年金生活者向けの消費者金融はあるか

キャッシングベスト3

友達を話しているときに年金についての話しとなりました。今は65歳から年金が受け取れるみたいですけど今後は受け取れる年齢が延びるとかなんとかと言う話しにもなっているみたいです。その延長で年金を受け取っていても消費者金融から借りられるのかみたいな話になり少し調べてみました。

大手では貸していないみたいなのですがじゃあ老後に借りたいと思ったらどうするのかと言う疑問に突き当たりました。私の祖父母たちも年金生活をしていますが急にお金が必要になったらどうするのでしょうか?年金生活者向けの消費者金融やローン会社というのはないのでしょうか?

年金受給者は独立行政法人の福祉医療機構に申込むことになる

年金の受給年齢については僕も気になっています。このまま厚生年金を払っても受け取れなければ意味がない、みたいな感覚ですね。平均年齢が上がっているからと言って、定年は変わらないしその間の生活費をどうするのかと心配していたりします。

そこで年金受給者が消費者金融やローン会社から借りられるかどうかについてですが、質問者さんが言ったように断られることのほうが多いでしょう。一応申し込める年齢の上限は69歳以下となっていることが多いみたいですが収入が年金だけの場合は断っているのが現状のようです。

過去には年金を担保にして貸し付けるという悪質なヤカラもいたようです。今でも生活保護の給付金や年金を目的(担保)とした商売があるとかないとかと言う話しもあります。世知辛い世の中ですね。

こういった悪事を働く人たちのせいで年金を担保としたお金の貸し出しはできなくなりました。貸し出せるのは独立行政法人の福祉医療機構という会社だけです。手続きに時間はかかりますが利息が2%以下と驚くほど安くなっています。ここでは連帯保証人が必要となりますが信用保証会社を利用することもできるので連帯保証人がいなくても問題はありません。

このようにバックアップを行っている会社があるので安心してください。とは言っても貸し付けに当たっては結構な縛りがあるのも事実です。使途不明なお金は貸してはくれないようです。それに手続きが多少ややこしいみたいです。厚生年金に頼らないように今から準備だけはしておいたほうがいいでしょうね。

最後に注意点を一つ。年金というものは本人が受け取るものです。譲渡したり担保としたりすることは出来ません。これは法律で定められています。もし年金を担保としお金を貸しだしている業者があったら警察に届け出てください。そういったことをする人がいるから法律ができて、縛られていくんですよね。

法律が出来なくても私たちがルールを守っていたら縛られることはないというのに…これ以上縛られないように私たち一人一人が目を光らせ、注意をしていきましょう。

【参考ページはこちら】
年金暮らしの老人でも借入はできる?

年金生活者向けの消費者金融はあるのでしょうか?

高齢者が、急にお金が必要になったときに頼れるのは「高齢者キャッシング」です。会社も退職し、今は年金生活を送っている高齢者は、学生と同様に銀行などからお金を借りにくいのが現状です。年齢的に病気やケガをする確立も高く、貸し付けたお金が戻ってこないリスクも上がり、消費者金融は貸すことを拒むことが多いでしょう。

では、高齢者がお金を借りたいときは、どこを頼ればいいのでしょうか?それは、年金生活者向けキャッシングです。この年金生活者向けキャッシングは、保証人や担保がなくても借りることができます。

年金という一定の収入があるので、借入ができるのです。収入源が国になるわけですから、これ以上ない安心できる補償になります。では、この年金を担保にして、消費者金融からお金を借りることはできないのでしょうか?

法律で年金を担保に融資を受けられるのは、「独立行政法人 福祉医療機構」だけと決められています。もし、年金証書を担保にお金を貸してくれる金融業者があれば、それは違法行為で悪徳業者の証になりますから、絶対利用しないでください。

定年して年金だけの暮らしになったからといっても、生活スタイルを大幅に変えることは難しいしょう。食べる量は減っても質は落とせない、趣味も辞められない、旅行も行きたいなどと、年金だけではやっていけないときもあるでしょう。

そんなときは、キャッシングに頼りたくなりますね。子どもや親せきには頼みにくいもので、何の気兼ねもなく貸してくれるところがあれば頼ってしまいたくなります。お金が必要になったときは、年金生活者向キャッシングをしてくれる業者を探してみましょう。年金受給者であれば、10万から50万円まで5万円単位で融資をしてくれる業者もあります。年金にも、「国民年金」「厚生年金」「共済年金」の種類によって、融資額が変わってきます。

まずは、自分の年金種類で借りられる額はいくらかを調べてください。借入額が決まったら、免許証などの本人確認書のコピーと一緒に申し込み書を送ります。その後、本人の在籍確認のために自宅に電話がかかってきます。問題がなければ、融資してもらえます。返済期間も最長6年で72回払いの、年金生活者でも返済が十分可能な貸付をしてくれる業者もあります。これなら、安心して借入申し込みができるでしょう。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2021 【生活支援!】人気の消費者金融徹底比較サイトはココっ! All Rights Reserved.