三井住友銀行系消費者金融でどれがお薦め?

キャッシングベスト3

三井住友銀行系消費者金融が数社あるようですね。同じ銀行の提携業者なのでどれも同じようなモノに思えますが、どちらかが得だということになるでしょうか。ざっくりとお得な方がわかる方法を教えて下さい。

利用できるATMが違います。ATM利用手数料を調べて選ぶこと

三井住友銀行系消費者金融業者とは聞き慣れない言葉かも知れません。かつては銀行系カードローンと消費者金融系カードローンという分け方だったのですが、現在では銀行が事行で発行している銀行系カードローン、消費者金融業者と提携して発行している消費者金融系カードローンという分け方ができるようになりました。この状況は銀行が消費者金融業者と業務提携等を組むことで実現されることになったのです。

三井住友銀行系の消費者金融業者と言えば、プロミスとモビットがよく知られています。三井住友銀行自身の発行する三井住友銀行カードローンも入れて分類すると、三井住友銀行カードローンが銀行系カードローン、プロミスとモビットが消費者金融系カードローンということになります。プロミスとモビットは三井住友銀行と提携することで積極的な審査が実現できるようになったと言われています。
(⇒プロミスを利用したい方におすすめ記事

プロミスは、三井住友銀行グループに参加することになって以降、社名をSMBCコンシューマーファイナンスと改称して営業しています。かつての消費者金融業者プロミスは現在カードローンのブランド名になったということなのです。そしてプロミスカードの設定は融資限度額は500万円までで借入利率が4.5%?17.8%になっています。

モビットの方は、創設以来銀行の出資を受けている消費者金融業者として最も古い歴史を持っている業者だということになります。途中、提携する銀行を変遷しつつ現在の三井住友銀行グループということになっていますが、サービス内容と安定性に高い評価がされています。そしてカードローンの内容はというと、限度額1万円?500万円に、貸付利率が4.8%?18.0%ということになっています。

どちらがお薦めなのかということですが、どちらのカードローンも貸付限度額の最高額は500万円と大型のカードローンであり、設定される最高利率は0.2%の違いしかありません。つまり少額利用が消費者金融系カードローンの鉄則であることを考えればどちらを利用しても条件は同じであるということになるでしょう。これは業者としてそれぞれが、ギリギリの設定になっていることに原因があります。

プロミスとモビットとの違いはカードローンのスペックではなく、その他の付加価値で決まることになります。どちらも店舗に出向くことなく契約、キャッシング利用まで可能になっています。一番違ってくるのは使用できるATMという事になっている状況です。モビットでは一部のATMの使用手数料が無料になるキャンペーンを実施しています。それに対してプロミスでは三井住友銀行の提携ATM手数料は無料です。

一方は手数料無料であり、もう一方はキャンペーンで無料ということになっています。これはそれぞれの業者の提携の仕方に違いがあるためだと考えられますが、ATM使用手数料は利用者が負担しなければならない費用ですから、そのまま利息の負担と同じように利用者に負荷を与えます。そして毎回の支払利息と比較すればATMの使用手数料が決して小さくないことがわかると思います。

つまり自分が利用するのが便利なATMでどちらのカードローンに申込めばお得になるかが決定できるはずです。プロミスであれば、三井住友銀行の提携ATMが無料で使用できますが、モビットの方が日本全国で提携している金融機関は多いということになっているのです。(こちらもご参考に→モビットは消費者金融?銀行系?

三井住友銀行系消費者金融を利用する際に注意したいこと

三井住友銀行系消費者金融が好評です。もともと消費者金融として単独でサービスをしてた会社が多いですが、三井住友銀行系グループに加入したこともあり、消費者金融のフットワークの軽さと金融機関の厳密さがうまく合わさってきています。三井住友銀行系消費者金融の特徴としては消費者金融のフットワークを活かした各種ローンサービスにあります。

特にキャッシングサービスは他の消費者金融に比べて利用がし易いと言われています。キャッシングサービスで好評な点は3つあります。1つ目は利用できるATMが多いことです。一般にカードローンなどでの借り入れは提携金融機関のATMを利用することが多いですが、三井住友銀行系消費者金融ではコンビニに設置されているATMを特に重視したサービス展開となっています。

コンビニは上位3社で国内のほとんどをカバーできるのですが、三井住友銀行系消費者金融ではこれらのコンビニのATMではほとんどのATMで利用できるようになっています。また、コンビニが無い地方でも利用できるように郵便局のATMも利用できるので旅行先などでも利用できるので国内ならどこでも利用できる利便性を用意しています。

2つ目は返済方法の多彩さです。返済方法は一般的に一括払い、分割払いが主流ですが、キャッシングサービスではリボルビング払いも重要です。リボルビング払いは予備の財布として利用しやすい環境づくりが行われています。リボルビング払いは毎月定額払いが基本です。分割払いのように複数のローンがあると月の支払いが増えるということもなく、利用限度額まで月の支払額は一定となります。

また、残債が残るのが困るということであれば一部繰り上げ返済にも対応しており、余裕のある月には多めに返済し、余裕が少ない時には決められた金額のみの返済とするということが可能です。三井住友銀行系消費者金融の各種ローンやキャッシングサービスは利用者目線で日々改良が加えられています。

【参考ページはこちら】
プロミスは優良企業?

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2021 【生活支援!】人気の消費者金融徹底比較サイトはココっ! All Rights Reserved.