中堅消費者金融ならブラックでも可能性ある

キャッシングベスト3

42歳の契約社員の男性です。実は3年ほど前に多重債務から返済不履行に陥ってしまい、結局弁護士を通して任意整理をしました。それゆえ、私はブラックなんです。でも、消費者金融でお金は借りたいのです。

なぜなら、来月に住んでいるマンションの賃貸契約の更新があるので少しまとまったお金が必要だからなんです。この間、久しぶりに大手消費者金融に申し込みました。

でも審査で落とされたんです。で、中堅の消費者金融ならブラックでもお金を借りることができるのでしょうか?

中堅消費者金融ならブラックもOKの場合あり

最初に言いたい事は、ブラックである限り大手消費者金融の審査は絶望的と言って良い事ですね。大手消費者金融の審査は中堅の消費者金融の審査よりも厳しめと言って良く、かつブラックのような信用度が極端に低い人には融資してくれません。それゆえ、ブラックである人は、キッパリ大手消費者金融でお金を借りることは諦めてください!
(⇒ブラックでも審査が通る中堅消費者金融は安全?

さて、ブラックで信用力の低い人でもお金を借りられる可能性があるとすれば、中堅の消費者金融や街金融しかないでしょうね。しかし、中堅の消費者金融だからブラックでも確実にお金を借りられるとは言えません。

中堅の消費者金融でもきちんとした審査があり、ブラックに決して甘い審査をしてくれる訳ではないのです。中堅の消費者金融ならブラックでも借りられる可能性が大手消費者金融に比べて高いと言っただけの話なんです。

審査が緩めと言っても“審査は審査なんです!”から審査基準をクリアできない場合はスッパリ審査に落とされますよ。中堅の消費者金融なら大手消費者金融に比べてブラックでも審査に通してくれるには理由があるのです。

まず中堅の消費者金融は知名度の点で大手消費者金融には劣ってしまう分、集客力に難点があると言って良いのです。それゆえ、大手消費者金融の審査に落ちたような人たちをどれだけ自分の顧客として取り入れられるかが中堅消費者金融のひとつのビジネスモデルとなっているからなのです。

そのことから中堅消費者金融では大手消費者金融の審査基準とは必然的に異なる審査基準を設けることで集客力の向上を図っている訳なのです。そして、その異なる審査基準による甘めで柔軟な部分にブラックでも審査に通れる余地が生まれていると言って良いのです。

たとえば、過去にブラックであっても過去不問で現在の借り入れ状況に問題が無く、かつ安定収入を確保していれば審査に通して融資してくれる中堅消費者金融は実際にあるのです。

また、独自の審査基準を設けているところも少なくないので、“ブラック=審査落ち”といったような大手消費者金融の紋切型の審査ではなく、より申込者の人間性を審査してくれるので審査に通る可能性は開けてくると言って良いのです。

ただし、中堅の消費者金融でもブラックに対しては厳しい審査姿勢で対応すると考えておいてください。たとえば、債務整理の中でも自己破産者の方は審査の対象外とする中堅消費者金融もありますし、債務整理時の負債はきちんと完済していることが申し込みの条件としている中堅消費者金融もあります。

ブラックでも融資可能としている中堅消費者金融ではブラックに対する審査基準がきちんと設けられていると言うことなんです。それゆえ、この審査基準をクリアできないブラックの方は審査に落とされるのです。

換言すれば、中堅消費者金融では個人信用情報機関にブラックとして名前が残っていても、過去の過失による責任をすべてきちんと清算していれば“過去は問わない”といった姿勢でブラックでも前向きに審査に対応してくれると言うことなのです。

【参考ページはこちら】
審査が簡単な消費者金融は見ただけで分かる?

ブラックの人は中堅どころの消費者金融がお勧め

ブラックとは金融業界での俗語であり、正しくは信用情報機関の事故情報に登録された人のことを指します。また事故情報自体のことをブラックリストと呼ぶ場合もあります。信用情報機関とは個人の信用を記録している企業であり、現在日本には3種類の信用情報機関が存在しますが、全ての企業で情報の共有が行われています。信用を著しく損なう行為をした人は信用情報機関の事故情報に記録されてしまいます。

記録される理由は多くありますが、最も多いのが「延滞」です。例えばキャッシングでの借り入れを行い返済期日を3ヶ月過ぎても完済できなかった場合などに記録されます。他にも奨学金や携帯電話料金の延滞で登録されてしまう場合もあります。

「延滞」はブラック登録される理由としては最も軽度なものなので審査で問題にしない消費者金融も多く存在します。しかし審査の厳しい大手の金融機関では落ちてしまうこともあるので、具体的には中堅程度の審査の緩い消費者金融で借り入れを行うのがお勧めです。

しかし稀に大手ではない中堅どころの消費者金融ではサービスが悪いものや金利が非常に高く設定されているなども多少存在しているのが利用する際にネット上で口コミ情報を入念に調べることが大切です。

ブラック登録されるのは延滞以外にも債務整理や自己破産、それに強制解除なども存在しますが、こちらの場合は審査が相当厳しくなり、中堅どころの消費者金融であってる審査に落ちる可能性は格段にあがってしまいます。

自分が事故情報に登録されているかどうか分からない人は信用情報機関に問い合わせて聞くことができます。特に安定した収入があるにも関わらず大手の消費者金融の審査に落ちてしまう場合などにはブラックである可能性が高いです。

基本的に郵送、インターネット確認、それから実際に信用情報機関のある会社まで行って窓口で手続きする方法があります。事故情報は非常にプライバシーに関わってくることなので厳重な本人確認が行われ、やや手間がかかります。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2021 【生活支援!】人気の消費者金融徹底比較サイトはココっ! All Rights Reserved.