消費者金融であるトライトのサービス内容

キャッシングベスト3

資格を取ろうと思うのですが、勉強の費用がやや足りなくなるので消費者金融で借入をするつもりです。下準備としてネットで消費者金融について調べていると、大手から中小まで様々な会社が見つかって少し混乱してしまいましたが、その時トライトという消費者金融の名前を見かけました。ネットで契約から融資まで完結してくれるということなのですが、実質どういう会社なんでしょうか?

少額のお金をすぐに用意しなければならない人にとって便利です

トライトは早くお金を借りたい人に特に向いている消費者金融だよ。と言うのも、審査が30分くらいで終わるから。それに結果が出た後は即日で融資をしてくれるんだ。その借入審査の申し込みは、インターネットや電話、FAXが利用できる。あとは店舗で直接申込みすることも可能だよ。その中でも便利なのがやっぱりインターネットだね。君の言う通り、インターネットで借入までの契約が完了できるからなんだ。

営業時間内に窓口に行けない人や、対面での審査は受けたくないという人にはありがたいよね。それじゃあ次は借りられる金額についてだけど、限度額は100万円までとなっているんだ。

大手の消費者金融と比較すると少なめに思えてしまうかもしれないけど、これだけの融資ができるってことはそれだけ骨格がしっかりしていると言えるね。ただ、この限度額はインターネットで借入の申し込みをした場合は50万円までになるから、そこはよく注意すること。

また、借入の額が50万円以上になると、現住所確認のために住民票や公共料金の明細などを提出する必要が出てくる。だから50万円以上のお金をすぐに借りたいと考えている人にはやや不向きと言えるかな。

逆に言えば、49万円以下ならさっきも言った通り審査もすぐに終わるし、融資も早めに受けられる。この点から見ても、トライトは少額のお金がすぐに必要な人に便利な消費者金融だと言えるよ。

年齢制限も広めに設定されていて、20歳から69歳までは融資対象として借入を受け付けてくれるんだ。それに、継続した収入が得られていれば、アルバイトやパート、派遣社員でも融資をしてくれる。加えて主婦や学生でも融資をしてくれることになっているから、他の消費者金融では融資対象として見なされずに審査に落とされても、トライトなら大丈夫な可能性があるんだ。そういう場合は諦めずに、トライトに一度問い合わせてみてね。

ところで、肝心のお金はどうやって受け取るのか気になるよね。借りるお金は店舗の窓口で直接受け取ってもいいし、自分が指定した銀行口座宛てに振り込んでもらうこともできるんだ。だから自分の都合に合わせて融資を受けられるということ。返済する時は、同じように店舗に行くもよし、店舗内にあるATMを利用するもよし、銀行振込をするもよし。

ただ土日はこうした窓口も銀行も営業をしていないから、土日に返済したい場合は各地にある提携ATMを使うようにしてね。おそらく初めて消費者金融で借入をするだろうから緊張してしまうだろうけど、まず借り過ぎには注意すること。必要な金額を事前に計算した後、しっかり計画を立てて自分の返済能力に合った借入をしていくことが重要だよ。

【参考ページはこちら】
その他金融業者でお金を借りたい方におすすめ

消費者金融のトライトって現在もあります?

消費者金融の中には何回も名前を変えるところがあります。理由はいくつか考えられますが、特に過払い請求から逃れるために、利用者からわかりにくくするというのもその理由のひとつです。過払い請求したくても借りていた消費者金融の名前が見つからなければ、もうすでに廃業したのかと考えてあきらめる人も多いからです。

消費者金融のトライトは、もともとはハッピークレジット、信和、三洋信販という3社の金融会社が合併してできた会社でした。それまでアイフルの傘下にあった3社が再編された形です。トライトは、貸金業として再スタートを切りましたが、結局は軌道に乗せることができず、その後、融資を停止しています。
(⇒アイフルは年金受給者でも借りられるの?

おおもとであるアイフル自体が、行政処分を受けたり貸金業法の改正などで経営が行き詰るようになり、結局トライトはネオラインキャピタルに売却されることになりました。同時に名前もヴァラモスと変えましたが、貸金業法の改正はどうしても経営の負担となり、経営難に陥っていきました。

ネオラインキャピタルが廃業した後、ヴァラモスはギルドとまた更に名前を変更しましたが、結局、貸金業は廃業し、現在は返済のみを受け付けている状態です。ですので、今だトライトで探している人にとっては非常にわかりにくくなっています。

このように実際には廃業していなくても名前が見つからずあきらめざるを得ない状況になり、そうこうしているうちに本当に廃業になってしまうこともめずらしくありません。そうなれば本当に過払い請求ができなくなります。ですが、自分で探していくことは非常に困難な作業になります。

ですので、このような場合にはできれば弁護士などの法律の専門家に相談する方がよいです。少しでも過払い金を取り戻したいのであれば、過払い金の時効は10年ですが、廃業されればまったく戻ってくることはありませんので、できるだけ早く請求し、お金を手にすることが大切になってきます。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2021 【生活支援!】人気の消費者金融徹底比較サイトはココっ! All Rights Reserved.