モビットは消費者金融。でも銀行系ですか?

キャッシングベスト3

少し資金が足りないという話で、銀行系カードローンを用意しようということになったので、モビットを推したのです。ところが友人からモビットは消費者金融だよと言われてしまいました。でも銀行系ですよね?

モビットは銀行系・消費者金融業者。ローンは銀行系とは違います

2000年、三和銀行、プロミス、アプラスという銀行、消費者金融、信販のタッグ(共同出資)によって設立されたのがモビットの始まりです。プロミスが三井住友銀行の系列になったなどの経緯を経て、SMBC傘下になりました。モビットが審査・信用保証業務を受託しているカードローンを提供して銀行による消費者ローン商品を提供するようになった最先端だったのです。そして現在はカードローンの販売に特化しているのです。

モビットが提供しているカードローンは、極度借入基本契約という契約形態になっています。これは極度額以内であれば、発行されたキャッシングカードを使用して何度でもキャッシングすることができるローンであることを意味します。申込みと審査によって、借入利率と極度額が決定されます。実質年率(借入利率)が4.80%?18.0%、利用限度額(極度額)が1万円?500万円の間から決定されるのです。

モビットの社名には「三井住友銀行グループ」というタイトルが付けられている通りモビットは三井住友銀行系の消費者金融業者です。消費者金融業というのは、銀行とは異なり預金口座を作ることができません。一般利用者から預金を預かって運営するのではなく、独自に資金調達をして利用者にキャッシングを行います。ですから預金口座を持たない銀行だと言うことも可能かも知れません。

言い換えれば消費者金融業者はキャッシング・消費者ローンの専門事業なのです。対して銀行は消費者ローンの専門ではありません。銀行事業はあくまでも預金を運用して経営することが中心になっているのです。このため消費者金融業を規制する法律が貸金業法を中心にしているのに対して、銀行では銀行法という別の法律によって管理されているのです。

ここで、銀行が消費者ローンを提供しようとする場合、いくつかの問題が懸念されることになります。消費者ローン事業が銀行法の適用では厳しすぎるということ、そして銀行自身に消費者ローン事業のノウハウが蓄積できていないということです。つまり銀行としては、資金が十分にあるにも関わらず消費者ローンを販売することができないのです。

それに対して、消費者金融業者は自分で資金調達をしなければならない。消費者金融がもっともアドバンテージを持っていることは、消費者ローン事業のノウハウです。しかし、こちらの場合はノウハウが十分に蓄積されていても、運用する資金に問題があるということになります。だから銀行と効率的な関係を形成したり、独自に担保を確保したりという方法で少しでも資金力を付けたいということなのです。

このような状況から銀行と消費者金融業者との共同事業、提携事業としての銀行系カードローンが生まれたということができます。銀行系カードローンでは保証会社として消費者金融業者が提携することで、消費者金融系カードローンのような提供しやすさを備えることができます。また消費者金融系カードローンとしても銀行からの資金を導入しやすくなり、カードローンのスペックを向上することができるわけです。

このような理由から、モビットは銀行グループに所属している消費者金融業者だということになります。結論的にモビットのカードローンは、消費者金融系カードローンということになります。

【参考ページはこちら】
三井住友と提携中の消費者金融を利用するメリット

モビットは消費者金融の中でも審査の際の柔軟な対応が魅力

一般的にどのような業者から融資を受けるにしても、まず審査を受ける必要があります。
この審査は、融資を受ける側にきちんと返済能力があるのかどうかを見極めるという重要な意味があるものです。ですから、もしも、なんの審査もなしに高額な融資を行うような業者があるとすれば、いわゆるヤミ金と呼ばれるような違法業者である可能性が高いといえます。

このように重要な意味がある審査の基準は、それぞれの業者によってまったく違ってきます。そのため、業者によって審査が厳しい、甘いというような評価が口コミなどで分かれてくるのです。

ここで大切なことは審査が甘いから信用できないというわけではないということです。審査が甘いというのは資金力があるため借りやすい会社であるというだけで、審査自体はきちんと行われています。

そんな借りやすい会社として代表的なのがモビットです。モビットは消費者金融なのでバックには銀行が付いています。そのため、資金力があるので審査にそれほど時間をかけずとも融資を行うことが可能なのです。また同様の理由から、他の業者に比べて低金利での融資も可能としています。

しかし、モビットの魅力はそれだけではありません。モビットは消費者金融の中でも審査の対応が柔軟であることが魅力の会社です。

どういうことかを例に挙げるとすれば、まず固定収入を幅広くとらえているという面があります。

基本的に消費者金融で融資を受ける際には、返済能力の有無を証明するために固定収入があることが融資の最低条件となります。

この固定収入の捉え方は業者によって様々で、正社員でなければいけないと考える業者もあれば、パートやアルバイトなどでも可としてる業者もあります。モビットの場合は、正社員だけではなく、派遣社員や期間工、パート・アルバイトなどでも固定収入があるとみなしてくれるため、幅広い層の方に融資を行うことが出来るのです。
(⇒消費者金融を利用できる職業とは

このようにモビットは様々な面で審査の際の対応が柔軟であることから、借りやすい消費者金融の一つなのです。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2021 【生活支援!】人気の消費者金融徹底比較サイトはココっ! All Rights Reserved.