三井住友と提携中の消費者金融利用時の利点

キャッシングベスト3

急にお金を用意しなければならなくなり、消費者金融からお金を借りる予定です。しかしどの消費者金融を選べばわからず、とにかく有名所を調べてみました。その時、三井住友銀行と提携している消費者金融をいくつか見つけました。

銀行と消費者金融が提携しているという事実にちょっと驚いたのですが、ここから融資をしてもらえるよう審査の申請をしてみようと思います。そこでお聞きしたいのですが、三井住友銀行と提携している消費者金融を利用する時のメリットは何かあるのでしょうか?

三井住友銀行の口座所持者はより早く融資を受け取れます

まず、大手の銀行と提携した消費者金融を利用する時の一般的なメリットから説明するわ。それは、利用者の多様な要望にも応えてくれるというところよ。消費者金融は三井住友銀行のような大手と提携すると、銀行側から多大な援助をしてもらえるようになるから財政が豊かになるの。そうして資金が増えることで消費者金融特有のシステムを維持できるようになるから、基盤を安定させることがより可能になっているのよ。
(⇒プロミスを利用したい方におすすめ記事

その安定した基盤があるおかげで、消費者金融は利用者へのサービスにさらに力を入れることができるってわけ。だから利用者の声にちゃんと反応してくれるの。たとえば、借入サービスの種類がとても豊富になっているのよ。

借入したお金も人によって用途は違ってくるでしょう?細分化することでより手続きを簡潔にして、借りやすくしているということなの。それに終始対応が丁寧よ。初めて借入をしようと思っている人には、銀行と提携している消費者金融は利用しやすい所と言えるわ。

そして、その大手の銀行が三井住友銀行であった場合のメリットについて。この最大の利点は、三井住友銀行の口座を持っている人は、より早く融資を受け取ることができるようになっているということよ。利用者の受取口座が三井住友銀行ではない場合は、土日や祝日に融資を受け取ることができないわ。

つまり休日に申し込んでも、融資を受けられるのは結局翌営業日以降になってしまうというわけなの。当日中に振り込んでくれる条件は、平日の日中までに消費者金融側が受付を完了した時だけ。

だから日中仕事で忙しい人が当日中に借りるのは難しいの。それに、土日に借りたい人や急いでいる人にはちょっと厳しい条件になっているわ。でも受取口座が三井住友銀行の場合は、受付を完了してからわずか10数秒で口座に融資を振り込みをしてくれるの。融資の受付は24時間いつでも対応しているし、しかもこれは土日祝日であっても変わらないわ。同銀行の口座を持っている人は、そうでない人よりも融資のスピードが優遇されているということなの。

三井住友銀行の口座をすでに持っているようなら、こういった消費者金融に審査を申し込んでみるといいと思うわ。さきほども言った通り融資がとても迅速だから、あなたのように急いでいる人に向いているの。もし持っていない場合は、今後利用する可能性を考えるた時、早く融資を受けられるようにするためにもあらかじめ銀行口座を作っておいて損はないでしょう。

【参考ページはこちら】
プロミスは優良企業じゃないの?

三井住友銀行が提携している消費者金融について

銀行がカードローンのサービスを提供するときには消費者金融と提携するケースが多いです。三井住友銀行の場合、カードローンに関してはSMBCコンシューマーファイナンスと提携をしています。SMBCコンシューマーファイナンスは、名前からも分かるように三井住友銀行のグループです。プロミスとして営業していますから、プロミスといったほうが分かりやすい人も多いのではないでしょうか。
(⇒プロミスの審査は厳しい?

提携していると言うことですが、具体的には保証業務をSMBCコンシューマーファイナンスに任せています。借り入れをした人が、もしも返済できなくなってしまうと、SMBCコンシューマーファイナンスが代わりに返済をします。こうすることによって三井住友銀行は貸したお金を返してもらう事ができないというリスクを抑える事ができます。その代わりにSMBCコンシューマーファイナンスは保証料を得られます。

実質的にはSMBCコンシューマーファイナンスがサービスのノウハウを持っていて、三井住友銀行を窓口としてサービスを提供していると考える事もできます。保証業務とは、この人には貸し付けても良いのかどうかを判断するためのものですから、融資においては中心的な役割を果たす部分なのです。ですから、三井住友銀行が支払う保証料はかなり大きな金額になると考えられます。

このようにして提携関係を持っているのですが、それができるのは子会社だからです。プロミスの経営が危うかったときに、増資を行って、銀行に救済されたという経緯があります。その後は100%出資の子会社となっていますから、言ってみれば同じ目的で経営を行っている会社なのです。

このようなケースは多く行われていて、銀行は独自にカードローンのサービスを提供するのではなくて、実質的なノウハウの部分は消費者金融に任せる事によってサービスを提供しています。このようにすることによって、銀行はサービスを簡単に提供できるというメリットがありますし、消費者金融は保証料を得られるというメリットがあるのです。
(⇒三井住友系の消費者金融、どこがおすすめ?

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2021 【生活支援!】人気の消費者金融徹底比較サイトはココっ! All Rights Reserved.