自衛官でも消費者金融を利用できます

キャッシングベスト3

陸上自衛隊に勤務している35歳の自衛官です。今度、個人的な訳あって初めて消費者金融でお金を借りようと考えています。ところで自衛官といったちょっと特殊な職業に就いている者でも消費者金融を利用できるのでしょうか?教えてください。

自衛官は問題なく消費者金融の利用可能です

結論から先に言うと、自衛官なら問題なく消費者金融で融資を受けられます。だから安心してくださいね。消費者金融は、銀行の審査に比べて働き方に対する審査姿勢が柔軟と言えるのです。

たとえば、アルバイトやパートだと銀行の審査で不利になってしまう場合があります。が、消費者金融の審査であれば、そのような事はありません。消費者金融の審査では、なによりも返済能力の有無、つまり継続した一定の安定収入の有無が特に重要視されるのです。

そのことからアルバイトやパート、また契約社員や派遣社員でも、継続した一定の安定収入さえ確保していれば審査に通るのは十分可能なんです。その意味から言えば、アルバイトやパートよりも、より収入の安定度も雇用の安定度も高い正社員や公務員は返済能力の裏付けが確かなので審査では有利になると言えるのです。

特に公務員の収入と雇用の安定さは高く評価される傾向があるので、国家公務員である自衛官は審査で有利な立場にあると言っても良いでしょうね。他方で、自衛官は他の一般的な公務員とはやや趣きを異にする点は否めません。

それは海外派遣や業務や災害救助業務、あるいは演習等で長期間に亘って音信が不通となってしまう場合があるからなんです。原則として消費者金融からなにかしらの用件で申込書に記載した電話連絡先に連絡を入れても応対が無い場合には問題となります。

そして、一般的にそのようなケースにおいては自宅や職場に電話連絡が来たり、郵便が届いたりします。それであっても利用者から何も返答が無い場合には融資をストップされたり、契約を解除されたりすることがあります。

しかしながら、自衛官の場合は職務上の理由でそうなるのであって、決して“音信不通=借り逃げる”といった事態ではないので、申し込みの際にはそのようなケースが起こる場合があることを申告しておけば良いでしょう。
(⇒その他の職業の方におすすめの消費者金融

もうひとつの点としては、集団的自衛権行使の容認等で自衛官を取り巻く環境に変化が訪れていることから、将来的には国軍の兵士として戦場に赴いて戦闘に参加するような危険な任務に就くことが十分に想定できるものとなっていることです。

そのことから今後消費者金融では自衛官の場合は“生命と所在の安定度”といった新たな審査尺度で審査を行うようになると言った事も考えられるのです。“生命の危険度が高い職業”となってしまうと、返済不履行になる確率も必然的に高くなるので、自衛官に対する信用貸しの尺度は変わらざるを得ないと思われるのです。

そのことから将来的には同じ公務員であっても自衛官の場合は別の審査基準で審査される可能性はあると言えます。とまれ、現在は自衛官は返済能力の高い公務員としての位置づけとなるので、なにも問題なく消費者金融で融資を受けるのは可能だと言って良いでしょう。

【参考ページはこちら】
消費者金融を利用しやすい職業は?

自衛官は消費者金融を利用することができるのか

消費者金融でキャッシングをするとき、担保や保証人は必要ありません。そのかわり申し込み者の信用を担保として、お金を貸します。ですから申し込み者の審査を行い、審査に通過すればキャッシングを利用できます。

20才以上から65才ぐらいまでの方で、安定した収入があれば利用できます。正社員でなくても、パートやアルバイト、契約社員でも利用できます。ですから20才以上の自衛官であれば、消費者金融を利用することができます。自衛官は公務員ですから、審査に通過しやすいといえます。

消費者金融の店舗営業時間は、平日8:00~17:00ぐらいまでのところが多いです。そうなると自衛官の方であると、仕事中であり、店舗へ来店できない場合があります。そういった時は、インターネットを利用して申し込みをするといいです。もちろん、ネット以外にも郵送でも申し込みができます。ですが、急ぎであるのならば、ネットが一番便利です。

最近は昼間は忙しくて店舗へ行けない人が多く、即日融資を望む人が多いです。ですからネットを利用して申し込みをする人が増えました。パソコンがなくても、ネットにつなげることができるスマートフォンや携帯があれば、申し込みができます。消費者金融の場合、即日融資が基本ですから、申し込みをしたその日のうちに審査結果がでます。

そしてその日のうちにお金を借りることが可能です。ですから急に現金が必要となった場合などに便利です。また利息も日割り計算ですから、給料日の2日前にキャッシングして、給料日に全額返済したとすれば、利息は2日分支払うだけでいいのです。ちなみに銀行などのカードローンの場合、月利といって30日毎の月割り計算で利息を算出します。ですから利用日数が少ないのであれば、消費者金融の方が利息が安くなる可能性が高いです。

最近は、30日間無利息サービスなどといったサービスを展開しているキャッシング会社も少なくありません。そういったサービスを上手に活用すれば、もっとお得にキャッシングを利用することができます。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2021 【生活支援!】人気の消費者金融徹底比較サイトはココっ! All Rights Reserved.