自宅へ郵送でキャッシングすることは可能?

キャッシングベスト3

消費者金融の利用は店頭へ出向く必要があるのでしょうか?キャッシングの度に出掛けるというのも不自由を感じます。自宅で受け取ることができれば都合がよいのですが、キャッシングを自宅に郵送してもらうことはできないでしょうか。

業者毎に異なるでしょう。担当者に相談すれば対応してもらえます

大小さまざまな規模の消費者金融業者があります。テレビコマーシャル等で有名な大手の消費者金融業者から日本全国で地元に密着した営業を展開している中堅・中小の消費者金融まで事業の展開方法からキャッシングの方法まで様々にあるようです。中でも違うのは大手ではカードローンが中心、中小はフリーローンが中心ということ。

大手の消費者金融業者が発売しているキャッシングはカードローンタイプのものが中心になっています。これは申込み、審査の結果渡されるのが現金ではなく、プラスチック製のカードになります。このキャッシングカードを使用して、ATMなどでキャッシングを実行することになります。コンビニエンスストア等に設置されている端末が利用できることが多く現在のキャッシングの中心的サービスになっています。

方や中堅中小の消費者金融業者ではフリーローンタイプと呼ばれるキャッシングスタイルが中心です。キャッシングしたい金額を直接申込みをします。そして審査に通った段階で現金が払い出されることになります。カードローンとは違って繰り返し利用することはできず、毎回申込みをすることになるのが不便なのですが、1回限りの契約なので大手の消費者金融のカードローンより審査が緩めになるという利点があるのです。

キャッシングの方法はキャッシングカードを使用したキャッシングが中心であり、また中小の業者を利用する場合ならば、店頭での受け渡しが主流なのですが、最近大手、中小共に対応が前面化してきたキャッシング方法が銀行口座振込みによるキャッシングだといえます。この方法であれば自分の口座に振り込んでもらえるので、自分の銀行口座のキャッシュカードがあればそれをそのまま利用することが可能になるのです。

郵便システムの利用はあまり利用者から歓迎されていないようで、むしろ郵便送付がないキャッシングサービスが歓迎される傾向にあるようです。申込みに関しては郵便を用いた手続きに対応しているのですが、キャッシングカードや契約書類の送付は好まれないようです。このような事情から各消費者金融業者は郵送を利用したキャッシングを前面に押し出してはいないようです。

中小の消費者金融業者の場合はフリーローンタイプの利用が中心になりますので、店頭に出向く必要があります。ですから店頭でキャッシング実行してもらう以外に郵送してもらう必要は特にないかも知れません。しかし、利用者サイドに立った営業が消費者金融業者のモットーでもあり、また郵便を使用したキャッシングが貸金業法で禁じられているわけでもないので必要があれば応じてくれる可能性は十分にあるでしょう。

一方、大手の消費者金融業者の場合も同様のことが考えられます。違法行為でなければ、出来る限り利用者の依頼に応じてくれると考えられます。但し郵便システムを利用したキャッシングの交付は他の手段と比較すると多少の手間が必要なことも事実なのです。不在配達への対応などがそれに当たります。ですから忙しい業者の場合は手が回らないといったことで断られることもあるのでその辺りは考慮の上でご相談されますように。

【参考ページはこちら】
初めてでも借りやすい消費者金融は?

消費者金融への申込みと自宅に届く郵送物への対応

今は消費者金融のサービスもかなり改善されており、より利用しやすくなっています。かつては高金利だった利息についても今は銀行カードローンと同じぐらい低金利の業者もあり、以前よりもさらに安心して利用できるようになりました。

借り入れをしていることは悪いことではありませんが、消費者金融を申し込む場合、できるなら家族にもその使用を知られたくないと考える方もいらっしゃるのではないでしょうか。

まず、利用していることが発覚するきっかけとしては自宅に郵送物が届くということです。

今は申込みはインターネットや電話から行うことができ、来店の手間がなく手続きできるのが便利ですが、この場合はその場でカードを受け取るというわけには行きません。

それゆえにカードが後日発送となりますので、そのときに他の家族が受け取るなどで発覚する場合もあります。
(⇒郵送が来ない消費者金融はある?

カードを自宅に郵送ではなく受け取る方法としては来店して店舗で受け取るということもできますし、自動契約機ならその場でカードが発行されます。

さらにインターネットや電話で申し込みを行った場合も、カードは自動契約機で受け取ることを選ぶこともできます。

そして郵送で受け取る場合も時間を指定しておけば、確実に本人が受け取ることができます。

さらに利用明細などが届くこともありますが、これは申込みの際に、受け取り方を選ぶことができます。

今はインターネットでWEB明細が見られることが多いので自宅に発送しないことも増えていますし、店舗やATMから受け取ることもできます。

正しい利用方法をしていれば、自宅に連絡が入るということはありませんので、返済が遅れたりしないよう正しい使い方を心がけることも大切です。

延滞などがある場合もできるだけ早くそのことを業者に伝えておきましょう。放置してたり、何度も延滞を繰り返しているようであれば、自宅に電話連絡や郵送物での請求がくる場合もありますので、返済はきちんと行っておきましょう。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2021 【生活支援!】人気の消費者金融徹底比較サイトはココっ! All Rights Reserved.