水商売は消費者金融でキャッシングできる?

キャッシングベスト3

水商売って高収入なんです。でも必要な時に少しお金が足りないっていうことも少なくありません。なのでカードローンを持ちたいんですけど、銀行ではやっぱり難しそう。消費者金融ならどうでしょうか。

消費者金融でのキャッシング利用は水商売でも可能になってます

キャッシングという場合、利用のしかたによっていくつかのパターンに分けることができます。住宅や自動車の購入に当てられる目的型ローン、そして使途目的を問わず申込みができるフリーローン。そして申込みと審査の結果でカードが発行されるカードローンということになります。概ね金額が大きなローンになれば使途が限定された目的型ローンということになり、金額が特定できればフリーローン、それ以外がカードローンでしょうか。

中でも使い勝手が良いのがカードローンです。申込みをして発行されるキャッシング・カードを使用してキャッシングの実行をすることになりますが、希望利用額によって設定された利用限度額の枠内であれば必要な時に何度でも繰り返し即時キャッシング利用ができます。枠内のキャッシングをする際にいちいち申込み審査は不要だということが何よりのメリットですね。

ですから、ショッピング等をしている最中に少しお金が足りないとか、予算オーバーしてしまうといった場合でも即キャッシングして対応することができるわけです。このような使い方を可能にしたカードローンは消費者生活の力強い助っ人として広く受け入れられることになったということができるでしょう。このように便利なカードローンを販売しているのは、銀行と消費者金融とに大別することができます。

銀行のカードローンは利用限度額が大きく設定されていることが多く、利用限度額800万円というものも少なくありません。金利も銀行は低く設定されており年率4.0%?14.5%と非常に有利な設定なのです。誰にとっても大型・低利のキャッシングは魅力的です。また銀行のカードローンの審査を消費者金融業者が受託することで、審査に通りやすくなったとも言われています。

しかし、それでも銀行のカードローンは敷居が高く、申込み審査に通ることは容易ではありません。それなりに年収がなければ通らないことはよく知られており、利用限度額が高めに設定されていることで、収入が安定していることが求められるのです。この傾向は以前からのものであって若干基準が低くなったとは言ってもそこはやはり銀行ならではというところでしょう。

それに対して消費者金融のカードローンは従来の消費者金融業者が発行しているカードローンですから、銀行ほどの堅苦しさはありません。申込みもインターネット等を利用することでいつでもすることができます。審査からキャッシング実行まで店舗に出向かなくても可能になるなどの工夫が日々改善されているというのが、消費者金融系カードローンの特徴なのです。

利用者条件にも多少の違いが見られ、銀行系カードローンの敷居の高さをうかがわせます。消費者金融系カードローンでの申込み年齢の上限は年々高くなり、今や69歳というものも普通に見られますが、比較的発行してくれやすい銀行カードローンでも年齢制限の上限は65歳ということになっています。これらの細かな条件にそれぞれの審査基準が表れているということです。

さてそのように消費者金融系のカードローンは銀行よりも審査が易しく設定されおり、収入に関しても銀行ほどの安定性は求められません。ですから職業によらず申込みをする事ができると言えます。また消費者金融にはカードローンを発売している大手業者ばかりではなく、都度審査を行うフリーローンタイプのキャッシングを扱う消費者金融が日本全国に営業しています。

【参考ページはこちら】
その他の職業の人でも借りられる消費者金融

消費者金融では水商売でも借りられるのか?

いま、キャッシングを行う方が増えています。やはり、全国的に不景気ですし、不況ということもあり、必要な時にどうしてもお金がないというケースが増えていることも大きく関係しているのかもしれません。

そこで、消費者金融というのはとても役立つのです。もちろん一番は銀行などで借りることが固いのですが、金利が安いというメリットはありますが審査が通りにくいということ、さらに審査の時間がかかるという点でデメリットがあります。

その点消費者金融でしたら、審査が早いところが多いというメリットがありますので、必要な時に間に合うということもできます。
(⇒絶対に借りられる消費者金融は?

しかし、どこの金融機関でも同じなのですが、一応審査というものはあります。この審査では、きちんと返済する能力があるのかということを見極められるのですが、職業もみられることがあります。

しかし、水商売では貸してもらうことができないのかということになりますと、そういったところでの職業的な偏見はあまりないようです。もちろん収入の証明などが必要となり、その額に応じて借りられないこともあるかもしれません。しかし、水商売であるから借りられないということではないのです。

審査において重要なことは、ブラックでないかということのようです。ブラックというのは、返済期日を過ぎて返済してしまったことがあるという場合、さらに自己破産をしたことがあるという場合などです。

この場合には、審査に通りづらいということがあります。しかし、場合によってはこういったケースでもOKというところがあるのです。しかしブラック可の消費者金融の場合には、金利が高めに設定されていることが多いため、利用の際には気を付けるようにしましょう。返済計画がきちんとできているのであれば問題はないでしょう。

どちらにしても、必要な時にお金を用立ててくれるところがあるというのは、心強い存在です。諦めないでまずは相談するところから始めてみましょう。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2021 【生活支援!】人気の消費者金融徹底比較サイトはココっ! All Rights Reserved.