消費者金融でお金借りると自宅訪問される?

キャッシングベスト3

会社で成績を上げるために、頻繁に自腹で取引先を接待しているんですが、お金が正直きついです。家族に心配や迷惑をかけたくないので独身時代の貯金を切り崩してたんですがもう限界です。

消費者金融を利用することを思いついたんですが、自宅の住所や電話番号を伝えなければいけないのが気にかかります。もしかして契約してお金を借りると自宅訪問されることとかもあるんでしょうか?

大幅な無断返済遅延がない限り消費者金融の自宅訪問はありません

基本的には消費者金融の人間が利用者の自宅を訪問することはまずあり得ないと言っていいでしょうね。自宅の住所や電話番号といった情報が必要なのは、あくまでその人がちゃんと定住していること、連絡が取れる状態であることを確認するという意味合いが強いわ。それから場合によっては利用明細なんかの書類を郵送してくることもあるしね。

でももしかしたら消費者金融の方から自宅を訪ねてくるかもしれないっていうケースが1つだけあるの。借金の返済が無断で遅れているというケースよ。ただそれにしたって返済がちょっとでも遅れたら、いきなり自宅に取り立てに来るっていうわけじゃないの。

まずは電話、それから書面、それでも全く音沙汰がなかったら自宅訪問の可能性もある…みたいな感じである程度段階があるのよ。それに事前にきちんと連絡をしておけば、ある程度返済期日の変更や延期に応じてくれる消費者金融がほとんどなんだから。

で、その自宅への取り立てだけどね、ドラマで見るような脅迫的・暴力的な強引な取り立てっていうのは実は今時あり得ないの。最近では貸金業関係の法律もだいぶ厳しくなっていて、自宅を訪問しての取り立て自体はできても、やってはいけない禁止行為がかなり細かく決められているのよ。

例えば代表的なものとしては、大人数で押しかける、暴力的な行為をする、大声を挙げたり乱暴な言葉を使う…これ、全部違法になるわ。それから早朝とか深夜とかの世間的に非常識な時間帯の接触もダメ。これに関しては電話もアウトよ。それに何度も繰り返し接触を図ろうとするのもNGだし、本人に合えないからって督促の張り紙を残していくのも禁止ね。

そんなわけだから、自宅訪問しての取り立てといってもできることは非常に限られてくるわけ。とはいえ消費者金融の人間が自宅を訪れてきたら家族にも迷惑がかかるし、ご近所に知られても困るわよね。万が一にもそんなことにならないように、返済遅延は駅る限りしないこと、もしどうしてもという場合には必ず事前連絡を入れることを徹底するようにおすすめするわ。

【参考ページはこちら】
消費者金融に申込むと自宅に電話が来る?

消費者金融を利用していて自宅訪問を受けることはあるの?

消費者金融ではさまざまな消費者がお金を借り、消費目的で使用するというような形で利用をしています。

現代では一般労働者の五人に一人が利用しているといわれているほど一般的なものとなりましたが、利用をするというような場合にはさまざまなポイントに注意をしたいものです。

それではどこに注意をするべきなのかというと、消費者の多くが気にするのが「自宅訪問を受ける可能性はあるのかどうか」ということについてです。

いくら消費者金融が一般的なものになったとはいえ、それが借金であるということには変わりはありません。

利用者の中には家族に利用していることを知られたくないと思う人も非常に多いため、自宅訪問はなるべく出あればしてほしくないと思うものです。

では実際に自宅訪問をされる可能性はあるのかというと、これはほとんどの場合「無い」と断言してよいでしょう。

そもそも現代の消費者金融では、正当な理由のない自宅・勤務先の訪問はすべて法律で禁止されています。(こちらもご参考に→消費者金融の審査では勤務先に連絡がある?

そうした行為を行ってしまった場合には業者がペナルティを受けることもあり得ますから、訪問を受けることはほとんどないと言えるのです。

ただ例外となるのが「自宅訪問を行う正当な理由がある」というような場合です。

ここでいう正当な理由とは何かというと、「支払いの延滞」や「連絡がつかない状態にある」といったような状況です。

こうなってしまうと消費者金融としては「本当に返済の意思があるのか」ということや「本当に申告された住所に居住しているのか」ということを確認しなくてはなりません。

こうした目的があるというような場合には、消費者金融の担当者が自宅を訪問し、電気メーターの状態などを確認し、本当にそこに人が住んでいるかどうかということを確認します。

またここで人がいるということがわかったのであれば、担当者が債務の状況について「その家に住んでいる人」に対して確認を行うのです。

ここでさらに注意が必要になるのが「その家に住んでいる人に対して確認をとる」ということです。

つまり、たとえその時家にいるのが債務者本人ではない家族であったとしても、債務の存在が公開され、現在の状況が通知されるということになります。

こうなってしまうと当然、家族などに借金の事実が伝わるということになってしまいますから、こうした自宅訪問を受けないようにしっかりと利用することを心がけなくてはならないのです。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2021 【生活支援!】人気の消費者金融徹底比較サイトはココっ! All Rights Reserved.