消費者金融の審査落ちでもカードを作れるか

キャッシングベスト3

この度、見事に消費者金融の審査に落ちました。だが俺は諦めない。次はクレジットカードを作ろうと考えている。別に今すぐお金が必要と言うわけではない。ただの気まぐれと言ってもいいのかもしれない。その程度の考えだ。

とはいえ、消費者金融の審査に落ちたのはショックだった。自営業で大して収入もないから当然と言えば当然か。分かってはいたが、俺が無価値の人間と判断されたようでショックもあった。そんな俺だがクレジットカードを作ることは可能だろうか。勝手に申し込めと言われればそれまでだが忌憚のない意見を望む。

不可能とは言えないがほぼ不可能と言わざるを得ない

そうですか。気まぐれで申し込んで審査に落ちて、次はクレジットカードを申し込むんですか。そうですか。なんか良いですよねえ、自由で。お金を借りようと必死になっている人がいる反面、こういう人もいるんですからね。

まあ、他人がとやかく言うことではないか。それじゃあ結論から言いましょう。結論はほぼ不可能。理由については情報が圧倒的に足りないから想像と推測と僕の希望になるんだけど、自営業で大した収入もないということだから申し込んだ額が総量規制に引っ掛かっていたのではないかと考えるのが普通かと思うんだよね。

あっ!そもそも総量規制って知ってる?質問の内容からあなたは消費者金融やクレジットなどの信販会社に申し込んだこともないんでしょ?違うかな?

銀行から住宅ローンなどを借りている可能性はあるけど、それらは消費者金融の審査には関係のない話しだね。だから審査に落ちたのは別の理由と考えるべきかなって思うわけです。利用をしたことがないということは消費者金融の信用情報的に言えば綺麗なままとなるんだけど、それでも審査に落ちたわけでしょ?なら総量規制か人柄を疑うしかない。

そこで総量規制についてだけど、これは年収の3分の1以下でしか貸してはいけないという法律のことだね。この総量規制はクレジットのキャッシュ機能についても適用されているんだよね。これはあまり知られてないけど、適用されるのはあくまでもキャッシュ機能だけで、クレジット機能については別の法律が適用されるから関係はない。ここは大事だから覚えておくといいよ?

つまりはクレジットカードに申し込んでも総量規制に引っ掛かれば審査に落ちる可能性は高いってことね。っていうかさ、あなたに収入があるのかどうかも微妙に感じるんだよね。自称「自営業のニート」というのが僕の感じていることだからさ。これもただの推測だけどね。

そうだとすればどこに行っても落ちるね。間違いない。そしてそうであって欲しいと思っている。もし総量規制に引っ掛からないとするなら、過去になんらかの金融事故を起こしたことがあるか人柄ってところだと思う。人柄で落ちたんじゃないかと思いたい自分もいるんだけど…。

情報不足で実際のところは分からないし、全部推測だけど心の底からあなたが審査に落ちることを望んでいます。あなたが無価値の人間とは言わないよ。僕の僻みだと思われても良い。それでも落ちることを祈っております。頑張って落ちに行ってください。

【参考ページはこちら】
消費者金融のおすすめQ&A

消費者金融の審査落ちを経験したら一度整理する

消費者金融の審査落ちをしてしまうと、他にお金を借りることが出来る金融機関がないということになります。金融機関の中で最も審査が緩いのが消費者金融であり、この審査に落ちるということは他の金融機関に申し込んだとしても同じ結果になるということです。もし、審査に落ちたのであれば自分のステータスを見直して何が原因で落ちたのかを把握することが大切です。

原因を把握することで、審査に通るタイミングを見計らうことも可能であり、審査落ちによって信用情報に傷が付くことを防ぐことが出来ます。まず、審査落ちの原因として考えられるのは経済力が低いということです。一般的には年収は200万円は必要とされており、これを下回る場合は審査において不利に働く可能性が高いです。そして、勤続年数が1年以上あることが大切です。ただし、これは20代である場合であり30代であれば転職は難しくなるので、勤続年数は3年以上はあることが望ましいです。30代になっても職を転々としているということは収入が安定していないと判断されます。

勤務先は大企業が最も評価が高く、零細企業が一番評価が低いとされています。雇用形態は公務員が一番評価が高く、アルバイトが一番評価が低いです。契約社員であっても勤続年数が長ければ安定していると判断されます。そして見落とされがちなのが現在の借入額です。これは既にキャッシングを利用していたりローンを利用している場合には、残りの返済額を記載しなければなりません。年収の3分の1以上の借入がある場合はそれ以上の利用は出来ません。

場合によっては数万円でも借入額がある場合は断られる場合もあるので、出来るだけ完済してから申込むことが大切です。経済力の面で問題が無い場合は信用性において問題がある場合があります。過去に滞納や債務整理の経験がある場合は5年から10年は記録が残るので、そういった経験から今回の借入までの期間が近い場合は諦めるしかありません。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2021 【生活支援!】人気の消費者金融徹底比較サイトはココっ! All Rights Reserved.