大手から借入を断られたときの対処法

キャッシングベスト3

信頼できると思ったので、CMやインターネットの広告などでよく見る大手の消費者金融に借入を申し込んだところ、融資を断られてしまいました。過去に消費者金融を利用したこともなく、審査に落とされた原因がわからないので非常に困惑しています。この場合、他の消費者金融でも借入はできないのでしょうか?

審査基準は消費者金融によって様々!だから諦めないで

もちろん他の消費者金融でも借入は利用できますが、あなたの状況によってはできない場合があります。審査に落とされた原因がわからないとのことですが、以前クレジットカードや携帯電話などの使用料の支払いが遅れてしまったことはありませんか?心当たりがあるようでしたら、そのことが今回の借入審査に落とされてしまった原因となっているかと思われます。消費者金融は、過去に発生したお金のやり取りに関してもよく見ているのです。

消費者金融としては、お金を貸したらきちんと返済日までに返してくれる人へ融資をしたいと考えています。ですから、返済に遅れてばかりいるとお金に関してルーズな人だと思われ、最悪融資を止められてしまうことだってあるのです。あるいは、借入額があなたの収入に対して適切でないと判断された場合もあります。毎月一定の収入が得られていなければ、お金を借りたところで次回に返済ができないおそれがあるからです。

もし収入の面でも心当たりがあるようでしたら借入額を見直すか、または職業をお持ちでないなら何かしらの形で働くことが重要です。この場合、職業というのはアルバイトやパートでも構いません。会社勤めが難しいようなら、普段よく行く飲食店やコンビニで働けば良いのです。とにかく定期的な収入があることが、借入の審査に受かる条件の一つなのです。
(⇒消費者金融を利用しやすい職業は?

ただ、借入の審査は消費者金融によっては特有の基準を設けている所もありますし、そこに審査員のさじ加減も加わってきます。そのため一方の消費者金融で審査に落とされてしまったとしても、もう一方での審査は無事に通る可能性があるのです。それに、大手の消費者金融の審査は銀行よりは確かに優しいですが、中小消費者金融と比較すると厳しくなっています。ですから、1社目で落とされてもまだ諦めるには早いということです。

実はブラックと見なされている人たちも、大手ではなく中小規模な消費者金融を利用している人が多いです。消費者金融側としても日頃大手の方にお客さんを取られがちになっていますから、顧客が欲しいと思っています。たとえ大手の方から流れてきたお客さんたちであっても、消費者金融にとってはありがたいことですから、借り手に多少問題が見受けられても融資の対象として見てくれる可能性があるのです。

では中小消費者金融に手当たり次第に契約しよう、というわけにもいきません。一度に複数の消費者金融へ借入を申し込んでしまえば、何か良からぬことに使うのではないかとお金の使用用途を疑われてしまいます。また、本当に期日までに返済できるのかも疑問視されます。そうなっていくと信用が失われていきますから、今後どの消費者金融でも借入をすることが困難になります。なので1社ずつ審査を申し込み、確実に通過できるようにしていくことが大事です。

自分では大したことのない問題だと思っていても、審査の時に引っかかってしまうことも少なくありません。身近なことから見直していき、原因はこれだと思えるものがあればすぐに改善していきましょう。そうすれば、案外すんなりと審査に通ることができますよ。

【参考ページはこちら】
審査に通りやすい消費者金融は見ただけでわかる?

大手消費者金融に断られたら他に申し込みをしよう

大手消費者金融に断られたら、もうどこからも借りることができないと思ってしまうのは間違いです。それよりも審査の緩い消費者金融から借りるのが良いです。審査はそれぞれが独自に行いますからそれぞれでことなります。ほかを探せば借りられることもあります。

その傾向を把握しておくことは必要でしょう。融資のサービスを提供している金融機関はいくつもありますが、その中では銀行は審査が厳しい傾向にあります。クレジットカード会社もサービスを提供しているのですが、銀行に次いで審査は厳しいと考えておきましょう。ですから、消費者金融はどちらかというと審査は緩い方なのですが、それでも断られることがあります。
(⇒即日で審査に通れないと困る!

消費者金融の中でも審査の厳しさは異なっていて、全体的に見れば大手は厳しく、中小の消費者金融は緩い傾向があります。大手とは、テレビCMをしているような大規模な消費者金融です。全国展開しているものが多くあります。これら大手の消費者金融は審査は厳しい傾向にあります。場合によっては銀行と同じくらいの厳しさのケースもあります。

中小の消費者金融は日本にいくつもあります。全国規模ではなくて、例えば関西にしか店舗を持っていないというような消費者金融です。特定の地域のみで営業を行っている消費者金融なら大手よりも審査は緩い傾向があります。最近ではインターネットや電話、あるいは郵送を利用する事によって、全国から利用できるようになっているケースが多いですから、全国展開していなくても申し込めます。

審査が緩いのかどうかを見極めるコツの一つが金利です。理由は解説しませんが、全体的な傾向として金利が高い方が審査は緩いです。(こちらもご参考に→審査の緩い消費者金融を教えて!)金利の上限は利息制限法によって定められていますから、まずその上限を知ることが大切です。そして、その上限に近い金利で貸し付けている消費者金融なら、かなり審査は緩いと考えておいて問題はありません。これを知っているだけで見つけやすくなるのです。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2021 【生活支援!】人気の消費者金融徹底比較サイトはココっ! All Rights Reserved.