ブラックでも審査が通る中堅消費者金融

キャッシングベスト3

金融ブラックでも貸し出している消費者金融があるらしいという話しを良く耳にする。でもこれって本当なのか?いや、ヤミ金業者が破産者に近付き融資を行い過度な取り立てをするという話しはある。良い顔をして近付いて、もう破産申告ができない弱者を食い物にしているみたいな感じか。

悪質には違いないが借りるほうも借りるほうか。どっちもどっちだからそのあたりはどうでも良い。問題はブラックに対応している中堅消費者金融だ。本当に安全なのだろうか?

考えても見て欲しいが相手は滞納や破産をした者たちだ。信用度は限りなく低い。なんせ犯罪ではないが前科者と同じような者たちだ。そんなやつらに貸すのはリスクが高すぎると思うのだが本当の本当に審査を通ったブラックの人はいるのだろうか。疑問に感じて仕方がない。もし知っている人がいたら教えてもらいたい。

ブラックでも審査に通る者は多くいる

あんたの疑問は至極もっともだ。個人であっても知らない奴にお金を貸すのは敬遠するものだからな。それが企業ともなればなおさらだろうさ。

しかし法改正によって大手も中堅の消費者金融も例外なく苦境に立たされているという現実がある。改正前でも同様だったがなお厳しくなった。それでも生き残るためには新たな顧客を獲得する必要がある。それが大手が対応していないブラックと言う存在だったというわけだ。

だから、あんたが言うところの「ブラックにも対応している中堅の消費者金融」について、あんたはあまりに無知すぎると言わざるを得ない。大手の消費者金融業者も潰れているご時世だ。銀行の出しているローンの保証人に大手の消費者金融業者が名乗りを上げていることは知っているか?中堅規模の消費者金融であれば多少の冒険をしなければ生き残れない。

つまりそこまでしなければ生き残れないということだ。さらにかつてはいざ知らず、今では消費者金融業者も信用が第一だ。信用無き消費者金融は淘汰される運命にある。だからこそクリーンなイメージを持ってもらうために必死なわけだ。悪質なことをしていては潰れる。これが安全だという言える証明になるだろう。

そして一番の問題が次だ。あんたは破産者を前科者と同様に考えているみたいだが、あんたは愚か者だとしか言いようがないな。もちろんただの比喩として使ったのだと思う。それは分かっているがセンスがなさすぎる。

破産に至った経緯には人それぞれの理由がある。遊びで使ったのでは破産の免責はおりない。つまりは破産した背景にはのっぴきならない事情があるということだ。経営していた会社が倒産した。病気でお金が必要となり破産した。生活保護を認められず、仕方なく消費者金融からお金を借りたせいで破産した者もいるだろう。

あんたはそういった事情を知らない無知な愚か者としか思えない。もう一度人生について考え直した方が良い。破産者を犯罪者扱いするあんたは愚か者だ。何度だって言わせてもらう。あんたは自分が愚か者であることを理解たうえで質問をすべきだ。そして質問するのなら余計なことは言わずに質問だけしろ。俺が言えるのはこれくらいだ。

【参考ページはこちら】
ブラックでも借りられる消費者金融はある?

ブラックは審査が通る中堅消費者金融がお勧め

ブラックというのはいわゆる俗語であり、金融業界では信用情報機関の事故情報に登録されている人のことを指す言葉です。信用情報機関というのは現在日本に数種類あり、個人の信用情報を記録している業者です。

過去に信用を著しく損なう行為を行っていた場合にはこの信用情報機関の事故情報に登録されてしまい、キャッシング業者の審査の際には確実に参照されてしまいます。しかしブラックだからといって確実に審査に落ちてしまうわけではなく、審査を受ける金融機関を選ぶことで問題なく融資を受けることも可能です。

具体的にはCMなどで宣伝している大手消費者金融ではなく、審査が通る中堅消費者金融がお勧めです。街金などと呼ばれる街中にある小規模な貸金業者も審査が緩くお勧めです。ただし名の知られていない消費者金融の場合サービスが不十分であったり金利が異様に高かったりと大手と比べて予期しないトラブルに見舞われることがあり、最悪の場合ヤミ金と呼ばれる悪徳業者に捕まってしまう場合もあります。

このため、有名でない小規模な消費者金融を利用する際にはネット上で口コミ情報を入念に調べるなどの対応が大切です。また、ブラックとひと言で言っても事故情報に記録されるには様々な理由が存在します。最も多い理由が「延滞」であり、過去にキャッシングを利用して期日までに返済することができず、且つ3ヶ月以上滞納してしまった場合などにこの延滞が理由で事故情報に記録されてしまいます。
(⇒返済を滞納したら消費者金融から電話来る?

他にも最近では奨学金の未払いや携帯電話料金の未払いでも同じく長い間支払いがないと信用情報機関の事故情報に登録されてしまいます。他には債務整理や自己破産等で事故情報に記録されてしまう場合もありますが、この延滞は事故情報に登録される理由としては最も程度の低いものであり、多くの消費者金融で借り入れを行うことができます。

しかしいくら中堅消費者金融の利用とはいえ、安定した収入を得ている等の最低限の審査基準はクリアしている必要があります。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2021 【生活支援!】人気の消費者金融徹底比較サイトはココっ! All Rights Reserved.