消費者金融何社から借りれた?若いとダメ?

キャッシングベスト3

こんにちは。ショップ店員をやっている22歳です。消費者金融のことが聞きたいです。みなさんは、何社位からいくら位借りていますか?ホームページを見ると上限が300万円とか500万円って書いてあるのに、私が申込んでも、そんなに貸してもらえません。1社でダメなら他でも借りようかな?と思うんです。でも、色んな所で借りて返す日が分からなくなっても困るし、みんなどうしているのかな~?と思って聞いてみました。あと、私が沢山借りられないのは、歳が若いからですか?教えて下さい。

貸付上限額は年収に関係、複数の会社で借りるよりも増額交渉を

質問ありがとうございます。まずは簡単に消費者金融の仕組みをお話しますね。消費者金融には「総量規制」という決まりがあって、貸し付けをできるのは年収の3分の1までという制限があります。このことから、質問にあった「300万円」を貸せるのは、年収が900万円ある人という事になります。あなたがホームページで見た金額まで借りられないのは、年収から計算した制限額までしか貸せないから・・というのが一番の理由だと思われます。(若いからというのはその後にくる理由です)

ちなみに、この制限額は1つの会社で借りた額ではなく、消費者金融全体で借りた額の合計になります。消費者金融は、申込み・貸し付け・返済などの情報を「信用情報機関」に登録して共有しているので、他社で借りた額が分かっています。他社で制限額ギリギリまで借りている場合は、新しい審査に通る事は難しいと思います。

過去の映画やドラマで、金利が高すぎて返しきれないという場面を見た事があるかもしれませんが、今は「金利は年に20%まで」と定められています。これは、10万円を借りて1年後にまとめて返すのなら12万円になるということです。

この総量規制・信用情報の登録・金利20%は、「貸金業法」という法律に定められています。過去に複数の会社から借り過ぎてしまった例が多かったので、それを避け、借りる側を保護するために出来た法律です。

ところで、質問者さんは、借りられる額が思ったより低かったようですが、毎月の借り入れや返済はどのようになっているでしょうか?もし毎月のように借りては返済を繰り返しているのなら、消費者金融側に交渉の余地があります。会社側は、「沢山借りて、きちんと返してくれる人」が一番いいお客さんなので、上限額の増額をしてもらえる可能性があるのです。(契約して日が浅い場合、借りた回数が多くない場合は交渉が通るのは難しいと思います。)

なぜこのような事をすすめるかと言うと、消費者金融は、複数の会社から借りると評価が下がり、後々の借り入れに影響する場合があるからです。また、少額を借りると金利が高めになるので、あちこちで少しずつ借りると、まとめて1ヶ所で借りるよりも金利を多く払わなければならないケースがあります。質問者さんは返済日が心配と書いていましたが、その他にも影響があるので、複数から借りることはあまりお薦めしません。

それでも複数から借りたいという場合、短期間にいくつもの申込みをするのは止めておきましょう。先ほどの信用情報には申込みの記録が残ります。急にあちこちに申込みをするのは、よほどお金に困った状態だろうと思われてしまいます。消費者金融側が一番困るのは、貸したお金が返ってこない事なので、「返ってこないかも」と警戒されると審査に通らない可能性があります。まずは1社申込んで様子をみましょう。

消費者金融とうまく付き合っていくコツは、1社をじっくり利用し、借りたものをキチンと返済する、いいお客さんになることです。

【参考ページはこちら】
消費者金融に申込んだ数と審査落ちは関係ある?

年収300万円で消費者金融何社借りれた?

消費者金融からお金を借りる際には利用限度額が設定されているので、一社に申し込んで審査に通ったとしても必要なだけ借入が出来ない場合があります。そんなときには複数の消費者金融に申し込んで目標の金額に達するようにしますが、いくらでも申し込めるという訳ではありません。既に借入があるということは、自社の借金をしっかり返済してもらえる可能性が下がるということです。

申し込んだだけでは借金は発生しないので、申込むだけ申し込んでおいて一気に全社から利用限度額ギリギリまで借りるという方法もあります。そういったことを防ぐ為に信用情報には申し込んだ回数や何社と契約しているかが記載されています。消費者金融何社借りれた?ということは誰もが気になるところですが、年収や利用限度額によって変わります。
(⇒消費者金融の限度額とは

年収300万であれば年収の3分の1である100万円までしか借入は出来ません。初回の利用限度額は低く設定されているので、この場合は大体20万円程度に抑えられていることが多いです。そう考えると3社が限界であることがわかります。4社になると上限金額まで20万円の余裕しかないことがわかります。

その人物が信用出来るかまだわからない状況でそこまで貸し付けるのには大きなリスクがあるので、どこの金融機関も審査で落とします。年収が高かったとしても3社以上の申し込みはやめておいた方がいいと言えます。もし審査に落ちてしまうと信用情報に傷が付いてしまい、増額申請のときの審査に通らない可能性も出てきます。

堅実に一社にまとめて完済を繰り返して利用限度額を引き上げることが一番安心出来る方法です。どうしてもすぐにお金が必要なのであれば三社が限界と言えます。金融機関によって返済日は異なるので、借りている会社が多ければ多いほどに返済の管理に手間がかかることを覚えておきましょう。そして、それぞれの金額にかかってくる金利の計算をすることと、滞納は絶対に避けることが大切です。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2021 【生活支援!】人気の消費者金融徹底比較サイトはココっ! All Rights Reserved.