消費者金融の審査で在籍確認は原則あります

キャッシングベスト3

今年の春に大学を卒業した新社会人1年目の男性会社員です。実は今度初めて消費者金融を利用しようと考えているのです。と言うのは、趣味がバイクツーリングなんですけど、所有しているバイクが中古車で買ったものなのでもう古くなってしまったことから思い切って夏のボーナスとお金を借りて新車バイクに買い替えようと思っているからなんです。

でも、ひとつ気になる事があるのです…。それは「消費者金融の審査では職場に在籍確認の電話が来る…」って聞いた事なのです。「入社したばかりで消費者金融で金を借りるような金遣いの荒いヤツ!…」と会社の先輩や上司に思われたくないのです。

で、もし在籍確認の電話連絡を会社の他の人が取ってしまったら、お金を借りている事が知られてしまうのではないでしょうか?そこで消費者金融の審査では必ず在籍確認はあるのでしょうか?教えてください。

消費者金融の審査で在籍確認はあります

わかりました。あなたの悩みにお答えしましょう。まず最初に言いたい事は、「どの消費者金融の審査でも原則として在籍確認はある」と言うことなのです。消費者金融の審査において自宅や職場への在籍確認は必須の審査項目と言って良いのです。

それにはきちんとした理由があります。それは職場への在籍確認は申込者の返済能力の確認となるからなんです。申込書に記入した勤め先の電話番号に在籍確認の連絡が来ます。

そして、確かにその勤め先で働いている事実が確認できれば、それは安定収入がある事実の証となり返済能力がある事への裏付けともなるのです。それゆえ、在籍確認は必須なのです。

もうひとつは、なりすましの申し込みや不正行為を防ぐためなのです。もし申込書に記載した自宅に在籍確認の連絡をして、嘘がばれれば「なりすましの申し込みや不正行為があるのではないか?」と見做されて融資を断られます。

つまり、在籍確認は申込者の信用度を調べる審査でもあるのです。以上の理由から、どの消費者金融でも原則として在籍確認は必須としているのです。しかしながら昨今のトレンドとしては、消費者金融の中には在籍確認の電話連絡を必須としていないところもあるのです。

たとえば、直近1~2ヶ月分の給与明細書や社員証、社会保険証の提出で在籍確認の代替としてくれる消費者金融があります。また、消費者金融によっては在籍確認のための電話代のコスト増から、個人信用情報機関に記録されている勤務先情報と申込書に記載した勤め先情報とが同じであった場合には在籍確認をしないところもあるのです。

他方、仮に在籍確認が職場に来ても他の人にばれることはありません。なぜなら、本人が直接電話に出ない限り、「○○消費者金融です」とは絶対に言わないからです。また、個人名や別の会社名で在籍確認の電話をするので他の人が電話に出てもばれないのです。
(⇒審査も在籍確認もなしのカードローンは?

さらに、在籍確認の電話に応対した人が「○○は只今外出しています。」といった返答である場合には、本人が電話で応対しなくても在籍確認が取れたとしてくれるケースもあります。

そして、在籍確認無しで消費者金融で融資を受ける方法はあるのです。それは「WEB完結申込」なんです。「WEB完結申込」が利用できる消費者金融の審査なら、申し込みから融資まですべてネット上で完結できて来店も不要で、しかも在籍確認の電話無しで郵送物も一切無しで融資を受けられるのです。

それゆえ、どうしても消費者金融の審査での在籍確認を回避したいのであれば「WEB完結申込」が利用できる消費者金融を利用すると良いのではないでしょうか。

【参考ページはこちら】
消費者金融を使うのは悪いことじゃないよね?

審査での在籍確認を省くことが可能な消費者金融もあります

消費者金融のキャッシングを利用するときに、一番気になるところは何について審査で調べられるのかという点と言えます。

多くの消費者金融業者の審査では、年齢や年収、家族の構成、居住形態、勤務先についての情報、勤続年数などについて調査されることになります。

金融業者のキャッシングの申し込みをするときには氏名や住所の他にも、年齢や年収、勤務先のことなどについて入力を行って申し込みをします。

審査の過程において、金融業者は申し込み者が記入した勤務先にきちんと在籍しているかどうかを確認するために、勤務先に電話をするなどして在籍確認を行います。

金融業者による在籍確認は、本人に電話が繋がらなくても、上司や同僚の人が電話に出て、申し込み者がその会社に勤務している状況が確認できれば完了になります。

多くの金融業者の場合では、金融業者の名前は出しませんので、金融業者からの在籍確認の電話が行われているということはわからないようになっています。

しかし、消費者金融のキャッシングに申し込みをしたい人の多くは、勤務先へ在籍確認をしてほしくないと感じている人がほとんどでしょう。

そのような人のニーズに応えられるように在籍確認なしで、キャッシングを利用できる消費者金融業者もあります。

アコムのキャッシングでは申し込みの段階において、勤務先に電話をかけてほしくないことをメールや電話で連絡を行い、給与明細書や税額証明書などの収入証明書を提出することによって、金融業者からの勤務先への確認の電話を回避することができます。

また、大手銀行グループ系列の消費者金融業者であるモビットでは、インターネット上で借り入れ契約を完了させることができるサービスが行われていて、そのWEB完結申し込みを利用することで、勤務先への電話確認を回避することが可能になっています。

オンライン上で全ての手続きが行えますので、利用明細書やカードが自宅に届くことも避けることができます。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2021 【生活支援!】人気の消費者金融徹底比較サイトはココっ! All Rights Reserved.