消費者金融の限度額は原則年収で決まる

キャッシングベスト3

今年20歳になった日雇いフリーターの男性です。成人になったので今度機会があれば消費者金融でお金を借りてみようと考えています。

ところで借りられる金額ってもちろん限度がありますよね?で、自分の場合の消費者金融の限度額は?…いくらぐらいになるのでしょうか?

消費者金融の限度額は原則年収で決まる

わかりました。あなたの質問に答えましょう。まず消費者金融の限度額と言う場合には、“2つの限度額”があると言うことなのです。ひとつは各々の消費者金融のHPに載っている融資額の上限が限度額となります。

たとえば、某大手消費者金融の場合は、融資の限度額が500万円までとなっています。つまり、この消費者金融では最大で500万円までお金が借りられると言うことなのです。

しかしながら、誰でも500万円までお金を借りられる訳ではありません。500万円まで目一杯借りるためにはかなり高いハードルをクリアする必要があり、実際のところは消費者金融の融資の限度額まで借りられる人はまずいないと言って良いと思いますよ。

つまり、この限度額は、あくまでもお金を借りられる上限の目安と考えていただければ良いと思います。

一方、限度額には“利用限度額”と言うものがあります。利用限度額は、実際に利用者がお金を借りられる限度額となります。それゆえ、申込者各人によって、この限度額は異なります。

それでは「消費者金融の限度額は?」についてお話ししますね。消費者金融の利用限度額は、原則として申込者の年収を基にして決められると考えてください。そして、消費者金融は総量規制の対象となるので、申込者の収入の3分の1までしか融資してくれません。

つまり、年収が高ければ高いほど利用できる限度額も大きくなると言うことです。しかしながら、誰でも収入の3分の1までの限度額を借りられる訳ではないのです。

年収に加えて、年令・勤続年数・居住年数・居住形態・勤め先・職業・過去の借入及び返済履歴等の個人属性の審査も加味して限度額を決めるからなんです。

たとえば、年収が600万円あっても過去の借入及び返済履歴に問題があると「返済能力にやや疑問あり…」と見做されて、3分の1となる200万円の限度額よりも低く抑えられてしまうことがあるのです。

他方で、年収は300万円と少ないのですが、過去の借入及び返済履歴等に問題が無く、現在の借入も無ければ3分の1となる100万円の限度額をもらうことは可能なのです。

加えて、年令は若い方が、勤続年数は長い方が、居住年数も長い方が、さらに一流企業の正社員や公務員といった収入と雇用の安定度が高い方が限度額の枠は大きくなると言って良いのです。(こちらもご参考に→公務員は消費者金融の借入で優遇される?

一方で、アルバイトやパートの場合は、年収の3分の1まで限度額をもらうことは難しいと言えます。さらに新規申し込みの際の限度額も低めに抑えられてしまう傾向があると思われます。

とまれ、いかなる条件であっても消費者金融でいきなり限度額が年収の3分の1となることは極めて稀なケースと言って良いでしょう。借入と返済の実績をきちんと積んでいけば、最終的に限度額が収入の3分の1になると考えてください。

【参考ページはこちら】
消費者金融を利用しやすい職業とは?

審査が緩くて誰でも借りやすい消費者金融の限度額は?

消費者金融からお金を借りる最大のメリットは、審査が緩くすぐに借りられることです。即日審査や即日融資を謳っている金融機関も多く、緊急事態にもスムーズに対応することが出来ます。銀行は審査は厳しいですが、金利が低くなっているのでステータスに自信があるのであれば銀行から借りることが大切です。その代わり審査に時間がかかることがあります。

消費者金融は誰でも審査に通りやすいというイメージから、多くの人が利用していますが、金利が銀行に比べると高いので多額の借入には向いていません。そんな消費者金融の限度額は?というと年収の3分の1まで借り入れが可能です。貸金業法では年収の3分の1までしか貸付けてはいけないとされているので、どれだけ良い年収を誇っていたとしてもこれを越える金額を借入することは出来ません。

そして、初めからその制限一杯で貸し付けることは消費者金融はしてくれません。これはどの金融機関にも言えることであり、その金額を貸し付けてもしっかり返済されるとは限りません。金融機関にとっては利息を付けているとは言え担保も取らずにお金を貸しているので、返済されないようなことがあれば大きな損害になります。

年収300万円であっても100万円であるので、それ以上の年収であれば更に損失は大きくなります。そういった事態を未然に防ぐためにも初回の利用限度額は少額に設定されています。年収によって上下しますが、年収300万円であれば20万円程度に設定されています。ただし、これは一時的であり完済を繰り返せば利用限度額の引き上げの案内が送られてきます。

自分から引き上げ申請をすることも可能ですが、その際には審査を受けることになるので、審査に落ちて信用情報に傷を付けない為にも出来るだけ提案されるまで待つことが大切です。年収の3分の1の目一杯まで借りるにはそれなりに時間がかかるので、それだけ借りられる事は想定せずに返済出来る現実的な金額で計算することが大切です。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2021 【生活支援!】人気の消費者金融徹底比較サイトはココっ! All Rights Reserved.