Q.私の知人は、それほど多くの借金をしていたわけではないのに、先日多重債務状態になってしまったと聞きました。多重債務というのは、複数の借金が折り重なり、返済が非常に困難になる自体に陥ることだと聞いたことがあります。しかし、私の知人は、そんな状態になるほど借金をしていたわけではありません。数百万円、数千万円という借金ならともかく、数十万円程度の借金であっても、多重債務になってしまう原因とはなんなのですか?

A.多重債務の一番の原因は、本人の金銭感覚の欠如なのですが、そうでない場合も気づかないところで多重債務になることがあります。多重債務のイメージとして、一番一般的なのは、借金を返済するためにほかから借金をするという、いわゆる自転車操業状態になることが挙げられます。しかし、多重債務は、ひとつの借金が原因で起こるケースもあるのです。一箇所からしか借りていないから安心などとは思わないことです。

はじめは借り入れに誰しも慎重な姿勢で利用します。しかし、何度も借りれは返してを繰り返すと、だらしがない人ほどだんだんルーズになってきます。今まで返済できたんだから今回も平気だろうと油断するのです。いきなり多重債務に陥る人など極稀です。たいていは何度も借入してきた人が、ある日突然借金を返しきれなくなり、多重債務になるのです。その一番の原因は、過去の実績に基づく慢心です。何度しても借金は借金。毎回きちんと返済を心がけることが大切です。

多重債務になってしまうのはなぜか?借り過ぎを防ぎたい!

独身なのでついお金の使い方がだらしなくなってしまいます。こないだからパチンコに凝ってしまい、初めてカードローンを借りてしまいました。

歯止めがきかず、すぐに限度額一杯まで借りてしまったんですが、ふと次の業者を検討している自分に気づいてドキッとしました。多重債務という言葉が頭をよぎったんです。多重債務になるのって、こんなことがきっかけなんでしょうか?

返済のための借入は多重債務の始まりです

カードローンなどを利用している人では、1件から2件の借入件数の人が多いのよ。3件、4件以上になってくると、その合計金額にかかわらず、大手の消費者金融で借りることは難しいと言われているの。中には7件、8件から借りている人もいるので、どうしてそんなに借りちゃったの?って思うこともあるかもしれないけど、どの人も最初は1件の借入からスタートしているのよね。

最初の1件で止めておけば、絶対に多重債務にはなりようがないはず。でも、ちょっとしたことで次の借入をしてしまう人は多いの。その動機として、1件の限度額では足りなかったということはよくあることでしょうね。どの業者でも、最初の申込みではそう多くは借りれないから、半年以上かけて増額のチャンスを待つ人も多いわ。

でも増額にだって当然審査があるから、少しでも延滞などがあると、そう簡単に増額が実現するって訳にもいかないわよね。それならば別の業者で借りた方が早いから、待てない人は2件目に手を出しちゃうでしょうね。また怪我や事故など、やむを得ないような事情で次の借入をすることもあるわよ。返済期間中にはいろんなアクシデントもあるので、何がきっかけで2件目の借入をするかは予想がつかないってことね。

このように借入件数が増えると、当然返済の負担も増えてくるわ。返済ができずにいると、督促の電話がかかるようになるのはご存知でしょう。でも今、督促は昔サラ金であったような厳しいものではないのよ。深夜や早朝など、その人の生活を損なうような時間帯にかかってくることもないし、怖がらせたり不安にさせたりということもないの。でもそうはいっても督促は督促。優しく言われたとしても神経には応えて当然よね。

そこで気の弱い人は焦って追いつめられてしまい、返済する為に新たな借入をするようにもなるの。とりあえず返済すれば督促電話はかかってこない、そんな目先のことしか見えなくなってしまうのね。こうなると、その人の中で返済のための借入というサイクルが出来てしまって、ここから抜け出すことはとても難しくなってくるのよ。

多重債務に陥らないためには、借入先は絶対に1件に抑えておくことしかないわ。そして、借りたらなるだけ早く返済をするよう心がけることも大切ね。多重債務は、総量規制や金利引き下げなど法律改正の大きな目的でもあっただけに、金融庁などを中心に相談窓口も多数設置されているの。長く放置すればするほど問題は大きくなるので、多重債務に陥ってしまったら、なるだけ早くこのような相談窓口を利用しましょう。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2021 【生活支援!】人気の消費者金融徹底比較サイトはココっ! All Rights Reserved.