ヤミ金やブラック対応の消費者金融は紙一重

キャッシングベスト3

ブラック対応の消費者金融は取り立てが厳しいと聞きます。ヤミ金と変わらないくらいの手法で取り立てて家まで押し掛けたりすることもあるという話しも耳にしました。私は借りていないので全部人伝に聞いた話しです。

でも、これは違法ではないのですか?ヤミ金は営業すること自体が違法であることは知っていますけど、家まで来て取り立てるのはどうなのかとも思います。ヤミ金とブラック対応の消費者金融は紙一重ってことでしょうか?利用するかどうかは分かりませんが今後のためにどうか教えてください。

利息の面では違いますが紙一重の部分もあります

ヤミ金と消費者金融の決定的な違いは正規の業者が違法業者かということと利息と高低差です。しかし取り立て方法では確かに紙一重といえなくもありません。

これは私が聞いた話しですがヤミ金の一部の人たちは今も直接の取り立てを行っています。ですがそういった人たちは絶滅危惧種なのだそうです。ほとんどいないと言えるほど数は減っているといいます。昔は取り締まりも甘かったのですが今は厳しくなっていますから当然の流れかもしれません。

そもそもヤミ金は法の外にある組織です。映画やドラマのように堂々と店を構えて営業するなんてことはしません。それだけ警察の取り締まりが厳しいということです。捕まることを警戒して隠れているのに顔を見せてマークされたらたまりませんからね。

だからヤミ金と言えどそう簡単に表には出ず、取り立て方法にしても電話攻撃が主流なのだそうです。そして必要とあれば勤務先にも電話をすることもあるようです。しかし頭の良いヤミ金業者であれば勤務先への電話は極力しないとも言います。債務者の働き口を失わせたらヤミ金業者の収入も減りますし、債務者が逃げる危険性もあります。つまりは結果的にヤミ金業者も困ることになるということです。

対してブラック対応の消費者金融はブラックを相手にしているのですからある程度取り立ては厳しくなります。それがイヤならちゃんと返せばいいだけです。ヤミ金とは違い法定利息内で貸しているのだから返済を守らずに借りた人が悪いとも言えます。

それに家に取り立てに来ただけで違法とは言えません。多人数でやってきたり、暴力的で乱暴な言葉で威嚇されたら違法です。しかし1人や2人でやってきて、借りている本人に支払うように要求することは違法とはされていません。第三者に知られないように気を付ける必要はありますが、法律的にはセーフです。

ただ登録している消費者金融業者でもブラック対応の業者は電話口で怒鳴ったりすることもあるようです。それは違法ですから録音でもして警察で相談をしても良いでしょう。でも違法とは言っても電話口で怒鳴られたからと言ってそれだけで警察が動くかどうかは微妙ですね。

こういった違いもありますが取り立て方法という点で見ると消費者金融業者のほうがマシとはいえ紙一重とも言えます。

長くなるのでこれくらいにしておきますが、もし興味があるようでしたら「消費者金融・違法・取り立て」で検索できるので一度調べてみて下さい。消費者金融を「利用する・しない」に係わらず、知っておいて損はありませんよ?

【参考ページはこちら】
ブラックだけど消費者金融に申込みたい!

ヤミ金やブラック消費者金融の手口と相談機関

キャッシングやカードローンなどの貸金業を営む業者は、貸金業法という法律にもとづいて、金融庁に登録をしなければなりませんが、こうした法律の網をかいくぐって存在するのがヤミ金やブラック消費者金融と呼ばれている違法業者です。

正規の業者であれば、利息制限法などの規定を超えた高金利での貸し付けを行うことはないため、計画的な借り入れと返済を守っていれば生活が破綻するようなことは通常は考えづらいですが、ヤミ金やブラック消費者金融は違法な高金利で貸し付けを行い、借り手の生活を破滅に追いやります。
(⇒消費者金融を利用するのが不安な方はこちら

その手口としては典型的なものがいくつか知られており、例えば「090金融」と呼ばれる業者は、街角でチラシを配布したり張り紙をしたりして借り手を募集していますが、携帯番号と社名だけを記し、住所や代表者の氏名などはいっさい明かしません。違法な高金利で貸し付けをし、厳しく取り立てをするものの、業者の所在がわからないため、警察などの対応が難しくなります。

「押し貸し」は、借りる相談をしただけで正式に契約をしてもいないのに、相談者の銀行口座に勝手に業者から振り込みを行い既成事実を作り上げ、被害者が躊躇している間に違法な高金利で計算した利息を請求してくるというものです。

「整理屋」は、雪だるま式に増えた債務の負担を自社の低金利の借り換えなどで整理・解決すると広告して多重債務者を引き寄せて、手付金の名目で現金を受け取ると、その現金だけを奪ってあとは何もしないで放置するという詐欺の一種です。

こうした犯罪行為で困っているという場合には、すみやかに警察や、その他の公共の相談機関に相談するのが賢明といえます。相談のための機関としては、市町村の消費生活センター、各都道府県の弁護士会、法テラスなどがあり、それぞれホームページなどで無料相談窓口の案内をしていますので、積極的に利用するとよいでしょう。こうした機関のなかでは、ヤミ金やブラック消費者金融関連、その他多重債務などの専門の相談日を設けて対応している事例もよく見られます。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2021 【生活支援!】人気の消費者金融徹底比較サイトはココっ! All Rights Reserved.