消費者金融のキャッシング、公務員優遇って

キャッシングベスト3

消費者金融のキャッシングでも銀行なんかと同じように、公務員が優遇されると言われました。これは本当のことなのですか?

職種が影響する安定度。公務員は安定していると考えられています

キャッシングの利用は時代の変化に応じて改良を続けられ、現在では消費者金融業者でも大手と呼ばれる業者での提供はカードローンタイプによるものが主流になってきました。消費者金融を含めて従来のキャッシングではフリーローンと呼ばれるタイプが主流だったのです。まず最初にキャッシング利用する金額を特定して申込むという手順でした。

カードローン形式でのキャッシングでは、最初に信用度を審査して利用限度額を決定することになります。そして利用限度額が設定されたキャッシング・カードの発行を受けてから、その利用限度額の枠内でのキャッシング利用という運びになります。この形式の便利さは、何度でも利用限度額内でのキャッシング利用ができることです。利用の度毎に申込みと審査を受ける必要はありません。

キャッシングサービスは収入と支出とのタイミングのズレを補うことが主な目的になります。三日後の収入に合わせて支出が発生するわけではないからです。少なくともキャッシングを必要とするということは、現金が足りないということを意味するのです。では現金が足りないという人が約束どおりにキャッシングの利用を完結できるかを判断するリスクが発生するということを考えなくてはなりません。

つまり、キャッシングを提供する側にとっては投資が回収できるか問題であり、利用者にとってはキャッシングを完済できるかという問題に見えますが、両者とも問題は共通項を持っています。共通項とは、つまり予定している将来の収入を得る事ができるかということですね。言い換えれば、提供する側と利用する側の両方にとって返済できるキャッシングなのかが問題なのです。

ですから消費者金融業者の提示している利用者条件には「返済能力」があることという言葉が含まれています。単純に収入があるということだけではなく、返済能力があることを条件にしていることの心は前述の状態を、返済できるキャッシングを前提にしているのです。年に数日の仕事で一年分の収益を確定してしまう人も世の中にはいるそうですが、その人では次の収入がいつあるのかと言えば、最長、一年後ということになります。

一年に一回の収入がある人に次月の支払能力があるとは言えません。つまり一定期間に一定の収入が定期的にあるという状態の方が返済能力が高いと考えられるのです。つまりサラリーマンのような月給制であれば、毎月の返済に困る可能性は低いと考えられています。そして同様に派遣社員であっても月単位の収入なのでそれなりの返済能力を評価することになるでしょう。

収入の安定性は就業形態と大きく関わっていることがわかると思います。そして就業形態はまた職業とも大きく関係しています。そこで収入の安定性を職業で分類し直してみると、もっとも安定して就労できるであろう職業は公務員、教師などということになるでしょう。そして会社員…。という順番になっていくと思います。ですからこの安定性の順番に基づいて審査を実施していると言われています。
(⇒消費者金融を利用しやすい職業とは?

結論的に公務員が他の職種に比べて優遇されているという言い方は可能です。しかし、現在の社会情勢を考えてみれば、優遇される公務員とそれ以外との違いは取るに足りないものであることも確かです。消費者金融業は社会をしっかりと理解把握している業界のひとつです。つまり職種による収入の安定性はしっかりと踏まえて審査をしますが、それだけによるのではないという程度だといえます。

【参考ページはこちら】
職業によって審査に通りやすいとかあるの?

消費者金融を活用するにあたって公務員は優遇されることが多い

私たちの生活は常に無数の出費の機会に埋め尽くされています。自宅の家賃やローン、保険料、税金の支払いはもちろんのこと、飲み会や食事会の費用や服や靴などのファッションアイテムの購入費、さらにはデートやプレゼントにかかる費用、冠婚葬祭で包むお金、そして思いがけない怪我が病気に伴う治療費など、その可能性は実に様々。これらの案件をひとつずつ処理していくためにも、万が一にもお金が不足した時に備えて頼りになる消費者金融をひとつかふたつピックアップしておくことは大切です。

消費者金融が提供する借り入れサービスには主にカードローンやキャッシングといった手法が存在します。カードローンとは一枚の個人専用カードを発行して手元においておくことによって、もしもお金が必要になったおりには近くのATMに駆けつけるだけで簡単に融資金を引き出すことができるというもの。一方のキャッシングは然るべき融資申し込みを行ってこれが認められると銀行の預金口座に一括振り込みが行われるというものです。

いずれの借り入れ方法も審査時間は40分から60分程で完了し、基本的に即日融資を受けることが出来るので、急ぎの場合でも極めて安心して手続きを進めていくことが出来ます。

ただし、こういった借り入れを行う際には審査をクリアしなければなりません。(こちらもご参考に→消費者金融の審査基準とは?)審査でまず主眼がおかれるのは、主に申請時に記載した氏名、年齢、職業、勤務先、年収といった内容を精査することで返済能力の有無を確認することに尽きるでしょう。もしも職業が公務員であれば、これは景気に左右されずに安定した給与が得られる職種と評価されて、消費者金融によっては優遇扱いされることもあるでしょう。

基本的に貸金業法では消費者金融の借り入れ額の上限を年収の3分の1までと規定していますが、実際には各社の審査基準はバラバラで、限度額をこの上限よりもさらに低い位置に設定している会社も少なくありません。そのような中でもやはり公務員は他の職種に比べてもかなり高めの融資限度額が得られることが多く、まさに消費者金融から借りやすい職業と言えるでしょう。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2021 【生活支援!】人気の消費者金融徹底比較サイトはココっ! All Rights Reserved.