即日で消費者金融の審査に通るのは可能?

キャッシングベスト3

こんにちは。至急回答をお願いしたいです。急いでお金が必要です。明日中に消費者金融の審査に通らないと困るのですが、可能でしょうか?会社の選び方、用意する書類や気をつける事があったら教えて下さい。年齢は27歳、会社員で他に借金はありません。

消費者金融で即日融資を希望なら、時間帯に気をつけて申込みを

お急ぎの質問ですね。即日かどうかにかかわらず、消費者金融の審査に通るには条件があります。どこの業者でも条件にあげているのは、年齢は20~65歳で安定した収入があることです。(年齢の上限は業者によって違いがあります。)

また、消費者金融では年収の3分の1を超える新たな貸付は出来ないので、制限額近くまで借りている方は審査に通らない可能性があります。(これを総量規制といいます。)質問者さんの場合、基本的な条件はクリアしているので、即日融資を受けるためのポイントをお話していきます。

ちなみに業者の選び方ですが、大手の業者はシステムもしっかりしていて即日融資が可能な場合が多いので、名前を聞いた事の有る大手の所から選ぶと安心です。

では手続きの流れです。消費者金融の手続きは、申込み、審査、契約、貸付と進みます。契約窓口や自動契約機に足を運ぶ方法も有りますが、インターネットを使う方法もあります。インターネットの申込みは、24時間受け付けており便利です。ただ、受付は24時間でも実際に審査が行われるのは営業時間内なので、営業時間後に申込みをしたら返事は翌日以降になります。

申込みは、氏名・住所などの基本的な情報の他、勤務先や他社からの借入等を記入します。記入内容に不備があると余計な時間がかかるので慎重に確認しましょう。情報を送信したら申込みは完了、業者側が審査に入ります。

業者側は記入された情報の他、申込んだ人の信用情報(他の消費者金融・銀行・クレジットなどの利用状況)を確認し、総合的に審査を行います。審査が終わると、貸付が可能か、いくらまで貸せるかなどの連絡が入ります。(こちらもご参考に→消費者金融からの連絡について

連絡があった条件でよければ契約に進みます。その際に本人確認書類が必要です。運転免許証か健康保険証を用意しましょう。契約額が100万円を超えるような場合は、収入の証明書(源泉徴収票など)が必要になります。

また、それと平行して勤務先に在籍確認の電話が入ります。この電話は本人が不在でも、そこで働いている事がわかればかまいません。「消費者金融からの電話が来るのは困る・・・」という人が多いので、会社名ではなく担当者個人の名前を名乗ってかけてきます。

契約書の記入、必要事項の説明、本人確認と在籍確認が済むと契約が完了し、後日カードが送られてきて借入れが出来ます。急いで借入れをしたい時は、自分の銀行口座に振り込んでもらえます。ただし、即日融資希望の場合は午後2時頃までに契約完了している必要があります。契約完了がそれ以降になると翌日の振込になります。

ここまで、インターネットでの申込み方法を説明してきましたが、インターネットで申込みをして、審査に通ったら契約窓口か自動契約機で契約をする方法もあります。そうすると契約完了後にすぐカードが受け取れ、ATMから借入れをすることができます。必要書類を忘れずに持参しましょう。

お金を借りる時に金利は付きものですが、業者によっては「初めて借りる人は金利がゼロ」などのサービスがあります。条件が合うようなら利用するのも1つの方法です。

また、急いでいると後回しになりがちですが、返済の期日や方法もしっかり確認しておきましょう。ホームページの返済シミュレーションなどを利用するのがお薦めです。

【参考ページはこちら】
消費者金融審査に通らない!何を確認すればいい?

消費者金融審査通らないと不利なことがありますか

消費者金融審査通らないと他のローンの契約に支障がでるのではないかと心配してローンの審査を受けない方が多いようです。これは消費者金融の悪いイメージが残っている方が多いことでもあります。消費者金融は一部の業者が悪徳業者と呼ばれ社会問題になりました。その時のイメージがある方は、消費者金融の審査を受けると他の金融機関のローンが通らなくなると心配されるようです。

しかし、現在の消費者金融では審査の情報が他の会社に漏れることもありませんし、消費者金融を利用したからといって金融機関のローンが通らないということはありません。以前の消費者金融とは違い、各種法律で制限がなされておりますし、消費者金融の多くは金融機関から資本を受け入れたこともあり、社内体制の一新とコンプライアンスの厳守が徹底されています。

消費者金融のローンが悪だというのは昔の話です。現在の消費者金融のローンは金融機関で代理販売するほど安心して利用できるローンとなっています。また、審査についても法的な制限を厳守しながら厳正に行われますので金融機関並に厳正なものとなっています。

法的な制限は総収入の3分の1を超える現金を貸してはならないという制限ですが、金融機関には当てはまらないのですが、各金融機関でも法律に準拠した制限を受けるほど業界一貫で厳正なローンを提供する仕組みを作っています。消費者金融のローンの審査は金融機関と同様に収入と借り入れの状況で審査が行われます。

ただし、消費者金融での審査は職業での選別や年令による選別がなくなってきたこともあり、金融機関よりは通りやすいのは昔と変わらないようです。特に年齢による制限と職業による制限が亡くなった点は好評です。これまでローンが利用しづらいと言われてきたアルバイト・パートや学生、主婦など年収による審査ができるようになってローンが利用できるようになってきています。また、年齢による制限は年金受給者でもローンが利用できるようになったのも大変好評です

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2021 【生活支援!】人気の消費者金融徹底比較サイトはココっ! All Rights Reserved.