証人がないと大手の消費者金融業者の利用は無理だと言われました。実際はどうなっているのでしょうか。また、他に利用できるところはありませんか?

有名大手の消費者金融は無理でも、中堅中小の業者は利用可能です

消費者金融業者が提供しているキャッシングは銀行等が提供しているローンとは異なります。消費者金融業とは、個人向けの無担保・無保証人での少額キャッシング・ローンを提供する事業のことです。ですからキャッシングを申込む際に担保や保証人を要求することはないはずです。基本的には一定額のキャッシングを利用して、その後返済を分割で行うという信用による金銭貸借契約を結ぶことになります。

金融ブラックということの意味は深刻です。金融ブラックという言葉は流通しているのですがブラックというリストが存在しているわけではないからです。キャッシング・ローンを利用するとその利用状況が個人信用情報機関に記録されることになっています。そして利用の仕方に問題が発生した場合、例えば支払い遅延、あるいは支払の延滞もその個人信用情報として記録されるのです。さらに債務整理等の手続きもそこに記録されます。

ですから、消費者金融のキャッシング利用等に問題が生じた場合は、その情報は個人信用情報機関の記録を照会する申込み審査の際に明らかになるわけです。この照会によってキャッシング利用に適当ではない記録が参照される状態を金融ブラックと呼んでいるに過ぎません。このことの意味は、つまりキャッシングに応じてはならないではなく、キャッシングに応じるのにはリスクが高いということになるのです。

このようなことから消費者金融ブラックと呼ばれる人たちに対する対応は各社で様々に変化することになります。有名大手の消費者金融業者などの場合はほぼ同じような判断基準を持っているとされています。つまり一社で断られる状態であれば、他の大手消費者金融業者でも同様に審査に落ちてしまうのは当然だと言えます。それはこれらの業者は出来る限り同じ基準でサービスを提供しようという意図が強いからです。

それに対して日本全国で地元に密着して営業している中堅・中小の消費者金融業者たちも数多くあり、その中には優良な消費者金融も決して少なくありません。彼らは大手の消費者金融業者とは異なった視点でキャッシングサービスの提供を捉えているのです。つまりより保守的なサービス提供を堅実に展開するという考え方です。ですから、審査の基準も業者毎に大きく異なっているということになります。

基本的に中堅や中小の消費者金融業者が提供しているキャッシングはフリーローンタイプのキャッシングになります。ですから、申込みに際して利用希望金額を申し入れることになり、その金額分の審査を受けるのです。ということはできるだけ小さい金額の方が審査には通りやすいということが直接反映されることになるでしょうし、対面審査が主流ですから、相談することで交渉が中心になると言えるでしょう。

有名大手の消費者金融業者の利用が難しいといった状況でも、このような中堅・中小の消費者金融業者の利用は十分に可能なのです。それはカードローン等の商品では消費者金融業者が無期限のリスクを取ることになるのに対して、中堅・中小の業者が提供しているフリーローンタイプのキャッシングでは、キャッシングの度ごと独立したリスクに制限されるという違いに大きく依存するからです。

【参考ページはこちら】
愛知県にはブラック対応消費者金融ある?

消費者金融ブラック保証人なしでも利用できるか

消費者金融ブラック保証人なしであっても問題なく借り入れを行うことができます。そもそも消費者金融は銀行や信用金庫とは違い、小口の融資を目的とした金融機関なのでそもそも保証人が必要になることはなく、担保すら必要ありません。銀行系のキャッシングと違い、金利はやや高いものの、小口の融資を短期間で返済するのに秀でており、他にも審査が非常に簡単な点や審査結果がわかり融資までの期間が短いのも消費者金融の大きな特徴です。

ブラックとは金融業界では主に信用情報機関の事故情報に登録されている人のことを指し、要は信用に傷がついている人のことです。ブラック入りするにはさまざまな理由がありますが、最も多い理由は「延滞」です。
(⇒ブラックでも審査に通るキャッシングは安全?

例えばキャッシングを利用した際に期日までに返済することができず、そのまま3ヶ月以上滞納してしまった場合に延滞が理由で事故情報に登録されてしまいます。消費者金融に限らず、キャッシングやローンを利用する際には必ずこの事故情報は参照され、審査結果に影響を及ぼします。

現在日本には3種類の信用情報機関が存在しますが、それぞれ情報の共有を行っているため、どれか一つの信用情報機関の事故情報に登録されていると必ず知られてしまいます。ただし、消費者金融はやはり審査がやさしいため、ブラックであっても借りられる貸金業者は豊富に存在しています。得に延滞で事故情報に記録されている場合は最も軽微な理由としてより多くの消費者金融での審査を通過することができます。

ただし事故情報に登録される理由は他にも例えば債務整理や自己破産などがあり、こちらの場合は審査に通る確立が格段に下がってしまいます。審査に通りづらい場合には誰もが知るような大手の消費者金融ではなくより審査に通りやすい中堅程度の消費者金融の利用がお勧めです。

ただし、小規模な消費者金融の場合はサービスが悪かったり金利が高いなど、不都合を感じる場合が稀にあり、最悪の場合ヤミ金などに引っかかってしまうことも考えられます。利用する消費者金融は事前にネット上で入念に口コミ情報を調べるなどして悪徳業者に引っかからないようにすることが大切です。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2021 【生活支援!】人気の消費者金融徹底比較サイトはココっ! All Rights Reserved.