消費者金融枠内に数えられるのはどんなもの

キャッシングベスト3

よく枠がどのくらいで、其の枠の中であれば消費者金融は好きな様に借りて返済することが出来るっていうのを聞いて「すごい便利だなー」と思っています。ビジネスにも利用できるなら、前払いの交通費なんか借入をして支払ってもいいかなと思うこともあります。

でも思うのが消費者金融枠内というのはどういうものが入るのかがわかりません。元金は入ると思いますが、例えば金利がついたらそれも枠内に入るんでしょうか。あとATMの手数料もありますが、こういうの消費者金融枠内に入ったりするんですか?

消費者金融枠内に入るのは手数料も金利もすべてだ

消費者金融枠ないというのは基本的に全てが中に入ってしまう、というように理解して間違いないので、なんでも中に加えられてしまうと思っておいてください。例えば、おっしゃるような金利というのも金利がつくごとに枠内の元金が増えていきますし、手数料についても同じです。全て枠内に加えられていくので借入金額が10万円だけだと思ったらもっと増えている事になるでしょう。

業者によってはこれらの金利や手数料の金額が違いますから、消費者金融枠内の増え方というのも違ってきます。例えばですが手数料が200円かかるところがあるとします。本来はこれに消費税が付きますが計算を簡単にするために200円とすると、1万円を引き出すたびに10200円が残高に残るわけです。そして1日経てばその残高に対して金利がつくことになるわけです。

手数料については出来る限り少なくしたいのであればまずは手数料無料の業者を探すことでしょう。手数料無料の業者は別に少ないわけではなく、ちゃんと大手の銀行系カードローンもそうですし、存在しています。消費者金融でも専用ATMなら無料というところもありますし、残高を増やしたくない人はこういったところをうまく利用するのがいいでしょう。手数料200円でも5回借入や返済をすれば1000円になるのですから。

また金利についてですが、これは理解されていない人もいますが実は1日毎に金利というのはつくことになっています。ほとんどの消費者金融枠内を見てもらえればわかるのですが、まず1日経つごとに何処かの時点で残高が増えているかと思います。金利計算は年利を日割り計算しているのでこのような形になるのです。

金利も残高を増やしますし手数料も増やします。また返済しなかった時の遅延損害金だって増えることになるのですから、この辺りも気にしながら借り入れをするようにした方がいいでしょうね。

【参考ページはこちら】
消費者金融のおすすめQ&A

総量規制ってなに?消費者金融枠内とはいくらになるの?

現在では消費者金融のキャッシングには法律的な借金の上限額が存在します。

この法律は総量規制と呼ばれるもので、2010年6月の貸金業法大改正によって施行されました。

その内容は消費者金融などの貸金業者に対して、貸付金の上限額を利用者の年収の3分の1までに制限させるように命じたものです。

この法律によって、消費者金融の利用者の立場からみると借金の上限額は年収の3分の1までと決められてしまったわけですが、消費者金融枠内を設けることには一体どのような理由があるのでしょうか。

総量規制ができる前には、消費者金融の利用者に対する過剰なお金の貸付が問題となり、これによって多重債務による借金苦で悩まれる方、最悪の場合には自己破産にまで追い込まれる方というのがたくさんいらっしゃいました。

つまり、お金を借りすぎてしまうことによって起こる弊害はとても大きく、それによって生活がままならなくなってしまtった方がたくさんいたのです。

このようなことを防ぐためにも、消費者金融に対して適正な貸付を命じたのがこの法律の最大の目的なのです。

そもそも消費者金融のキャッシングはとても便利なものであり、正しい利用方法をすればとても役立つ存在でもあるのです。(こちらもご参考に→コツを掴めば消費者金融の審査に通るのも簡単?

審査はとても早いですし、申し込みをしたその日のうちに融資を受けることも可能です。

さらに、申し込みはインターネットで随時受け付けていますし、携帯電話やスマートフォンからでも申し込むことができます。

また、少額の借入であれば契約時に必要な書類も身分証明書のみという商品が多いですし、お金がなくて困ったときには手軽にお金を借りられるので、私たち消費者にとってはとてもありがたいものであることも間違いありません。

ただし、やはり適正な借り入れ金額というのはやはり存在すべきですし、総量規制によってこのような制限を設けられたということは、より安心して消費者金融のキャッシングを利用できるようになったと考えていいでしょう。

もちろん、総量規制があるからといって無計画にお金を借りてもいいということではないので、計画的な利用を心がけることは大切です。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2021 【生活支援!】人気の消費者金融徹底比較サイトはココっ! All Rights Reserved.