契約社員でも消費者金融で借りられますよ

キャッシングベスト3

現在、契約社員で働いている35歳の女性です。これまで消費者金融を利用した経験はありません。が、実家の事情で今度消費者金融でお金を借りなければならなくなると思います。

でも「契約社員だと審査に通らない」と聞いたのですが…本当なのでしょうか?と言うのは、「契約社員よりも条件の良い正社員でも審査に落とされる場合がある」とが理由と聞きました。

で、契約社員でも消費者金融でお金は借りられるのでしょうか?教えてください。

契約社員でも消費者金融の利用OKです

わかりました。あなたの質問に答えましょうね。結論から先に言えば、契約社員であっても消費者金融の利用は可能ですよ。だから安心してくださいね。大手消費者金融だけでなく中小消費者金融も含めて消費者金融の審査に通るための最低条件は、継続した一定の安定収入があることなんです。

それゆえ、契約社員でも、またアルバイトやパートの方でも継続した一定の安定収入さえ確保していれば消費者金融の審査に通るのは十分に可能なのです。

つまり、安定収入さえあれば消費者金融の審査では職種や雇用形態は問われないと言って良いのです。

だから契約社員でもなにも臆する事無く堂々と消費者金融に申し込んでくださいね!他方で正社員や公務員と比べて契約社員が不利になってしまう点は正直言って否めません。

たとえば、雇用期間が限定されている点は審査でデメリットになってしまう場合があります。具体的に言えば、契約社員の場合は1社での勤続年数が正社員のそれと比べて必然的に短くなってしまうので勤続年数の評価では不利になってしまいます。

また、「契約がいつ切られてしまうのか…」といった不安要素は、契約社員に常に付き纏う問題であることから雇用の不透明さもやはり審査でマイナスに働いてしまう場合があると言って良いのです。

さらに言えば、消費者金融は総量規制の対象なので収入の3分の1までしか融資してもらえません。正社員の場合は収入の3分の1まで融資してもらえる場合は多いのですが、契約社員の場合では雇用の不安要素があることで正社員の融資枠に比べると低めに抑えられてしまう傾向があると言えるのです。

とは言っても、契約社員であるとの理由だけで審査に申し込めなかったり、審査に落とされるようなことは消費者金融ではありません。また、契約社員でも現在勤務している会社での勤続年数が長いほど審査に有利になります。

加えて、契約社員としての職歴も短いよりも長い方がやはり審査では好意的に受け止められます。つまり、契約社員でも経験が多い人の方が審査で有利になり、消費者金融と信頼を築けば正社員とも遜色ない融資待遇を得ることも可能なんです。

【参考ページはこちら】
派遣社員なら消費者金融で借りられる?

契約社員消費者金融としておすすめの金融業者はプロミスです

日本社会において正規社員の数がどんどんと減っている中で、契約社員として雇用されている人も増加しています。

正規社員の人と比較して契約社員の人の場合では収入の面で少ない傾向があり、生活していく上で必要な資金が足りなくなることもあり得ます。

その場合に必要な資金分のお金を借り入れることができる便利なサービスとして、消費者金融のキャッシングがあります。

消費者金融のキャッシングを使うことによって、簡単な入力事項のみで申し込み手続きを行うことができますし、審査を通過すれば融資を受けられますので資金調達をするための手段として便利と言えます。

契約社員消費者金融としておすすめしたい金融業者には、プロミスがあります。プロミスは三井住友銀行の子会社として消費者金融業務を行っていますので、安心して融資を受けることができるメリットがあります。(こちらもご参考に→三井住友とプロミスの違いは?

プロミスの借り入れ条件には雇用形態による制限はありませんので、正規社員以外の人であっても融資を受けることができます。

職業形態による制限は設けられていませんが、年齢のよる制限は設定されていて満20歳以上から69歳までの人でなければ融資を受けられないですので、注意が必要になります。

プロミスのキャッシングは低金利で行われていますので、毎月の返済計画も立てやすいものとしておすすめできます。

プロミスには初めての利用者向けのサービスとして、無利息サービスが行われています。
ホームページ上からポイントサービスの会員登録を行うことで、30日間の無利息サービスが適用されます。

30日以内に借り入れた金額を返済することができれば、利息分のお金は支払わなくて良いですのでお得に利用することができます。

プロミスの審査はコンピューターによって行われて、申し込み者の属性をスコアリングして利用可能な限度額が決められることになります。

最初は少額の融資からスタートしますが、継続して利用することによって増額申請も可能となっています。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2021 【生活支援!】人気の消費者金融徹底比較サイトはココっ! All Rights Reserved.