消費者金融審査通過しない、何を確認する?

キャッシングベスト3

特に覚えもないのですが、何故か消費者金融のカードローンの申し込みに通りません。電話で問い合わせても理由がわからないのです。何を確認すればよいのでしょうか。

審査に通るために、確認するべき大切なポイントは4つあります

消費者金融でのキャッシングは頼りになってとっても便利なものです。消費者ローンの専門業者による提供なのでいかにもかゆい所に手が届く感じがします。でも消費者金融がどのようなものなのかを知らなかったり、あるいは誤解していたりすると、思うように利用することができなくなり、最悪の場合は詐欺に会ってしまったりなどという悲劇になりかねないのも事実としては、あることなのでした。

消費者金融業は登録事業です。事業をするためには各都道府県知事、あるいは内閣総理大臣による登録を受けることが定められており、その事業内容についてはこと細かく関係法令によって規制を受けています。この規制内容に沿わない業者は違法業者なので消費者金融ではありませんし、もちろん規制を超えたようなキャッシング申込みが通るはずがないということになります。

例えば法律の制限以上のキャッシングの申込みは通らないでしょう。いわゆる総量規制によって年収の3分の1以上のキャッシングを受けることはできません。また50万円以上のキャッシング申込みや、キャッシング利用の残高が100万円を超えるような場合には、慎重審査といって収入証明書の提出が義務づけられているのです。

各消費者金融業者のカードローンの商品詳細を見ると上限額が500万円とか800万円とかになっているので注意が必要なのです。この上限金額が申込み審査に通過できることを意味しません。あくまでも条件を満たすことができれば、そこまでのカードローンを用意できますよという意味なのです。ですから、この上限額を基準にして半分だと審査に通るだろう等と考えて250万円とかを申込むと審査落ちが待っていることになります。

審査落ちの連鎖反応を起こすと通らないということをご存知でしょうか。ある消費者金融業者にキャッシングを申込むと申込み履歴として記録されることになっているのです。他の業者でもその記録を参照することができますので、申込みを連日したりすると、1回落ちた後は自動的に審査に落ちることになります。理由の如何を問わず他社の審査に落ちた記録であって、その履歴はリスクを表現していることになるからです。

このような状況を申込みブラックなどと呼んだりしますが、申込みブラックになるとしばらくどの消費者金融であれ門前払いという状況になってしまいます。ですから複数の業者でキャッシングを申込む場合、その記録が参照できなくなるだけの期間を空けて申込みした方がよいということになります。申込み記録の参照可能期間として1週間?10日程度ということなので、このことを確認してみましょう。

消費者金融に限らずクレジットカードなどの延滞の経歴があると通りません。キャッシング・ローンの利用に関する延滞が影響することは言うまでもないかも知れません。しかし、同様のことがクレジットカードの利用でもあるということは意外に知られていないかもしれないのです。クレジットカードの利用もローンとして同じ情報機関に記録されていると言えば納得して頂けるでしょうか。

意外に多い失敗に申込み内容記入の誤りということがあります。一旦申込みをしてしまうと自分がどのような記入をしているか確認する術がありません。しかし、何かの間違いは必ずあると思った方が良いでしょう。フリガナを間違えたとか、住所の記入が不正確であったなども含むのです。何故ならこの種類のミスで、データベースの検索はできなくなってしまうからです。

【参考ページはこちら】
消費者金融はブラックでも使えるの?

消費者金融審査通過しない方はぜひ参考に!

いま、キャッシングを行う方が増えています。その背景には、どうしても不景気であったり不況であったりということは大きく関係しているのです。

そこで、必要な時に必要なお金がないということになりますと、とても困るわけですが、そこであきらめてしまうのか、なんとか用立てるのかということでも、大分違ってきます。

へたすると、その後の人生に変化が出てくることがあるかもしれません。それぐらい大事なことなのです。

消費者金融でキャッシングを行う際には、必ず審査があります。この審査内容であったり、審査基準というのは明確に記されたものが公表されているわけではありません。

ですから、もし消費者金融審査通過しない場合でも、その理由を知ることはなかなかできません。しかし、何度申し込んでも消費者金融審査通過しないという場合には、ブラックになってしまっている可能性が高いと考えらえます。

ブラックというのは、過去にほかの金融機関などでキャッシングを行った際に、返済期日を過ぎてしまったという場合であったり、また自己破産をしてしまったことがあるという場合、この場合にはブラックリストに載ってしまっている可能性が高いのです。

ちなみに、消費者金融の中には、ブラックリストに載っている人は貸してもらえないというところもあれば、ブラックでも可というところも実はあるのです。

もちろん、ブラック可の会社の場合ですと、若干金利が高く設定されていることもあるのですが、背に腹は代えられないということです。

しかし、返済計画だけはきちんと立ててから利用するようにしましょう。
かえせなくなってしまいますと、どんどん利息だけ増えてしまうことになりますので、気を付けましょう。

また、ブラックだけではなく、主婦であったり、大学生などでも借りることができる金融機関もありますので、落ちてしまったことがある、なかなか通らないという場合には、そういったところで相談されるのも良いでしょう。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2021 【生活支援!】人気の消費者金融徹底比較サイトはココっ! All Rights Reserved.