消費者金融から借入する時の不安の解決法

キャッシングベスト3

2児の母で、今は専業主婦をしています。上の子が高校受験を控えており、塾へ通わせようと思っています。ですがうちの旦那は至って平凡なサラリーマンで、年収もそう多いほうではありません。私の方では幸いにもパート先が見つかったので、近々働き始めます。そこで得たお給金は、息子の塾の費用にあてるつもりです。

ですが、これだけではやはり心もとないというのが実のところです。そこで消費者金融で借りるという手があることに思い当たりました。けれど、私の勝手な見解ではあるのですが消費者金融というのはヤミ金だとかそういう悪い面の印象が強く、抵抗感が少なからずあります。お金を借りるにしても、何か裏や落とし穴があるのではないかと思うと心配で…。どうしたらいいかぜひ教えてください。

落とし穴は自分で掘ってしまうかもしれないことに注意

家計の助けとして消費者金融から融資を受けられるのはありがたいことですけれども、初めて利用するとなるとやはりちょっと不安ですよね。まずお伝えしたいのが、すべての消費者金融がヤミ金というわけではありません。ヤミ金というのは多額の金利をつけて貸付をしてくるところです。こちらは法的な許可を取っていないので違法な存在ですが、通常の消費者金融は立派な一つの会社です。ですから違法な額の金利をつけられるということもありません。

初めての借入ですから、まずはCMなどで幅広く宣伝している大手の消費者金融を利用してみるのが良いでしょう。そして消費者金融を決めたら、その会社のホームページも確認してみてください。自分が融資を受けられる状態なのかを自動で判定できます。また、借入の金額に応じた月々の返済額を素早く計算してくれる機能もありますので、借入の際に参考にし、計画を立てていってください。
(⇒消費者金融会社のおすすめ情報はこちら

消費者金融の選び方はこれで良いとしても、そこで安心してはいけません。あなたが心配している落とし穴というのは、消費者金融側ではなく自分が掘ってしまうおそれがあるということに注意してください。では具体的に何に注意すればいいのかと言いますと、次の3つのポイントになります。

1短期間に複数の会社から借入をしない
借入は年収の1/3までと決められているため、複数の会社からお金を借りる人も多いです。しかし、短期間に複数の消費者金融に借入の申請をするのはやめてください。あまりにも借入件数が多いと多重債務者と見なされ、警戒されてしまいます。さらに、今後審査に申請しても借入ができなくなる場合もあります。

2必要な分だけを借りる
借入をする前に、どれだけのお金が必要なのかを把握してください。この時、「心配だから多めに借りよう」とは思わないこと!とても危険です。必要以上の借入は、次の返済に間に合わなくなるおそれがあります。消費者金融は借りた人の返済能力を見込んで融資をしています。ですから、あくまでも自分の収入の範囲内で返済ができる金額を借りるようにしてください。

3借りた金額と返済の期日はを管理する
多重債務者に多いことですが、「自分が今いくらお金を借りているのか、次の返済日はいつなのか」など、他の消費者金融からの借入とごちゃごちゃになってしまうケースがあります。しかし、借入をしたのがたとえ1社からだけであったとしても油断してはいけません。借入の数に関係なく、借りた金額と返済期日はしっかりと確認し、契約をきちんと完遂させることが重要です。

借入は賢く利用すれば日々の生活でのやりくりが楽になります。ですから、お子さんが安心して塾で勉強ができるように、うまく借入を活用しながら大切な受験を応援してあげてくださいね。

使えば便利な消費者金融の意外な落とし穴とは

消費者金融というと一昔前はサラ金のようなイメージで、使うどころか近付きたくない存在の一つでもありました。しかし、今ではテレビCMによるイメージアップの効果もあってか、一般にも浸透し、使ったことはないけれど、とりあえずカードは持っているという人も増えています。

そんな消費者金融で、少額の融資を受けられるのがキャッシングです。ピンチの時にすぐに希望額が借りられるというのが最大のメリットです。条件がそろえば新規申し込みでも即日融資が可能なのです。(こちらもご参考に→審査に通りやすい上に早い消費者金融は?

これなら、給料日前のピンチの時や、急な入用でも安心なのです。ただ、そんなキャッシングですが、意外な落とし穴があるのです。それは金利です。

キャッシングは借金です。そのため借りたお金と利息を添えて返す必要があります。消費者金融の金利は意外と高くなっています。それはリスクが高いからです。いきなりお金を貸してくれという人に対して、少額でも融資をすることは少々リスキーなことなのです。

仮審査、本審査で返してくれそうな人にふるい分けはされたから、キャッシングができるわけなのですが、それでも元々の融資額が少額なので、金利がどうしても高くなるのです。

ただ、借りては返すという実績を作れば、限度額が上がり、年利も下がる可能性があります。初回利用では、年利は高いと覚悟をした方がいいでしょう。

要するに、キャッシングといっても借金なので、利息が付きます。これが問題なのです。借りたお金プラス利息を返す必要があるので、利息は低い方がいいのですが、金額がそもそも小さい、そして本当に返してくれるかわからないということから、金利が高めに設定されているのです。

消費者金融でのキャッシングには利息が高いという落とし穴があるのです。ただ、どうしてもお金が必要、今後は返す目処があるというなら、キャッシングは生活を楽にするツールの一つでもあるのです。お金を借りるのですから、利息を払うのは仕方ありません。貸してもらえるだけでハッピーと思うべきなのです。

【参考ページはこちら】
消費者金融に申込むと自宅に電話来る?

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2021 【生活支援!】人気の消費者金融徹底比較サイトはココっ! All Rights Reserved.