銀行のローンだめでも消費者金融でなら?

キャッシングベスト3

銀行のローンに申込んだところ、審査に落ちてしまいました。でもキャッシング・ローンを利用して欲しいものがあるのでなんとかしたいと思います。消費者金融でなんとかキャッシングしてもらえるでしょうか。

消費者金融では少額・短期のキャッシングローンに強みがあります

銀行のローンと消費者金融のローンとは同じではありません。銀行のローンの場合、目的型ローン、使途自由のフリーローンそしてカードローンと様々なタイプのローンが用意されていることが普通です。しかし、大手の消費者金融業者であれば、カードローンが主力であり、中堅・中小の消費者金融業者ではフリーローンタイプのキャッシングが主流になっています。

ですから銀行が提供しているローンを消費者金融業者が提供するローンとをそのまま比較することはできないということになりますし、また物によっては代替して利用することは難しいということになります。例えば、銀行の住宅ローンを消費者金融が提供するキャッシング・ローンでなんとかするということは、無謀な試みになるに違いないのです。

このように銀行のローンの強み長期・大型ローンにあります。銀行が持つ十分な資金力を背景に高額ローンが低金利で提供されることが可能なのです。ですから、住宅ローン等の大型ローンの審査に通らないといった場合は、残念ですが消費者金融ではなく、別の金融機関が提供しているローンの利用を検討しなければならないでしょう。例えば、公庫等が提供している公的ローンであれば、銀行の大型ローンの代わりになり得ます。

それに対して消費者金融のキャッシング・ローンは短期・少額ローンであることがほとんどなのです。これはもともと消費者金融業が個人向けの少額キャッシングを提供することから始まった歴史的経緯に理由があります。ですから、カードローンの設計も基本的には銀行のカードローンよりも小型になっていますし、申込みのし易さや審査の通り易さ等が経営努力の中心課題になっているのです。

ということは消費者金融でなんとかするということであれば、少額のキャッシングに限って考えた方がよさそうです。例えば10万円程度のキャッシングであれば、確実に銀行のキャッシング・ローンよりも通り易いということができるでしょうし、銀行のローンがダメであったとしても消費者金融のカードローンなら通る可能性があるいうことができるのです。

有名大手が主力としているカードローンでは申込み時に希望限度額を申込んで審査の上、利用可能額がカードに設定されます。この利用可能額の枠内でキャッシングを繰り返し利用することができる反面、継続的な信用状態を前提にするため、審査が幾分厳しめになっているということもできます。繰り返し利用できるということがカードローンの最大のメリットなのですが、このことが審査の基準を挙げることになっているのです。

ですから、さらに審査の易しい消費者金融業者が必要な場合もあるということになります。そのような場合には、全国の地域で営業している中堅・中小の消費者金融業者を利用することになるでしょう。こちらでのキャッシング利用はフリーローンタイプになっていることが多いですから、まず利用希望金額を決めて申込むことになります。その利用希望金額に応じた審査を受けます。

この利用希望金額が少なければ少ないほど合理的であると言えます。確かに申込みをすることは面倒な作業を含むのですが、これが本来の消費者金融の利用の仕方に則った方法だと言えるからです。必要な金額に対して審査を受けることに加えて、対面審査などで柔軟な審査が期待できるでしょう。このような対面審査による柔軟なキャッシング・サービスが消費者金融の一番のメリットだといえます。

【参考ページはこちら】
審査に通りやすい会社と難しい会社があるのはなぜ?

消費者金融のローン通らないときにどんな理由がある?

消費者金融のローン通らない場合には利用を取りやめたり、他のキャッシング業者を闇雲に申請したりするのではなく、まず理由を考えのが先決です。例えば2010年に完全施行された貸金業法の中には総量規制というものがあり、前年度の年収の3/1以上の金額を融資できないという決まりごとがあります。このため、いくら安定した収入を得ていて、信用度が高い人であっても年収の3/1以上の融資を申請していた場合には確実に審査に落ちてしまいます。

尚、この総量規制とは消費者金融にのみ適応される法令であり、銀行や信用金庫のキャッシングには適応されません。ブラックリストに掲載されていることが審査に落ちることも多くあります。ブラックリストとは信用情報機関の事故情報のことであり、過去に信用を損なうような行為をした場合にはこの事故情報に登録されてしまいます。事故情報が理由で審査落ちした際には多くの人が何故落とされたか気づいていません。
(⇒消費者金融の審査が通らない理由

そもそもブラックリストに自分が記録されているのかどうかすら一般人は知りません。事故情報に記録される最も多い理由は「延滞」です。例えばキャッシング業者への返済を3ヶ月以上遅滞してしまった場合などに登録されてしまいます。キャッシングだけではなく、携帯電話や奨学金の未払いであってもブラックリスト入りしてしまうことがあります。自分が事故情報に掲載されているか分からない場合には信用情報機関に問い合わせるのがお勧めです。

現在日本には3種類の信用情報機関が存在しますがそれぞれ情報の共有を行っているため、どれか一つに問い合わせすることで自分が事故情報に記録されているかどうかが分かります。ブラックの場合は審査落ちする大きな理由となりえますが、審査の緩い消費者金融などを選ぶことで問題なく審査に受かることもできます。一般的に大手のキャッシング業者と比べて小規模なキャッシング業者のほうが審査が緩く、ブラックの方には特にお勧めです。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2021 【生活支援!】人気の消費者金融徹底比較サイトはココっ! All Rights Reserved.